また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1829265 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

棒ノ折山(棒ノ嶺)〜岩茸石山

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR飯能駅から国際興行バスのさわらびの湯経由の湯の沢行きでさわらびの湯下車。
7:10の始発に乗ったが10連休でもあり、満員バスとなった。
 ※国際興行バス
  https://5931bus.com/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間48分
休憩
2時間13分
合計
8時間1分
Sさわらびの湯バス停08:0808:28白谷沢登山口08:3308:58藤懸の滝09:57岩茸石09:5810:22権次入峠10:2810:40棒ノ嶺11:4311:54権次入峠12:10黒山12:1112:30逆川ノ丸12:3313:33名坂峠13:3713:45岩茸石山14:3015:01惣岳山15:0616:09御嶽駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な場所はないが、白谷沢のゴルジュおよび前後の岩場は足元に注意。

写真

国際興行バスをさわらびの湯で下車。
2019年05月03日 07:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国際興行バスをさわらびの湯で下車。
さわらびの湯の駐車場にあるトイレ
2019年05月03日 08:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわらびの湯の駐車場にあるトイレ
さわらびの湯バス停から車道で有間ダムへ向かう。
2019年05月03日 08:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわらびの湯バス停から車道で有間ダムへ向かう。
有間ダムを渡って白谷沢登山口へ向かう。
2019年05月03日 08:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有間ダムを渡って白谷沢登山口へ向かう。
登山口手前の駐車スペース
2019年05月03日 08:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口手前の駐車スペース
登山口を過ぎたところにも車
2019年05月03日 08:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口を過ぎたところにも車
橋を渡ると白谷沢登山口
2019年05月03日 08:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡ると白谷沢登山口
白谷沢登山口
2019年05月03日 08:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白谷沢登山口
1
沢ルートなのでバイクの音がまったく聞こえない。沢音と野鳥のさえずりの音を聞きながら登る。
2019年05月03日 08:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢ルートなのでバイクの音がまったく聞こえない。沢音と野鳥のさえずりの音を聞きながら登る。
名物のゴルジュ
2019年05月03日 09:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物のゴルジュ
1
ゴルジュを通過してから振り返って見る。
2019年05月03日 09:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュを通過してから振り返って見る。
1
ゴルジュ通過後のクサリ場
2019年05月03日 09:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュ通過後のクサリ場
林道に出る。
2019年05月03日 09:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出る。
林道を渡って急坂を登る。
2019年05月03日 09:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を渡って急坂を登る。
1
急坂を登り切るとトラバース気味に滝の平尾根に向かう。
2019年05月03日 09:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を登り切るとトラバース気味に滝の平尾根に向かう。
滝の平尾根に乗る。
2019年05月03日 09:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の平尾根に乗る。
主稜線を目指して滝の平尾根を登る。
2019年05月03日 10:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線を目指して滝の平尾根を登る。
主稜線上にある権次入峠に出る。
2019年05月03日 10:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線上にある権次入峠に出る。
主稜線上にある権次入峠。一息入れている人でにぎわっている。
2019年05月03日 10:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線上にある権次入峠。一息入れている人でにぎわっている。
棒ノ嶺の山頂
2019年05月03日 10:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺の山頂
1
山頂はとても広い。10連休とあって次々にハイカーが上がってくる。
2019年05月03日 11:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はとても広い。10連休とあって次々にハイカーが上がってくる。
1
山頂から大持山と武甲山
2019年05月03日 10:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から大持山と武甲山
2
山頂から武川岳
2019年05月03日 11:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から武川岳
1
山頂から伊豆ケ岳
2019年05月03日 11:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から伊豆ケ岳
山頂から愛宕山
2019年05月03日 11:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から愛宕山
権次入峠まで戻る。ここから岩茸石山への縦走路に入る。
2019年05月03日 11:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権次入峠まで戻る。ここから岩茸石山への縦走路に入る。
新緑が美しい。
2019年05月03日 12:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が美しい。
新緑が美しい。
2019年05月03日 12:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が美しい。
小沢峠への分岐がある黒山
2019年05月03日 12:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢峠への分岐がある黒山
新緑が美しい。
2019年05月03日 12:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が美しい。
逆川の丸の傍にあるやまびこ広場
2019年05月03日 12:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆川の丸の傍にあるやまびこ広場
縦走路で1か所だけ南側に展望が広がる。大岳山と御前山。
2019年05月03日 12:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路で1か所だけ南側に展望が広がる。大岳山と御前山。
1
岩茸石山への最後の登り
2019年05月03日 13:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石山への最後の登り
岩茸石山の山頂
2019年05月03日 13:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石山の山頂
1
岩茸石山の山頂
2019年05月03日 14:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石山の山頂
1
山頂から棒ノ嶺と歩いてきた稜線
2019年05月03日 14:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から棒ノ嶺と歩いてきた稜線
1
山頂から高水山へのルート
2019年05月03日 14:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から高水山へのルート
山頂から高水山
2019年05月03日 14:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から高水山
1
惣岳山へ向かう。植林帯が多い。
2019年05月03日 14:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山へ向かう。植林帯が多い。
広い伐採現場に出る。
2019年05月03日 14:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い伐採現場に出る。
惣岳山への急坂と巻き道の分岐
2019年05月03日 14:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山への急坂と巻き道の分岐
背の高い植林に囲まれた静かな惣岳山の山頂
2019年05月03日 15:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背の高い植林に囲まれた静かな惣岳山の山頂
沢井駅に下るルートとの分岐
2019年05月03日 15:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢井駅に下るルートとの分岐
御嶽駅へ向かうがまた登り坂
2019年05月03日 15:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽駅へ向かうがまた登り坂
尾根を左へ折れて御嶽駅へ向けて急降下
2019年05月03日 15:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を左へ折れて御嶽駅へ向けて急降下
御嶽駅北側にある登山口
2019年05月03日 16:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽駅北側にある登山口

感想/記録

【短縮版】
2019年5月3日(金)

昨日の令和元年3日は10連休中2回目の山へ。天気予報は寒気の影響で山沿いは午後からにわか雨の可能性ありでしたが、途中で雨になったらエスケープルートで下山することにして、奥多摩の棒ノ折山に出かけてきました。今年12回目の山旅です。

棒ノ折山は関東のハイカーに超人気の山なのですが、僕はなぜかこれまで登る機会がありませんでした。登りのルートに沢沿いのルートがあることを最近知って、興味が湧いてきていたところでした。山仲間は登ったことがあるというので、10連休で人がいっぱいの山ですが、ひとりで出かけてきました。

棒ノ折山に至る沢沿いのルートは沢に入ったとたんバイクの音がしなくなり、沢音と野鳥のさえずりを聞きながらまばゆいばかりの新緑の森の中を歩くことができました。
山頂は人でいっぱいで落ち着きませんでしたが、山頂から初めて武甲山などの奥武蔵の山々を見ることができました。

高水三山の岩茸石山への縦走は小さなアップダウンを繰り返す長い稜線歩きでしたが、人が少なく、所々にある新緑を静かに楽しむことができました。
長い縦走のあと、ようやくたどりついた岩茸石山は居心地の良い山頂で、奥多摩の山々や棒ノ折山から歩いてきた稜線を一望することができました。

今日は歩行時間の長い低山の縦走で疲れましたが、新緑と沢音と野鳥のさえずりを楽しむことができた山旅になりました。

【長文版】
昨日の令和元年3日は10連休中に2回目の山へ。天気予報は寒気の影響で山沿いは午後からにわか雨の可能性ありでしたが、途中で雨になったらエスケープルートで下山することにして、奥多摩の棒ノ折山に出かけてきました。今年12回目の山旅です。

棒ノ折山は関東のハイカーに超人気の山なのですが、僕はなぜかこれまで登る機会がありませんでした。登りのルートに沢沿いのルートがあることを最近知って、興味が湧いてきていたところでした。山仲間は登ったことがあるというので、10連休で人がいっぱいの山ですが、ひとりで出かけてきました。

しかし、棒ノ折山だけでは物足りないので南西にある峰続きの高水三山まで縦走することにしました。
棒ノ折山には埼玉県側のさわらびの湯から白谷沢のルートにバスを降りた大勢のハイカーとともに入りました。沢に入ったとたんバイクの音がしなくなり、沢音と野鳥のさえずりを聞きながらまばゆいばかりの新緑の森の中を歩きました。途中ゴルジュ帯もあって楽しいルートですが、ゴルジュから先の沢は少々荒れ気味でした。

沢を離れたあともところどころにある新緑を楽しみながら、大勢のハイカーと前後しながら、山頂に着きました。展望は北側から東側にかけて開けていて、初めて奥武蔵の大持山、武甲山、武川岳、伊豆が岳を望むことができました。
山頂はとても広くて多くのハイカーでいっぱいでした。僕は大きな山桜?の木の根元に陣取ってお昼にしましたが、ひとりではなんだか落ち着かず、先も長いので小1時間ほどで山頂を後にして高水三山の岩茸石山へ向けて縦走を開始しました。

縦走路に入るとさきほどまでの喧騒は嘘のようにハイカーの姿はなくなり、十数組の登山者とすれ違うのみで静かな山歩きが楽しめました。縦走路は植林や常緑の広葉樹も多くて、稜線がすべて新緑の落葉広葉樹に覆われているわけではないけれど、所々にある新緑に目を奪われました。

小さなアップダウンを繰り返して、最後の短い急登を登り切ると岩茸石山の山頂に着きました。西側の展望が開けて棒ノ折山から縦走路や奥多摩の峰々が良く見えました。陽がさして暑いほどでしたが、寒気の影響かいつも間にか黒い低い雲が出始めて暑さも和らぎました。高校生の集団が山頂を30分以上も占拠していて写真が撮りづらかったのですが、ようやく高水山の方へ去ったところで気兼ねなく写真を撮って、僕も山頂を後にして曇り空の下、惣岳山へ出発しました。

惣岳山への稜線はほとんどが植林帯でしたがハイカーも少なくて静かでした。惣岳山の山頂は植林に囲まれていて展望がないので、早々に山頂を離れて、御嶽駅に向けて下山を始めました。相変わらず植林帯が続き、登り返しもあって、最後まで楽をさせてくれない縦走路でしたが、無事御嶽駅に下山しました。かなり長時間歩いたので疲れましたが、今日も楽しい山旅でした。
訪問者数:65人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ