また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827442 全員に公開 雪山ハイキング北陸

沢山歩きたいので【鍬崎山】

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
粟巣野スキー場に駐車させていただきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間10分
休憩
2時間11分
合計
10時間21分
Sあわすのスキー場01:3602:30貯水池02:3103:39あわすの分岐03:5606:23鍬崎山 山頂07:2709:03あわすの分岐09:0509:51貯水池09:5310:40リフト最上部(lunchタイム)11:2511:57あわすのスキー場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
独標周辺の細尾根の積雪は崩壊間近です。
けっこう緩んでいた。

装備

個人装備 ★登山届Climbing Notification-NET/Email提出 【Climbing Zach】⇒ Millet/Backpack-for-tent(Mountain hut) 【Climbing shoes】⇒ MO/Mountain-Climbing shoes 【Socks】⇒ OutdoorResearch/WinterGaiter Mountaineering socks Fine track/スキンメッシュソックス 【 Trekking pants】⇒ Midweight climbing pants(中厚) 【OuterWear】⇒ Fine track/半袖Dry layer 長袖ハイブリッドTシャツ Mammut /Windproof-JACKET 【Glove】⇒ Cool手袋(thin) Wool-inner-G MO/WoolThick-G 【CLOTHES】⇒ Downjacket MO/レインウエア 【hat】⇒ 登山キャップ 【TOOL】⇒ Zelt VictorinoxPD Medicalキット Black Diamond&Petzl/ヘッドライト(2名分) 予備電池 Garmin/GPS550 カメラOM-D 山ラジオ クリアボトル400ml 行動食類 昼食 コンパス 行程/国土地理院地形図(磁気偏角) 腕時計 smartphone(Spare battery)&ジオグラフィカAPP FT1XD無線C4FM-transceiver(2波) Polarization-glasses Bear-avoid-bell 【FIREARMS】⇒ MO/JetBoil 【WINTER-TOOL】⇒ Black Diamond/Pickel KJ/12Crampons モンベル/Chain spike >>>総重量11.5kg(水分/水1L PETボトル×2 500mlクリアボトル×1)
備考 二名共:ストック無し、ピッケル、クランポン装備

写真

【標高850m】
駐車場からゲレンデを
標高250mアップ
しました。
此処が結構キツイ。
もしかして鍬崎山までで
一番かも??
2019年05月04日 02:06撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【標高850m】
駐車場からゲレンデを
標高250mアップ
しました。
此処が結構キツイ。
もしかして鍬崎山までで
一番かも??
1
リフト最上部から貯水地へ
向かいます。
最初はジグザグ登り、途中から
真っすぐにゆるやかに
登ります。
私的には足が休まる所です
2019年05月04日 02:18撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト最上部から貯水地へ
向かいます。
最初はジグザグ登り、途中から
真っすぐにゆるやかに
登ります。
私的には足が休まる所です
【標高1010m】
貯水池に着きました。
気分的にはココから
ちゃんと登山。
狭い尾根を登ります。
積雪期には危険な尾根道に変化します。
2019年05月04日 02:31撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【標高1010m】
貯水池に着きました。
気分的にはココから
ちゃんと登山。
狭い尾根を登ります。
積雪期には危険な尾根道に変化します。
狭い尾根を登り切った先から
雪道。
ほぼ夏道に沿って。
所々にリボンあり。
初めての人には迷うでしょう。
トレースが錯綜してますが、
気にせず自分のルートで進みます。
2019年05月04日 03:06撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い尾根を登り切った先から
雪道。
ほぼ夏道に沿って。
所々にリボンあり。
初めての人には迷うでしょう。
トレースが錯綜してますが、
気にせず自分のルートで進みます。
1
【標高1415m】
真っ暗な大品山分岐付近で
便利な雪テーブル発見。
ここで座って朝パンとします。
気温は+3度ほどです。
暖かい〜〜〜か?
ここで空がだんだん明けてきた。
2019年05月04日 03:39撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【標高1415m】
真っ暗な大品山分岐付近で
便利な雪テーブル発見。
ここで座って朝パンとします。
気温は+3度ほどです。
暖かい〜〜〜か?
ここで空がだんだん明けてきた。
1
昨日買い換えたザック。
いい背負い心地です。
そのまま雄山に登れるほど装備ですが
重さ感じません。
2019年05月04日 03:42撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日買い換えたザック。
いい背負い心地です。
そのまま雄山に登れるほど装備ですが
重さ感じません。
1
今日の朝パン。
☆焼きそばパン。
これが食べたかった〜〜
って、スーパーで購入ですが。
私の登山には炭水化物が必需です。
2019年05月04日 03:44撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の朝パン。
☆焼きそばパン。
これが食べたかった〜〜
って、スーパーで購入ですが。
私の登山には炭水化物が必需です。
2
休憩した傍に、大品山の案内ありました。
この後は、鍬崎方面へ一旦下ります。
(マイナス80m)
帰路はココの登りがシンドイ。
2019年05月04日 03:57撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩した傍に、大品山の案内ありました。
この後は、鍬崎方面へ一旦下ります。
(マイナス80m)
帰路はココの登りがシンドイ。
1
空が蒼に変化しつつ_
そろそろ長かった夜が明けます。
でも暖かい__
2019年05月04日 04:13撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が蒼に変化しつつ_
そろそろ長かった夜が明けます。
でも暖かい__
1
結構いい登りが待ってます♪
2019年05月04日 04:25撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構いい登りが待ってます♪
1
【標高1500m付近】
ここの凍結した急な登りが
延々と続きます。
朝方は危険。
転んだら100mは止まらないでしょう。
2019年05月04日 04:38撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【標高1500m付近】
ここの凍結した急な登りが
延々と続きます。
朝方は危険。
転んだら100mは止まらないでしょう。
1
ツレも苦労してます。
ピッケルが無かったら無理かと。
ここを登り切ったら独標がちかい。
2019年05月04日 04:41撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツレも苦労してます。
ピッケルが無かったら無理かと。
ここを登り切ったら独標がちかい。
いい天気の予感です。
2019年05月04日 04:51撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気の予感です。
1
(私)またまた御腹空いて
ペースダウンです( ゜Д゜)
2019年05月04日 04:58撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(私)またまた御腹空いて
ペースダウンです( ゜Д゜)
まだまだ!!
登るぞって感じです。
カントリーマアム食べて・・
2019年05月04日 05:06撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ!!
登るぞって感じです。
カントリーマアム食べて・・
2
先に
独標が待ち構える_
2019年05月04日 05:08撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に
独標が待ち構える_
1
鎖は出てますが、結構ヤバい。
滑り落ちたらヤバそう。
ストックのみではイチかバチか??
でしょう。
雪は固いのでピッケルでなんとか。
2019年05月04日 05:11撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖は出てますが、結構ヤバい。
滑り落ちたらヤバそう。
ストックのみではイチかバチか??
でしょう。
雪は固いのでピッケルでなんとか。
独標の先の
この尾根は
とても狭く、近々崩れそうです。
2019年05月04日 05:16撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標の先の
この尾根は
とても狭く、近々崩れそうです。
3
転ぶことは許されず。
下山時が最も危険です。
2019年05月04日 05:18撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転ぶことは許されず。
下山時が最も危険です。
2
【標高1750m】
独標に着きました。
も少し〜〜
2019年05月04日 05:19撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【標高1750m】
独標に着きました。
も少し〜〜
3
ここでタイミングよく
朝日が顔を出しました。
暖かい〜〜
2019年05月04日 05:21撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでタイミングよく
朝日が顔を出しました。
暖かい〜〜
4
先は見えるが・・・・
レッツゴ〜〜
2019年05月04日 05:21撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先は見えるが・・・・
レッツゴ〜〜
1
朝日の太陽は熱いです
2019年05月04日 05:25撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日の太陽は熱いです
1
雪庇が結構張り出し多し。
2019年05月04日 05:30撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇が結構張り出し多し。
1
夏道も結構出てる。
アイゼン引っ掛けないように
2019年05月04日 05:46撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道も結構出てる。
アイゼン引っ掛けないように
1
山頂まで
変わらない景色だが
高度は稼ぎます。
2019年05月04日 05:53撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで
変わらない景色だが
高度は稼ぎます。
大きな割れ口。
所々に雪割れがあり。
崩れそう
2019年05月04日 06:16撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな割れ口。
所々に雪割れがあり。
崩れそう
1
もうすぐ山頂!
2019年05月04日 06:23撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂!
1
三角点タッチ!
到着です(10分前に)。
山頂標識周辺は雪なし。
雄山側には残雪あり。
2019年05月04日 06:30撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点タッチ!
到着です(10分前に)。
山頂標識周辺は雪なし。
雄山側には残雪あり。
3
休憩オヤツです。
2019年05月04日 06:31撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩オヤツです。
2
登頂万歳!〜〜〜
2019年05月04日 06:44撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂万歳!〜〜〜
8
コッチでも
サミット!
2019年05月04日 06:46撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コッチでも
サミット!
7
御嶽山見えてる
2019年05月04日 06:49撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山見えてる
5
乗鞍岳ですね
2019年05月04日 06:49撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳ですね
3
黒部五郎岳ですね。
けっこう雪解けてそう
2019年05月04日 06:49撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳ですね。
けっこう雪解けてそう
2
黒部五郎岳とGW初めでNewsになった
北ノ俣岳です。吹雪だったでしょう。
2019年05月04日 06:50撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳とGW初めでNewsになった
北ノ俣岳です。吹雪だったでしょう。
3
遠くに親分の
剱岳ですね。
手前は奥大日岳ですね
2019年05月04日 06:50撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに親分の
剱岳ですね。
手前は奥大日岳ですね
3
雄山始め、立山三山だ。
2019年05月04日 06:51撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山始め、立山三山だ。
3
龍王岳、鬼岳
2019年05月04日 06:51撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍王岳、鬼岳
1
毛勝三山です。
2019年05月04日 06:51撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝三山です。
3
遠くに白山
2019年05月04日 06:52撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに白山
2
芦峅寺集落かな
2019年05月04日 06:57撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦峅寺集落かな
2
正面には薬師岳が
ど〜〜んと。
2019年05月04日 06:58撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面には薬師岳が
ど〜〜んと。
2
弥陀ヶ原の全容
2019年05月04日 07:01撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原の全容
2
アルペンラインの
除雪ライン
2019年05月04日 07:05撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルペンラインの
除雪ライン
2
ツレはジャンプ!
2019年05月04日 07:14撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツレはジャンプ!
3
有峰湖見えてる
2019年05月04日 07:17撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有峰湖見えてる
2
(私)と女王様の薬師岳。
来た甲斐あった〜
2019年05月04日 07:27撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(私)と女王様の薬師岳。
来た甲斐あった〜
2
そろそろ帰ります
2019年05月04日 07:28撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ帰ります
1
下山は注意しながら・・
2019年05月04日 07:35撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は注意しながら・・
1
おいおい・その先は・
雪庇だよ〜〜
危ない・・
2019年05月04日 07:41撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おいおい・その先は・
雪庇だよ〜〜
危ない・・
独標との撮影です
2019年05月04日 08:06撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標との撮影です
2
のんびり
ショウジョウバカマ
2019年05月04日 08:39撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびり
ショウジョウバカマ
コルから大品山への最後の登り。
コレがキツイ・・・
2019年05月04日 08:48撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルから大品山への最後の登り。
コレがキツイ・・・
ししうど??
2019年05月04日 09:56撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ししうど??
1
キクザンイチゲですね。
色とりどりありました。
2019年05月04日 09:58撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザンイチゲですね。
色とりどりありました。
1
タムシバ〜〜
白くてふんわり可愛い
2019年05月04日 10:21撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タムシバ〜〜
白くてふんわり可愛い
2
リフト最上_
ここでお昼タイムです。
2019年05月04日 10:45撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト最上_
ここでお昼タイムです。
1
海苔巻きです。
美味かった〜〜
2019年05月04日 10:52撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海苔巻きです。
美味かった〜〜
4
白いのも可愛いです
2019年05月04日 11:41撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いのも可愛いです
1

感想/記録

今回は大変コストパフォーマンスが高い、登山へ行ってきました。
移動時間短い(60分以内)!& 乗り物工賃不要!
ホントは雄山周遊でもしたいが、バス待ちで数時間なんて・・・
私には無理なこと・・・だったら歩いて下山します・・って無理だが。
で、、、、、
近場で改元に相応しい(?)、鍬崎山へ行ってきました。
残雪のこの時期は、日の出と共に融雪が始まります。
なので、日の出前に登ってしまおう!!と。
で、、、深夜1時半から山行へ。(睡眠150分)
でも、この時間帯は最近2度目ですけど、気にってます。
お陰で寝不足ですね。

装備品次第、休憩ですが
駐車場から大品山分岐まで、約2時間(夏タイム程)
大品山分岐から鍬崎山山頂まで、2時間半_以内でしょう。
鍬崎山近辺の夏道は2割は出ています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
粟巣野スキー場、深夜1時半、気温5度_歩きやすい気温です。
もちろんスキー場には残雪皆無です。
ちょっと肌寒いか、、、薄いシェル羽織って行きます。
ヘッデン点灯して、
スキー場の、向かって右側を登ります。
(最初は瀬戸蔵方面のツヅラ折れ道からゲレンデへ)
ヘッデン照らしながらですが、結構急です。
軽く汗かいたら、リフト最上部到着_そのまま上へ。
ここから貯水池へ、、特に急ではなく、つづら折れ道。
60分ほどで貯水池到達_ここでウエア調節。
ここから狭い尾根を登り、大品山(分岐)へ登ります。
狭い尾根上には残雪無かったですが、
平坦なエリア(標高1200m)からは、ず〜っと残雪です。
先人達の足跡が多数ですが、気にせず登ったら大品山分岐へ。
ここで初めての休憩&朝食タイム(午前3時40分)。
鍬崎山へのルートは、一旦下って、
午前4時に最低コル(標高1340m)へ到着。
ここから登り道の再開です____
多少疲れが出ますが、ピッケル駆使しながら固く凍結した雪面を
登ります。足跡も多数ありますが、どこでも歩けます。
コルから70分ほどで、独標の鎖場付近_
多少苦労しますが、ピッケルで滑落に注意しながら独標到着です。
見上げると、山頂が見えて、夏道も出ているようです。
残雪具合、雪割れ具合など考えながら、注意し進めました。
ようやく山頂に到達しました。
今回は遠くの山々も見えて素晴らしい眺望です。
とても気温あたたかで、9時ころまで居ようか??と思ったけど
御腹も空いてるので、それでも滞在60分で下山へ_
残雪も太陽光のお陰で、ますます緩んでいきます。
滑落に注意しながら下りました。真っすぐ下山していれば
駐車場には、10時半には着いたですが、急ぐこともないので、
脇道&寄り道&ランチでノンビリです。(結局12時・・(^-^;)

今度は融雪終わった頃にまた行くかも ^^) _旦~~。

今日見かけた登山者:
鍬崎山往復/単独1名。大品山付近/単独1名。貯水ダム付近/1名

帰路でプモリはお客さんで賑わってました。
(寄ってはいませんけど)
また来ます!

鍬崎山は、私らには欠かせないヤマです♪
(ブヨとか羽虫が多い時期には勘弁ですが)
いい運動になりました〜〜
(5/6城ヶ平山へ行って足のコリ取ってきました)
訪問者数:299人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ