また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1833036 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

岩湧山と南葛城山

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間59分
休憩
52分
合計
8時間51分
S長寿水05:1105:21岩湧寺05:2405:26いわわきの道登り口06:18岩湧山東峰06:2006:30岩湧山06:3108:03大滝08:1609:55南葛城山10:0511:22五葉ノ谷辻11:29阿弥陀山前分岐11:4011:48錦命水11:53五ツ辻11:5512:01いわわきの道下り口12:20岩湧山東峰13:38いわわきの道登り口13:4013:40きゅうざかの道登り口13:4413:45岩湧寺13:4913:50四季彩館14:01長寿水14:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
茅場から千石谷への道は荒れていた
まだ下山向きとは言えない

写真

シャクナゲ
奥は岩湧寺の多宝塔
2019年05月05日 05:24撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
奥は岩湧寺の多宝塔
2
此処から登ってみた
急坂の道4/13に接続した
2019年05月05日 05:36撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処から登ってみた
急坂の道4/13に接続した
奥に金剛山も見える
2019年05月05日 06:31撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に金剛山も見える
岩湧山の山頂
2019年05月05日 06:32撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩湧山の山頂
4
岩湧山の山頂広場
誰もいませんね
2019年05月05日 06:32撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩湧山の山頂広場
誰もいませんね
山頂広場を振り返る
2019年05月05日 07:05撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場を振り返る
1
此処は注意が必要
2019年05月05日 07:35撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処は注意が必要
注意個所を振り返る
右下の滝に要注意
2019年05月05日 07:42撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意個所を振り返る
右下の滝に要注意
H-28の看板に到着
2019年05月05日 07:46撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
H-28の看板に到着
花を愛でながら
大滝を目指す
2019年05月05日 07:51撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花を愛でながら
大滝を目指す
1
ヤマブキかな?
2019年05月05日 07:56撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキかな?
2
シャガも一杯
2019年05月05日 08:01撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャガも一杯
1
真ん中が赤い花
大滝に沢山咲いていた
2019年05月05日 08:06撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中が赤い花
大滝に沢山咲いていた
2
大滝で休憩
マイナスイオン
2019年05月05日 08:07撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝で休憩
マイナスイオン
3
此処を渡って
南葛城山を目指す
2019年05月05日 08:00撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処を渡って
南葛城山を目指す
こんな笹藪を抜けた
背丈ほどある
2019年05月05日 09:43撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな笹藪を抜けた
背丈ほどある
一本杉(鏡の宿)
2019年05月05日 09:48撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本杉(鏡の宿)
南葛城山に到着!
2019年05月05日 09:57撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南葛城山に到着!
2
林道に出てダイトレへ
向かう事にした
2019年05月05日 10:19撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出てダイトレへ
向かう事にした
此処から五ケ辻へ行かず
林道を進む(^^;
2019年05月05日 11:24撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処から五ケ辻へ行かず
林道を進む(^^;
阿弥陀仏前分岐を
経由して五ケ辻
2019年05月05日 11:55撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀仏前分岐を
経由して五ケ辻
1
さっきの柵を進むと
此処に出てくる
2019年05月05日 11:56撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきの柵を進むと
此処に出てくる
四季彩館のツツジ
2019年05月05日 13:49撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四季彩館のツツジ
3
行者の滝
朝は暗くて没に…
2019年05月05日 13:55撮影 by 301SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者の滝
朝は暗くて没に…

感想/記録

今年のGWは三嶺〜剣山の縦走をしたいと思っていたが、行けなくなったので、
蓬莱山あたりも考えたんだけど、ちょい遠征でも事故りそうな精神状態なので
近場で縦走路っぽい雰囲気を楽しめそうな(山焼き後の)岩湧山へ…
山焼きのおかげで、思っていたような景色になってました。
そして、縦走感を出すのに2山目として、南葛城山にも行ってみました。
(登って下りて登ってる時点でアレですがw)

まず、岩湧寺の駐車場に駐車。ゴールデンコースをメインコースにする前は
良く来ていたが、此処は縁遠くなってしまってて3年ぶりと思う。
また父を連れて来る事にしようと思いつつ…(父は2日前の山行で筋肉痛w)
岩湧寺はシャクナゲがまだ残ってました。
道路をもう少し進んで急坂の道バリルート?を登ってみる事に…
しばらく道路を登る分、こっちの方が楽だと思いました。
「4/13」の看板がある処に到着。まだ残り9/13もあるのか…
何度も休憩しつつ山頂に到着。(急坂で1人・ダイトレで3人とすれ違う)
山頂は誰もいませんでした。誰もいないので15分ほど寝るw
起きて朝御飯を食べてたら1人登って来られた。食べ終わる前に下りていかれた。
いつもならススキで見えない処も、山焼きのおかげで下まで良く見えました。
(下まで見えると怖い人もいるかもしれませんが、景色が良く見えて良かった)

食べたら千石谷へ一旦下りていきました。落ち葉でトレースはわかり辛いですが
谷は危険なので谷の右側を歩いていく感じです。半分程進んだら渡渉して左側を
下ります。しばらく下りると倒木の注意箇所に到着。渡渉して右側らへんで倒木を
跨いでいきます。少し下に滝もあるので、滑ったりしたら危ないです。
此処を抜ければ千石谷に到着です。
(以前に通った時は明確なトレースがありましたが、今は全然でした)
一旦、大滝まで行く事にし、花を愛でながら林道を下って行きました。
本当に沢山の花が咲いてました。大滝でタオルを濡らしたり休憩してから
少し登り返して南葛城山へ出発しました。
渡渉して右上方向へ進みます。此処もかなり急ですので、何度も休憩をしながら
登りました。看板には90分と書いてますが、それ以上の時間を要しました。
途中でリス?が凄い速さで私を追い抜いて行った。ジャンプで木から木へ
飛んだ時はモモンガかとも思いましたが、両腕を広げては無かった。
後、笹藪が酷かったです。笹藪を抜けたら一本杉(鏡の宿)でした。
南葛城山の山頂を見に行きました。(此処に三角点は無いっぽかった)
しばらく休憩してダイトレ経由で帰る事にします。

一本杉まで戻り、ダイトレ方面の真っ直ぐへ進まず右へ下る。すぐに林道に出た。
林道を歩いた方が早く戻れそうな気がしたんです。が、余り変わらないと思ったw
誤算としては林道の方が影が少な目。なので濡れタオルが凄い勢いで乾いていく。
ダイトレに着く頃にはタオルはカラカラでした。
ダイトレの「阿弥陀仏前分岐」に到着。此処からダイトレは人が多かった。
というか、千石谷へ下り始めてから此処まで誰とも会いませんでした。
此処で休憩してダイトレで戻っていきました。
途中、錦の命水という処で水が出てましたが、コップ1杯溜めるのに1分程かかる。
もう少し出て欲しかったが、コップ1杯分だけタオルを濡らした。
(このコップ1杯でも、一応、下山まで濡れてたのが良かった)
五ケ辻を抜け、昼御飯も岩湧山で食べようとダイトレを進みました。
岩湧山手前のトイレを使った時に、体温が熱い?事に気付く。
熱中症の症状が出てきているのではないかと疑いました。
水分補給と休憩は一杯してたけど、濡れタオルがカラカラだったせいかも?
念のため、日陰で長めの休憩をし、日陰が無い山頂へは行かず下山する事に…
何度か休憩をとりつつ無事に下山。タオルを水で濡らして日陰の車内で休憩。
(山行中もだけど、防虫剤してても虫が一杯寄ってきてたので…)
ちゃんと体温下げてから帰りました。

ということで、やはり熱中症の兆候だったようです。
いつもなら水だけ容れたペットボトルを用意してあるんだけど、
何か抜けてしまう精神状態の時って、こういう事をしてしまうんだと…
今回、この点で気が回っていなかったと反省。
でも熱中症になる前に気付いて良かったです。(これが救いw)
以前の反省は役立っていたという事ですね(^^)
波乱万丈に読める文面かもしれませんが、楽しく心癒される山行でした。
訪問者数:151人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ