また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1828853 全員に公開 ハイキング房総・三浦

房州低名山、富山〜伊予ヶ岳

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候雨時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR岩井駅(特急新宿さざなみ号0951着)スタート
天神郷バス停ゴール(南房総市営路線バス1442発〜JR岩井駅1510着)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間55分
休憩
42分
合計
4時間37分
S岩井駅10:0210:19富山中前バス停10:41伏姫籠穴10:4211:22里見八犬士終焉の地11:2311:31富山南峰11:4011:45里見八犬士終焉の地11:4611:50富山12:1012:14里見八犬士終焉の地13:02六地蔵登山口13:0613:42伊予ヶ岳南峰13:4413:50伊予ヶ岳13:5213:58伊予ヶ岳南峰13:5914:38天神郷バス停14:3914:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
伊予ヶ岳の山頂直下60m位は岩と土が混ざった急斜面、雨が降り塗れていたこともあり、危険。軽装のハイカーはここで諦めて帰る人も。前を登っていた若者もスニーカーでツルツル滑って大変そうでした。

写真

JR内房瀬岩井駅
2019年05月04日 09:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR内房瀬岩井駅
この後、雨が降り出した。
2019年05月04日 10:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、雨が降り出した。
里見八犬伝は呼んでませんが、姫と犬が籠もった穴です。尚、里見八犬伝は創作なのになぜ実際の遺跡があるのかは謎。
2019年05月04日 10:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里見八犬伝は呼んでませんが、姫と犬が籠もった穴です。尚、里見八犬伝は創作なのになぜ実際の遺跡があるのかは謎。
天気雨の中を登ります。
2019年05月04日 10:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気雨の中を登ります。
1
暫くは車道。
2019年05月04日 10:56撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くは車道。
いい天気に見えるけど、雨です。
2019年05月04日 11:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気に見えるけど、雨です。
1
ヘビイチゴとか
2019年05月04日 11:19撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘビイチゴとか
1
よく見る花たち。
2019年05月04日 11:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見る花たち。
1
まず、富山の北峰に行きます。
2019年05月04日 11:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず、富山の北峰に行きます。
山頂。あまり、綺麗でない東屋があります。眺望も雰囲気も残念なので峰に向かいます。
2019年05月04日 11:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。あまり、綺麗でない東屋があります。眺望も雰囲気も残念なので峰に向かいます。
シャガがたくさん咲いてます。
2019年05月04日 11:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャガがたくさん咲いてます。
3
里見八犬士って、8人の名前にみんな犬が付いているっていう、おもしろい設定。
2019年05月04日 11:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里見八犬士って、8人の名前にみんな犬が付いているっていう、おもしろい設定。
八犬士終焉の地からはいい眺めで大勢の人が休んでました。
ここには仮説トイレもありました。
2019年05月04日 11:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八犬士終焉の地からはいい眺めで大勢の人が休んでました。
ここには仮説トイレもありました。
1
そして南峰に到着。山頂付近から雨が上がり、ここでお昼ご飯。
2019年05月04日 11:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして南峰に到着。山頂付近から雨が上がり、ここでお昼ご飯。
早速、展望台にのぼりました。鹿野山が見えるよってことかな?
2019年05月04日 11:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速、展望台にのぼりました。鹿野山が見えるよってことかな?
1
帰り際に本当の山頂を見つけました。
2019年05月04日 12:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り際に本当の山頂を見つけました。
1
ここの方がいい景色。
2019年05月04日 12:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの方がいい景色。
3
八犬士終焉の地まで戻り、車道を伊予ヶ岳にむけ下っていきます。
2019年05月04日 12:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八犬士終焉の地まで戻り、車道を伊予ヶ岳にむけ下っていきます。
200mくらい下ります。
2019年05月04日 12:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200mくらい下ります。
伊予ヶ岳が見えてきました。のどかな里山の風景、山があまり高くなく、すぐ手が届きそうなのが素晴らしい。まさに低名山。
2019年05月04日 12:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊予ヶ岳が見えてきました。のどかな里山の風景、山があまり高くなく、すぐ手が届きそうなのが素晴らしい。まさに低名山。
3
道標も整備されてます。
2019年05月04日 12:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標も整備されてます。
振り返ると、富山の双耳峰が綺麗です。
2019年05月04日 12:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、富山の双耳峰が綺麗です。
3
新緑の中に立つ二本。夫婦のように見えます。
2019年05月04日 12:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の中に立つ二本。夫婦のように見えます。
いよいよ伊予ヶ岳の登山口に到着。向こうに見える岩峰の上を目指します。
2019年05月04日 13:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ伊予ヶ岳の登山口に到着。向こうに見える岩峰の上を目指します。
針と牙のところの血しぶきがリアル。
2019年05月04日 13:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針と牙のところの血しぶきがリアル。
また雨が降り出し、大きな雷も一度鳴り、先行きを危ぶみます。
2019年05月04日 13:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また雨が降り出し、大きな雷も一度鳴り、先行きを危ぶみます。
結構な雨ですが木々が雨粒をしのいでくれます
2019年05月04日 13:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な雨ですが木々が雨粒をしのいでくれます
この看板、大げさではありませんでした。
2019年05月04日 13:31撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板、大げさではありませんでした。
雨が小降りになったので慎重に進みます。
2019年05月04日 13:31撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が小降りになったので慎重に進みます。
振り返ればいい景色だけど、険しい岩場がいくつも現れます。濡れた岩場に土が混じり滑るので、慎重に慎重に。
2019年05月04日 13:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ればいい景色だけど、険しい岩場がいくつも現れます。濡れた岩場に土が混じり滑るので、慎重に慎重に。
無事、山頂、下から見た岩峰の上です。またまた山頂で雨が上がりました。
2019年05月04日 13:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、山頂、下から見た岩峰の上です。またまた山頂で雨が上がりました。
4
どうやら北の方に本当の山頂があるようなので、行ってみます。ここは途中で振り返って先ほどの岩峰を横から見てます。
2019年05月04日 13:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやら北の方に本当の山頂があるようなので、行ってみます。ここは途中で振り返って先ほどの岩峰を横から見てます。
2
こちらが本当の山頂、ですが三角点しかありません。
2019年05月04日 13:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが本当の山頂、ですが三角点しかありません。
1
本当に良い景色。
2019年05月04日 13:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に良い景色。
3
日本一低い県の山並み。
2019年05月04日 13:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本一低い県の山並み。
4
低名山は下山もあっという間。
2019年05月04日 14:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低名山は下山もあっという間。
町ではお祭りの最中でした。ここから岩井駅まで歩いて行く予定でしたが、ちょうどバスが来たのでここでおしまい。
2019年05月04日 14:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
町ではお祭りの最中でした。ここから岩井駅まで歩いて行く予定でしたが、ちょうどバスが来たのでここでおしまい。
1
予定よりだいぶ早く駅に着いて時間が余ったので海を眺めて過ごしました。
2019年05月04日 15:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定よりだいぶ早く駅に着いて時間が余ったので海を眺めて過ごしました。
3

感想/記録
by oysam

初めて房州の低名山(ひくめいさん)にチャレンジ。晴れの予報でしたが山の中を歩いているときはほとんど雨、特に伊予ヶ岳に登り始めたときは雷も鳴りだして心配したけど、富山も伊予ヶ岳も山頂では晴れ、また、車道を歩いているときも降られず、結構雨の時間が長かった割には濡れずに済みました。
富山の山頂は広い広場で展望台もあり休憩に最適、でも景色は伊予ヶ岳の方が好きだ。
この時期は田んぼに水が入った直後で山から見下ろすととても美しい。
房総の低い山々が連なる景色は高山と違った魅力があり、これからも少しずつ房州低名山にチャレンジを続けたい。
訪問者数:68人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 双耳峰 東屋 道標 房州低名山
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ