また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1825904 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

水晶谷探訪

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候申し分ない登山日和
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
1時間11分
合計
5時間57分
Sエクセル東バス停11:3611:50石切道登山口11:56五助ダム11:5712:03住吉川下流側分岐12:0412:13西滝ヶ谷方面分岐12:4015:11水晶大滝15:2015:49極楽渓分岐15:5115:57岩塔状バットレス16:2216:26極楽茶屋跡16:2916:58紅葉谷16:5917:15炭屋道合流点17:20崩落箇所17:2117:26ロープウェイ有馬温泉駅17:2717:33池之坊駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

寝坊したので、此処から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝坊したので、此処から。
団地の横に入り口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
団地の横に入り口。
いつ見ても、綺麗なダム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ見ても、綺麗なダム。
遅々の朝を食べようとしたら、ピクニック家族が数えきれないくらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅々の朝を食べようとしたら、ピクニック家族が数えきれないくらい。
追われるように、登ります、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
追われるように、登ります、
草鞋が間に合わなかったので、覗くだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草鞋が間に合わなかったので、覗くだけ。
誰かが、橋を架けてくれた。もちろん、渡渉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰かが、橋を架けてくれた。もちろん、渡渉。
お花畑にも、目が行くように。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑にも、目が行くように。。。
3
芸術的に撮ってしまったので、花の名前は背景で判断して下さい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芸術的に撮ってしまったので、花の名前は背景で判断して下さい。
3
此処のダムに惹かれて、袋小路にハマる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処のダムに惹かれて、袋小路にハマる。
1
少し戻ると、罠のような橋が。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻ると、罠のような橋が。。。
1
目指す大岩の上で、やっと朝食。この高さだと、羽虫が五月蠅い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す大岩の上で、やっと朝食。この高さだと、羽虫が五月蠅い。
2
この分岐は、騙し絵のように難しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐は、騙し絵のように難しい。
この分岐も、大分進んでから、戻って発見!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐も、大分進んでから、戻って発見!
ようやく、沢に降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、沢に降ります。
10分掛けて登りました。正解は右岸ですが、階段に歩調が合いそうもない!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分掛けて登りました。正解は右岸ですが、階段に歩調が合いそうもない!!!
下流はもちろん、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流はもちろん、
上流も高いばかり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流も高いばかり。
10分掛けて降りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分掛けて降りました。
1
10分掛けて登ったら、ロープ付きの巻道発見!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分掛けて登ったら、ロープ付きの巻道発見!!!
感慨に耽っていたら、笹学者の方に捕獲され、案内してもらう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
感慨に耽っていたら、笹学者の方に捕獲され、案内してもらう。
2
「左は、行き止まりだよ」と別れるが、魅力的な左俣で、お礼の言いようがない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「左は、行き止まりだよ」と別れるが、魅力的な左俣で、お礼の言いようがない。
1
水晶小滝。左をひょいと登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小滝。左をひょいと登ります。
4
滝口が綺麗で満足。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝口が綺麗で満足。
3
時間に追われているので、写真だけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間に追われているので、写真だけ。
1
山行3年にして、初めて楽しんだホッチキス。一言で言えば、「人に優しいステップ」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行3年にして、初めて楽しんだホッチキス。一言で言えば、「人に優しいステップ」
3
またダムかと思ったら、左手に滝が。。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またダムかと思ったら、左手に滝が。。。。
1
この水晶大滝には、かなり衝撃を(w_−; ウゥ・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この水晶大滝には、かなり衝撃を(w_−; ウゥ・・
7
ダム越えの方が面白いかも。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム越えの方が面白いかも。。。
2
とは言え、滝の左を登り、ビックリの滝口へ。この滝口が、水晶谷を物語ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とは言え、滝の左を登り、ビックリの滝口へ。この滝口が、水晶谷を物語ります。
2
この後、八つの小ダムを超えて、<ラスト>文字とご対面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、八つの小ダムを超えて、<ラスト>文字とご対面。
九つ目のダムを前にして、崖崩れのような所を登り、終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九つ目のダムを前にして、崖崩れのような所を登り、終了。
紅葉谷を駆け下りて、感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷を駆け下りて、感謝。
3

感想/記録
by _rara_

何度、迷走しただろう。
その度に、アドレナリンは放出され、笑みが浮かぶ。
持参した長めのスリングが、幾度となく活躍する。
初めてのルートは、何て楽しいんだろう。
久方忘れていた高揚感が、溢れかえる。

でも、危険も一杯なんだろう。
笹の先生が、
「マダマダ先が長いから、暗くなりますよ」と、
話し掛けてきたのも、頷ける。
第三者が見たら、頼りない山男なんだろう。
実際、未だ未だの未熟者、
皆さん、これからもよろしくお願いします。

追記
水晶谷は、倒木が溢れかえり、
<綺麗な沢>には、程遠い状態でした。
訪問者数:127人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ