また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1824579 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

迦葉山(白樺湿原まで)

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口となる弥勒寺に広大な駐車場が整備されています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
1時間53分
合計
4時間40分
S弥勒寺07:1407:38和尚台07:3908:22迦葉山08:3008:57白樺湿原10:2010:52迦葉山11:1011:33和尚台11:3611:54弥勒寺11:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山頂直下までひたすら急な道が続きます。
迦葉山から先の道は明瞭ですが、白樺湿原の辺りにまだ残雪があり、平坦で進路が分かりにくいので、ピンクテープを探しながら進むことになります。
もう少しすると、登山道が全面露出し、ブナも芽吹き始めると思われます。

案内標識は要所に設置されています。
トイレは弥勒寺駐車場で利用できます。
携帯電話(au)は全域(〜白樺湿原)で通じました。
その他周辺情報アクセス道沿いに蕎麦屋が数軒点在するほか、川場方面に行くと温泉も数軒あるようです。

写真

弥勒寺入口の案内図です。尼ヶ禿山までしっかり載ってます。
2019年05月03日 07:06撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥勒寺入口の案内図です。尼ヶ禿山までしっかり載ってます。
弥勒寺の日本一と言われる天狗の巨大お面です。
2019年05月03日 07:11撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥勒寺の日本一と言われる天狗の巨大お面です。
立派なお堂です。
2019年05月03日 07:12撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なお堂です。
この渡り廊下の下をくぐって登山道に進みます。
2019年05月03日 07:13撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この渡り廊下の下をくぐって登山道に進みます。
和尚台を経由して山頂に向かいます。
2019年05月03日 07:15撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和尚台を経由して山頂に向かいます。
ほぼ中間地点にある和尚台です。屹立する感じがすごいです。
2019年05月03日 07:38撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ中間地点にある和尚台です。屹立する感じがすごいです。
和尚台の胎内巡りは「鎖場のため滑落注意」との警告文があります。
2019年05月03日 07:39撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和尚台の胎内巡りは「鎖場のため滑落注意」との警告文があります。
和尚台を左から巻いて進むと、岩の間をくぐるような箇所が出てきます。
2019年05月03日 07:49撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和尚台を左から巻いて進むと、岩の間をくぐるような箇所が出てきます。
さらに高度を上げると、右手に武尊山が見えてきました。
2019年05月03日 08:01撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに高度を上げると、右手に武尊山が見えてきました。
南東にはおそらく皇海山などの足尾山塊が見えています。
2019年05月03日 08:03撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東にはおそらく皇海山などの足尾山塊が見えています。
御嶽山大神の石碑に突き上げました。ここまで登るとあと一息です。
2019年05月03日 08:13撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山大神の石碑に突き上げました。ここまで登るとあと一息です。
山頂手前で左手に樹木の合間から谷川連峰の一部が望めました。すっきり望めるビューポイントがないのがまことに惜しいところです。
2019年05月03日 08:17撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前で左手に樹木の合間から谷川連峰の一部が望めました。すっきり望めるビューポイントがないのがまことに惜しいところです。
前の写真の左側にあるピークです。
2019年05月03日 08:18撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真の左側にあるピークです。
さらに左にうっすら見える残雪の山並みは、野反湖周辺の山でしょうか。
2019年05月03日 08:20撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに左にうっすら見える残雪の山並みは、野反湖周辺の山でしょうか。
春霞のせいでぼんやりしてますが、浅間山も確認できました。
2019年05月03日 08:21撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春霞のせいでぼんやりしてますが、浅間山も確認できました。
地味な山頂部に到着です。
2019年05月03日 08:21撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味な山頂部に到着です。
尼ヶ禿山を往復するとかなり時間がかかりそうですが、白樺湿原までであればプラス1時間程度の行程です。
2019年05月03日 08:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尼ヶ禿山を往復するとかなり時間がかかりそうですが、白樺湿原までであればプラス1時間程度の行程です。
迦葉山の山頂標識です。群馬百名山に認定されています。
2019年05月03日 08:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迦葉山の山頂標識です。群馬百名山に認定されています。
山頂からは南方の子持山が存在感を放っています。
2019年05月03日 08:23撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは南方の子持山が存在感を放っています。
その手前には昨年2月に登った戸神山と高王山が見えました。
2019年05月03日 08:24撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その手前には昨年2月に登った戸神山と高王山が見えました。
樹木が発達しているので、南側の一部しか展望が開けないのが惜しいところです。
2019年05月03日 08:27撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木が発達しているので、南側の一部しか展望が開けないのが惜しいところです。
山頂の先からは西に特徴のある三峰山が確認できます。
2019年05月03日 08:33撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の先からは西に特徴のある三峰山が確認できます。
迦葉山から先はブナの美林が続きますが、まだ芽吹きには早かったようです。
2019年05月03日 08:46撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迦葉山から先はブナの美林が続きますが、まだ芽吹きには早かったようです。
白樺湿原付近は豊富な残雪に覆われていて驚きました。
2019年05月03日 08:52撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺湿原付近は豊富な残雪に覆われていて驚きました。
白樺湿原は融雪が進んで、ミズバショウの開花間近といったところでしょうか。
2019年05月03日 08:54撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺湿原は融雪が進んで、ミズバショウの開花間近といったところでしょうか。
白樺湿原の案内標識はありませんが、この辺りが白樺湿原のはずです。
2019年05月03日 08:57撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺湿原の案内標識はありませんが、この辺りが白樺湿原のはずです。
帰りに駐車場から仰ぎ見る和尚台です。
2019年05月03日 12:11撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに駐車場から仰ぎ見る和尚台です。

感想/記録
by Kitara

令和初登山は、以前から気になっていた大天狗様の迦葉山に登ることにしました。
体力に余裕があればその先の尼ヶ禿山まで縦走も考えていましたが、山ブランクが長すぎて体力がひどく低下しており、途中の白樺湿原でのんびり折り返すことにしました。
展望はあまり良くない山ですが、木々の合間からは残雪を抱いた武尊山や谷川連峰などを望むことができます。
ブナ林が発達しているので、新緑や紅葉の季節は特に見所が多いと思います。
登り残した尼ヶ禿山へは、ぜひ別の機会に玉原高原からアプローチしたいところです。
訪問者数:71人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ