また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1832876 全員に公開 ハイキング丹沢

宝尾根を経由して三峰山へ

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅清川(無料)を利用しました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
1分
合計
6時間26分
Sスタート地点09:2909:50鳥屋待沢/権現橋11:00512m圏峰(宝尾根)11:0112:20777m圏峰(宝尾根)13:04七沢山13:21大山三峰山15:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
宝尾根から七沢山への区間は踏み跡が無い箇所もありますが、尾根筋を外さなければ問題ないと思います(地図、GPSは当然必携)。痩せ尾根、補助ロープ区間と続きますが、気を抜かないように注意が必要です。
登山道合流後は、一般登山道なので危険を感じる箇所はありません。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 ストック
共同装備 サーモス山専ボトル

写真

お馴染みのモニュメント。谷太郎林道を少し歩き、宝尾根を目指します。
2019年05月05日 09:41撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みのモニュメント。谷太郎林道を少し歩き、宝尾根を目指します。
1
マス釣り場を過ぎ、宝尾根の取付き近くまで来ました。
2019年05月05日 09:52撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マス釣り場を過ぎ、宝尾根の取付き近くまで来ました。
この碑を過ぎた辺りから、適当な場所を選んで取付きます。
2019年05月05日 09:52撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この碑を過ぎた辺りから、適当な場所を選んで取付きます。
鳥のさえずりが響く、静かな尾根を進んでいきます。
2019年05月05日 10:07撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥のさえずりが響く、静かな尾根を進んでいきます。
植林ではない自然林の新緑が眩しい。足元がしっかりしているので総じてあるきやすい。
2019年05月05日 10:55撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林ではない自然林の新緑が眩しい。足元がしっかりしているので総じてあるきやすい。
サルノコシカケ巨木に到着しました。
2019年05月05日 11:07撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルノコシカケ巨木に到着しました。
1
そこそこの巨木も現れます
2019年05月05日 11:16撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこの巨木も現れます
歩きやすいエリアに来るとホッとします。適当な場所を選んで昼食休憩
2019年05月05日 12:11撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすいエリアに来るとホッとします。適当な場所を選んで昼食休憩
1
やせ尾根区間に突入しました。躓きだけはしないように慎重に進みます。
2019年05月05日 12:27撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やせ尾根区間に突入しました。躓きだけはしないように慎重に進みます。
先が見えないので、手詰まりも懸念しましたが、ルートが有り、問題はありませんでした
2019年05月05日 12:27撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先が見えないので、手詰まりも懸念しましたが、ルートが有り、問題はありませんでした
小ピークを登って振り返り
2019年05月05日 12:34撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークを登って振り返り
痩せた尾根上に所々岩が点在して歩きづらい
2019年05月05日 12:46撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せた尾根上に所々岩が点在して歩きづらい
補助ロープ区間も通過し、あと少しで登山道に出るところで休憩。
2019年05月05日 12:58撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
補助ロープ区間も通過し、あと少しで登山道に出るところで休憩。
登山道との合流点。写真奥から出てきました。疲労もありますが、汗だくになりました。
2019年05月05日 13:04撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道との合流点。写真奥から出てきました。疲労もありますが、汗だくになりました。
三峰山に到着し休憩。時間もあってか先客は、お二方のみでした。結局、人と出会ったのはここだけでした。物見峠方面に進み、道の駅に戻ります。
2019年05月05日 13:22撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山に到着し休憩。時間もあってか先客は、お二方のみでした。結局、人と出会ったのはここだけでした。物見峠方面に進み、道の駅に戻ります。
1
アップダウンを繰り返し、物見峠方面に進行中。一般登山道ですが油断禁物。疲労した足へ地味に効いてきます。
2019年05月05日 13:39撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返し、物見峠方面に進行中。一般登山道ですが油断禁物。疲労した足へ地味に効いてきます。
途中の道標。写真奥、八丁経路入り口が手書きで示されています。
2019年05月05日 14:36撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の道標。写真奥、八丁経路入り口が手書きで示されています。
物見峠の分岐付近に来ました。ベンチもあり休憩できます。
2019年05月05日 14:44撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見峠の分岐付近に来ました。ベンチもあり休憩できます。
煤ヶ谷登山道入り口のポスト
2019年05月05日 15:44撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煤ヶ谷登山道入り口のポスト
道の駅清川に無事戻りました。お疲れ様でした。
2019年05月05日 15:55撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅清川に無事戻りました。お疲れ様でした。

感想/記録

道の駅清川を起点に宝尾根経由で三峰山を周回してみました。宝尾根はタフなイメージもありましたが、植林エリアの緩い区間(ここで体力を削られます)を除き、総じて歩きやすく、痩せ尾根などの変化に富んだ区間(意外とボリュームは少ない)もあり面白いなと感じました。
このエリアには他にもバリ尾根ルートがあり、機会を見つけてトライしていきたいと思います。
訪問者数:95人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 GPS サル 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ