また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827994 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

焼岳 BC 快晴ほぼ無風で快適ザラメ

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新中ノ湯登山口前の駐車場に車を駐めましたが、到着時点でほぼいっぱいに近かったです。また早朝は道路上の雪解け水が一部凍結していましたが、スタッドレスはもう必要ないと思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間27分
休憩
54分
合計
5時間21分
S新中の湯登山口06:2307:58広場08:03下堀沢出会09:15焼岳(北峰)10:0710:25下堀沢出会10:2610:42広場10:4311:44新中の湯登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は途中まで雪があったり無かったりでした。ただ朝はクラストしていてアイゼンは必須です。ただ帰りには雪がゆるんで踏み抜き要注意、かつ雪が無いところは雪解け水でどろんこ道でした。

写真

向かう途中で見えた常念岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう途中で見えた常念岳。
1
駐車場は登山口反対側の路肩は一杯でしたので、登山道側の道路脇に駐めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は登山口反対側の路肩は一杯でしたので、登山道側の道路脇に駐めました。
穂高がきれいに見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高がきれいに見えています。
2
登山口。ここは雪は多いのですが...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。ここは雪は多いのですが...。
1
あれ、雪がしばらく無くなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ、雪がしばらく無くなりました。
またたっぷりの雪になって、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またたっぷりの雪になって、
しばらく雪有り無しを繰り返します。ただ雪は早朝はクラストしていますので、アイゼンが必要です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく雪有り無しを繰り返します。ただ雪は早朝はクラストしていますので、アイゼンが必要です。
この辺りから雪がつながりました。私はここまでノーアイゼンで来ましたが、さすがにここでアイゼンを装着。安心感が違います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから雪がつながりました。私はここまでノーアイゼンで来ましたが、さすがにここでアイゼンを装着。安心感が違います。
真ん丸。なぜ?。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん丸。なぜ?。
3
この辺りは雪はたっぷりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは雪はたっぷりです。
正面に焼岳が見えてきました(^^)。テンションが上がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に焼岳が見えてきました(^^)。テンションが上がります。
1
広場の向こうに穂高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場の向こうに穂高。
1
焼岳。最高の天気です(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳。最高の天気です(^^)。
これはこれできれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはこれできれい。
1
穂高を眺めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高を眺めます。
1
下堀沢を直登することにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下堀沢を直登することにしました。
風が無く暑いです。雪はすっかりザラメです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が無く暑いです。雪はすっかりザラメです。
ここだけ少し落石が目立ちました。右側の岩場から落ちたもののようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここだけ少し落石が目立ちました。右側の岩場から落ちたもののようです。
1
これは落ちたばかりの雰囲気(^^;。前方に注意しながら登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは落ちたばかりの雰囲気(^^;。前方に注意しながら登っていきます。
この辺りはどこを滑っても楽しそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはどこを滑っても楽しそう。
乗鞍岳が見えてきました。今日は大変な賑わいになっていることでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳が見えてきました。今日は大変な賑わいになっていることでしょう。
1
振り返ると中央アルプス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると中央アルプス。
中央アルプス。少しかすんでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス。少しかすんでいます。
稜線まですぐのようでなかなか近づきません(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線まですぐのようでなかなか近づきません(^^;。
1
南峰。若干デブリがありますが、比較的斜面はきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰。若干デブリがありますが、比較的斜面はきれいです。
1
今回はこちら側を途中まで滑りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はこちら側を途中まで滑りました。
上部もまだ落石はそれほど目立ちません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部もまだ落石はそれほど目立ちません。
トラバース。すっかり緩んでいますので不安はありません。岩場の手前でスキー板をデポ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース。すっかり緩んでいますので不安はありません。岩場の手前でスキー板をデポ。
1
雪の壁がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の壁がありました。
両側に落ちないよう慎重に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両側に落ちないよう慎重に進みます。
岩場をよじ登ろうとして足を思い切り上げたとたん、両太ももが痙攣(^^;。しばし悶絶。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場をよじ登ろうとして足を思い切り上げたとたん、両太ももが痙攣(^^;。しばし悶絶。
山頂手前も雪がたっぷりありましたので、回り込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前も雪がたっぷりありましたので、回り込みます。
焼岳山頂に到着。ほぼ無風です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳山頂に到着。ほぼ無風です。
6
笠ヶ岳方面。素晴らしい眺めです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳方面。素晴らしい眺めです。
2
前穂。前穂ダイレクトルンゼを直登したトレースがここから見えます。あのルートをスキーで滑りたいと思いつつ、ここから見るとほぼ壁に見えます(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂。前穂ダイレクトルンゼを直登したトレースがここから見えます。あのルートをスキーで滑りたいと思いつつ、ここから見るとほぼ壁に見えます(^^;。
3
乗鞍岳。ずいぶん真っ白に見えます。最近降雪があったかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳。ずいぶん真っ白に見えます。最近降雪があったかな。
1
山頂で30分ほどゆっくりしてから下ります。南向きのザラメ化しやすい良い斜面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で30分ほどゆっくりしてから下ります。南向きのザラメ化しやすい良い斜面です。
スキー板をデポした場所で滑る準備をし、いよいよ滑走開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー板をデポした場所で滑る準備をし、いよいよ滑走開始。
ザラメは少し浅めですが、その分良く滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラメは少し浅めですが、その分良く滑ります。
快適ザラメを気持ち良く滑り降ります(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適ザラメを気持ち良く滑り降ります(^^)。
1
もう少しこのルートを滑り降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しこのルートを滑り降ります。
1
どこまでも快適ザラメ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも快適ザラメ。
2
このまま下堀沢を滑っても良いのですが、やはりいつもの南側の斜面が滑りたいと思い、大トラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま下堀沢を滑っても良いのですが、やはりいつもの南側の斜面が滑りたいと思い、大トラバース。
オープンバーン最後の斜面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オープンバーン最後の斜面です。
ここも斜面が比較的きれいで滑りやすかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも斜面が比較的きれいで滑りやすかったです。
1
広場まで滑り降り、滑った斜面を振り返ります。私のシュプールが手前側に見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場まで滑り降り、滑った斜面を振り返ります。私のシュプールが手前側に見えています。
1
登り返しのところまでスキーで滑り、そこから板をザックに付けて歩いて下りました。がんばればもう少しスキーで下れるかも知れませんが、あまり楽しくないので(^^;。雪が溶けたところはどろんこでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しのところまでスキーで滑り、そこから板をザックに付けて歩いて下りました。がんばればもう少しスキーで下れるかも知れませんが、あまり楽しくないので(^^;。雪が溶けたところはどろんこでした。

感想/記録

今年のゴールデンウイークはちまたでは10連休のようですが、私はちょうど仕事がピークとなり前日まで休み無し(^^;。ただ快晴予報のこの日の午前中、たまらずに仕事をお休みして久しぶりとなる焼岳にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。
上の方の雪はまだまだ多く、稜線から広場までは一面の快適ザラメを気持ち良く滑り降りることが出来ました。また山頂もほぼ無風で360度の大展望を楽しむことができました。
訪問者数:327人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ