また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1834999 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

塩水橋〜丹沢山〜鬼ヶ岩の頭

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間44分
休憩
1時間34分
合計
11時間18分
S塩水橋06:0006:23天王寺橋06:2406:43天王寺峠06:5007:46モチゴヤノ頭(蜘蛛ヶ淵ノ頭)07:5808:38檜ノタツマ08:3908:54天王寺尾根分岐08:5709:10大崩ノタツマ(大クドレ)09:1109:54丹沢山09:5909:59みやま山荘10:0010:07丹沢山10:1210:14みやま山荘10:2410:26丹沢山10:2810:47早戸川乗越11:04箒杉沢ノ頭11:0511:11不動ノ峰休憩所11:1611:23不動ノ峰11:2411:38棚沢ノ頭11:3911:56鬼ヶ岩ノ頭11:5712:11鬼ヶ岩12:1512:23鬼ヶ岩ノ頭12:2412:38棚沢ノ頭12:52不動ノ峰12:5313:04不動ノ峰休憩所13:1413:19箒杉沢ノ頭13:2013:31早戸川乗越13:3413:59丹沢山14:0014:04みやま山荘14:05丹沢山14:1114:15みやま山荘14:2114:50大崩ノタツマ(大クドレ)14:57天王寺尾根分岐14:5816:03雨量計16:30ワサビ沢出合16:3317:16塩水橋17:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし

出発時刻/高度: 05:57 / 431m
到着時刻/高度: 17:18 / 434m
合計時間: 11時間21分
合計距離: 16.97km
最高点の標高: 1593m
最低点の標高: 424m
累積標高(上り): 1526m
累積標高(下り): 1504m

Myアイテム  

isk145 重量:-kg

写真

昨日のような雷雨になりませんように
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日のような雷雨になりませんように
1
6:00前スタートでほぼ満車。VIP場所に1台駐車アリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:00前スタートでほぼ満車。VIP場所に1台駐車アリ。
今回は天王寺尾根から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は天王寺尾根から
尾根に取り付くまで直登とつづら折りを繰り返す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に取り付くまで直登とつづら折りを繰り返す
天王寺尾根に取り付く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天王寺尾根に取り付く
最初は急な尾根道が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は急な尾根道が続く
サルノコシカケ科
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルノコシカケ科
マメザクラがまだ見ごろ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マメザクラがまだ見ごろ
2
梯子と鎖場を無事通過の図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子と鎖場を無事通過の図
ケンタもやったぜ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケンタもやったぜ!
2
表尾根遥か先に三ノ塔
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根遥か先に三ノ塔
丹沢山へ向かう最後の木道階段。
私の左手へ下るとプロペラがあるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山へ向かう最後の木道階段。
私の左手へ下るとプロペラがあるらしい。
1
kentanoさんとケンタが前回ココに来た3/M、緑の方もいらしており、その時に撮ったショットを見せていただく図。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kentanoさんとケンタが前回ココに来た3/M、緑の方もいらしており、その時に撮ったショットを見せていただく図。
5
kentanoさんもうれしそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kentanoさんもうれしそう
5
いつもケンタは人気者
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもケンタは人気者
6
右手奥の蛭を目指す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手奥の蛭を目指す
ココを下って登り返す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココを下って登り返す
1
塔ノ岳の尊仏山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳の尊仏山荘
1
塔ノ岳から鍋割沢に下りる稜線。
去年下ったけど長かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳から鍋割沢に下りる稜線。
去年下ったけど長かった。
左正面は檜洞丸、右手が蛭。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左正面は檜洞丸、右手が蛭。
1
うぇ〜また下るのか〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うぇ〜また下るのか〜
残念ながらココでギブアップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながらココでギブアップ
思った以上に足の筋力落ちてた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思った以上に足の筋力落ちてた
この南斜面を熊木沢から直登するなんてゾッとする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この南斜面を熊木沢から直登するなんてゾッとする
丹沢山に戻り、同じテーブルに座っていた親子さんと談笑。
前日鍋割山にいた時落雷に遭い、亡くなった方を目の当たりにされたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山に戻り、同じテーブルに座っていた親子さんと談笑。
前日鍋割山にいた時落雷に遭い、亡くなった方を目の当たりにされたそうです。
初めて右手からワサビ沢出合までショートカット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて右手からワサビ沢出合までショートカット
最初下からトライした際、ココを見落として右手奥まで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初下からトライした際、ココを見落として右手奥まで。
〜kentano撮影〜
ぎろぎろの木の根道。 
歩きやすいけどね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〜kentano撮影〜
ぎろぎろの木の根道。 
歩きやすいけどね。
1
〜kentano撮影〜
天神尾根で疲労困憊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〜kentano撮影〜
天神尾根で疲労困憊
1
〜kentano撮影〜
こんな岩場もぐいぐい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〜kentano撮影〜
こんな岩場もぐいぐい。
7
〜kentano撮影〜
このリードのテンション。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〜kentano撮影〜
このリードのテンション。
5
〜kentano撮影〜
もはや飼い主を牽引している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〜kentano撮影〜
もはや飼い主を牽引している。
8
〜kentano撮影〜 
フウロかな?
→キクザキイチゲ(菊咲一華、キンポウゲ科)だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〜kentano撮影〜 
フウロかな?
→キクザキイチゲ(菊咲一華、キンポウゲ科)だった。
1
残念ながら丹沢山から蛭の稜線踏破ならず(T_T)
2019年05月06日 13:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら丹沢山から蛭の稜線踏破ならず(T_T)
1

感想/記録
by isk145

2/Mに左ひざボルト抜釘後、初めてのロング。
足の筋力が落ちており、蛭を目前に鬼ヶ岩まで行きましたが、戻りの時間を考え勇気ある撤退。

丹沢山から蛭ヶ岳間の踏破線は、あと一歩でつながらず。

感想/記録

isk145さん、レコのアップありがとうございます。
昨年8月の台風24号の際、ひざの皿をわる被害に会われて9ヶ月足らず。
まずまずの回復振りではないでしょうか。
16.97km/11時間21分は、なかなかな負荷のかけっぷりかと。
”急がずしかし休まず”です。
少ないですが私の写真もアップします。
訪問者数:188人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/30
投稿数: 17
2019/5/6 22:49
 kentanoさん
今回もケンタとお付き合い頂き、ありがとうございました。

体も重くなっていたし、爪先のケアをしていなかった事。

行きも堂平からピストンにしていれば、蛭まで行けたかもしれませんね。

2016.11に堂平から登った時は3.5h、今回天王寺尾根からでは4h。

ナイトハイク前に、トレーニング登山よろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ