また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1835672 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
6時半に瑞牆山荘前の無料駐車場に到着。9割ほど埋まっていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
1時間10分
合計
6時間4分
S瑞牆山荘06:3906:54富士見平林道交差07:11富士見平林道終点07:15富士見平湧水07:1607:20富士見平小屋07:2407:39小川山・瑞牆山分岐07:4007:45天鳥川出合07:4607:49桃太郎岩08:31大ヤスリ岩08:3808:43瑞牆山08:4508:48弘法岩黒森分岐08:57瑞牆山09:3909:44弘法岩黒森分岐09:4611:07不動滝11:1211:45小川山林道終点11:4611:52小川山林道芝生広場分岐12:07みずがき山自然公園12:1112:43瑞牆山荘12:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険なところはない。頂上までの最後の岩場は、雪が固まった氷があり、滑るので要注意。軽アイゼンがあると安心。
復路は、不動滝へ下ったが、弁天岩あたりまで雪と氷が続き気が抜けない。岩などに捕まるので、軍手は必須。

装備

個人装備 ウール長袖 長袖フリース 黒長パンツ(バーブパンツ) 厚手靴下 レインウェア上着 帽子 軍手

写真

富士見平小屋近くの湧き水。今日も、汲んでいく。
2019年05月05日 07:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋近くの湧き水。今日も、汲んでいく。
1
ゴロゴロ岩が続く道。
2019年05月05日 07:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴロゴロ岩が続く道。
時々このような鎖場。
2019年05月05日 08:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々このような鎖場。
おお、頂上はもう直ぐのはず!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、頂上はもう直ぐのはず!
金峰山と富士山〜♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山と富士山〜♪
1
不動岩。なかなかの景観。下りは、ずっと小川沿いの道。水が透明で花崗岩の白い砂に映えて綺麗でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岩。なかなかの景観。下りは、ずっと小川沿いの道。水が透明で花崗岩の白い砂に映えて綺麗でした。
1
キャンプ場から見る瑞牆山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場から見る瑞牆山
撮影機材:

感想/記録

去年、金峰山に登った折に見送った瑞牆山へ行った。岩場が続き、結構きついというのが感想。あの時見送っていて正解。天候に恵まれ、頂上からの眺めは最高。浅間連峰から金峰山までぐるりと見渡せた。
頂上も大変暖かであったが、日によっては相当寒いのかもしれない。頂上から弁天岩までの氷と雪は予測しておらず、難儀した。事前の情報入手が大事と反省。
瑞牆山荘と瑞牆山の往復とせずに、復路は、不動滝を通る周回コースとした。最後のキャンプ場から瑞牆山荘までの道が、若干の登りで単調で疲れた。
でも、金峰山と共に楽しい山です。
訪問者数:175人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ