また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1836720 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

【丹沢】西丹沢ビジターセンター〜ツツジ新道〜檜洞丸

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
0710新松田駅 ⇒ 西丹沢ビジターセンター
1180円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
2時間3分
合計
8時間38分
S西丹沢ビジターセンター08:3908:47ツツジ新道入口08:5309:40ゴーラ沢出合09:5110:56展望台11:0612:17ツツジ新道・石棚山稜分岐12:2612:46檜洞丸12:4812:52青ヶ岳山荘12:5913:03檜洞丸14:1014:25ツツジ新道・石棚山稜分岐14:2615:26展望台16:24ゴーラ沢出合16:2617:00ツツジ新道入口17:0817:16西丹沢ビジターセンター17:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 うどん カレー 温泉卵 玉葱 刻みネギ グレープフルーツ 行動食 水・飲み物6L

写真

新松田駅から一時間程で西丹沢ビジターセンターに到着。バスの座席が硬くて尻が痺れる。普段の土日より人がかなり多い。
2019年05月05日 08:52撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新松田駅から一時間程で西丹沢ビジターセンターに到着。バスの座席が硬くて尻が痺れる。普段の土日より人がかなり多い。
相棒は初の西丹沢。そのため今回は最短ルートの西丹沢ビジターセンター⇔檜洞丸のピストンを選択。疲れてくる帰路も一度通った道なら少しは安心して歩けるはず。
2019年05月05日 09:03撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相棒は初の西丹沢。そのため今回は最短ルートの西丹沢ビジターセンター⇔檜洞丸のピストンを選択。疲れてくる帰路も一度通った道なら少しは安心して歩けるはず。
2
登山口からしばらくは右手に川を聴きながら進む。相棒は鹿に会えることを期待していたが、結局会えず。
2019年05月05日 09:11撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からしばらくは右手に川を聴きながら進む。相棒は鹿に会えることを期待していたが、結局会えず。
陽射しは強いが暑くはない。非常に歩きやすい道でサクサク進む。
2019年05月05日 09:21撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽射しは強いが暑くはない。非常に歩きやすい道でサクサク進む。
所々で木橋を渡る。飛び出している釘の頭に靴が引っ掛かりヒヤリとした。
2019年05月05日 09:31撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々で木橋を渡る。飛び出している釘の頭に靴が引っ掛かりヒヤリとした。
『ゴーラ沢出合』に到着。水が少なくて渡渉はらくらく。河原の石は気味が悪いくらい白い。
2019年05月05日 09:58撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『ゴーラ沢出合』に到着。水が少なくて渡渉はらくらく。河原の石は気味が悪いくらい白い。
『展望園地』へ向かう。道はゆるゆると登っており非常に歩きやすい。よく踏まれているので通常ならば迷うことはなさそう。
2019年05月05日 10:07撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『展望園地』へ向かう。道はゆるゆると登っており非常に歩きやすい。よく踏まれているので通常ならば迷うことはなさそう。
オトシブミが落ちていた。道中に転がっているオトシブミを脇に放り投げながら進む。
2019年05月05日 10:28撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトシブミが落ちていた。道中に転がっているオトシブミを脇に放り投げながら進む。
原始的な舗装路。
2019年05月05日 10:38撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原始的な舗装路。
展望園地から展望できるわずかな景色。景色が一望できる場所だと思っていた相棒は落胆。展望がないことはあえて教えていなかった。
2019年05月05日 11:10撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望園地から展望できるわずかな景色。景色が一望できる場所だと思っていた相棒は落胆。展望がないことはあえて教えていなかった。
展望園地から檜洞丸手前の分岐まで直登する。小まめに休息を取りつつ進む。
2019年05月05日 11:38撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望園地から檜洞丸手前の分岐まで直登する。小まめに休息を取りつつ進む。
ゼンマイ。つつじ新道は花の時期が終わったようで花はほとんど残っていなかった。
2019年05月05日 12:02撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゼンマイ。つつじ新道は花の時期が終わったようで花はほとんど残っていなかった。
分岐から檜洞丸へ向かう途中に長い木道があり、バイケイソウが群生している。花の時期に来てみたい。
2019年05月05日 12:45撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から檜洞丸へ向かう途中に長い木道があり、バイケイソウが群生している。花の時期に来てみたい。
2
檜洞丸に到着。青ヶ岳山荘はすぐそこにあるが1分半では行けない。
2019年05月05日 13:02撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸に到着。青ヶ岳山荘はすぐそこにあるが1分半では行けない。
青ヶ岳山荘。
2019年05月05日 13:07撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ヶ岳山荘。
青ヶ岳山荘からの展望。
2019年05月05日 13:07撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ヶ岳山荘からの展望。
青ヶ岳山荘からの展望。蛭ヶ岳方面。
2019年05月05日 13:10撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ヶ岳山荘からの展望。蛭ヶ岳方面。
2
檜洞丸に戻ってのんびり昼食。本日の昼食は『うっかりシェフのカレーうどん 炒めタマネギと温泉卵を添えて』でございます。肉があるとなお良し、との御言葉を頂戴した。
2019年05月05日 13:33撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸に戻ってのんびり昼食。本日の昼食は『うっかりシェフのカレーうどん 炒めタマネギと温泉卵を添えて』でございます。肉があるとなお良し、との御言葉を頂戴した。
初めての道に緊張を強いられた相棒は、昼食を平らげたあと心安らかに昇天した。
2019年05月05日 14:15撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めての道に緊張を強いられた相棒は、昼食を平らげたあと心安らかに昇天した。
檜洞丸からツツジ新道へ戻る。相棒はカレーパワーなのかエネルギーがみなぎっていた。
2019年05月05日 14:24撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸からツツジ新道へ戻る。相棒はカレーパワーなのかエネルギーがみなぎっていた。
石棚山稜分岐から展望園地へ向かう途中の景色。巨人が並んでいるような山々が面白い。
2019年05月05日 14:43撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石棚山稜分岐から展望園地へ向かう途中の景色。巨人が並んでいるような山々が面白い。
ここらは段差が多いので梯子が多い。慎重に進む。
2019年05月05日 14:59撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらは段差が多いので梯子が多い。慎重に進む。
展望園地を抜けてゴーラ沢出合へ向かう。
2019年05月05日 15:51撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望園地を抜けてゴーラ沢出合へ向かう。
原始的な舗装路。
2019年05月05日 16:11撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原始的な舗装路。
ゴーラ沢出合の手前のベンチ。
2019年05月05日 16:29撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合の手前のベンチ。
沢が見えてきた。
2019年05月05日 16:35撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が見えてきた。
再びのゴーラ沢出合。
2019年05月05日 16:39撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びのゴーラ沢出合。
ゴーラ沢出合。
2019年05月05日 16:42撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合。
人口林がモミアゲのように盛り上がっている。
2019年05月05日 16:58撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人口林がモミアゲのように盛り上がっている。
登山口に到着。熊にも鹿にも会うことはなかった。
2019年05月05日 17:22撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。熊にも鹿にも会うことはなかった。
時刻を勘違いしており、1705のバスには乗れず。近くの河原を散策することに。
2019年05月05日 17:49撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時刻を勘違いしており、1705のバスには乗れず。近くの河原を散策することに。
ここにもユーシンブルーが。河原を堪能する。
2019年05月05日 18:02撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもユーシンブルーが。河原を堪能する。
この後は最終バスで無事に新松田駅へ。お疲れ様でした。
2019年05月05日 18:15撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後は最終バスで無事に新松田駅へ。お疲れ様でした。
(おまけ)ユーシンロッジへ向かう岩崩隧道方面は崩落で通行不可らしい。
2019年05月05日 18:38撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)ユーシンロッジへ向かう岩崩隧道方面は崩落で通行不可らしい。
訪問者数:188人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ