また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1843239 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

蕎麦粒山から川苔山〜ジジイもちょっとロングに挑戦!

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
奥多摩駅から東日原は西東京バス。休日の朝は、定時のバスのほか、どんどん臨時バスが出るみたい。予定より10分ぐらい着くことができました。
帰りは鳩ノ巣駅から。奥多摩駅からはホリデー快速使う人が多いのか、ガラガラでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
50分
合計
7時間30分
S東日原バス停09:0010:07滝入ノ峰(大蛇居)10:27横篶山10:58一杯水避難小屋11:0511:10一杯水11:1311:33棒坑尾根分岐11:56仙元峠12:08蕎麦粒山12:3512:58桂谷ノ峰12:5913:13オハヤシの頭13:18日向沢ノ峰13:2013:43踊平13:59横ケ谷平14:0014:05ヨウヘイギノ頭14:14曲ヶ谷北峰14:22川苔山14:2914:40舟井戸16:00大根ノ山ノ神16:0216:20熊野神社分岐16:30町営鳩ノ巣駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蕎麦粒山の手前、仙元峠を巻く道、ちょっとヤバかったです。あそこは稜線を行った方がいいです。
その他周辺情報鳩ノ巣駅前、立派な斎場がありますよ。かんけーない?。そこではビール売ってません。となりで売ってます。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

臨時バスに乗れたので、東日原スタートちょっと早くなりました。もう、次のバスが到着しています。あれが定時のバスかな。
2019年05月11日 08:58撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臨時バスに乗れたので、東日原スタートちょっと早くなりました。もう、次のバスが到着しています。あれが定時のバスかな。
10
あの家の前の細い道を登っていくのですね。柵がありますが、あれがないとちょっとコワいような道です。
2019年05月11日 09:00撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの家の前の細い道を登っていくのですね。柵がありますが、あれがないとちょっとコワいような道です。
4
セリバヒエンソウですかね。去年も咲いていました。
2019年05月11日 09:07撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セリバヒエンソウですかね。去年も咲いていました。
24
この、登り初めの所だけにいっぱい咲くんです。
2019年05月11日 09:12撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この、登り初めの所だけにいっぱい咲くんです。
11
杉の植林の中の急坂。黙々と登るしかありません。
2019年05月11日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の植林の中の急坂。黙々と登るしかありません。
5
50分くらい登るとトラバースになります。
2019年05月11日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50分くらい登るとトラバースになります。
4
まだまだトラバース。ただし、自然林の中の道になります。
2019年05月11日 10:09撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだトラバース。ただし、自然林の中の道になります。
6
やっと尾根に出ると向こう側が見えてきます。昨年歩いた長沢背稜ですね。
2019年05月11日 10:17撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと尾根に出ると向こう側が見えてきます。昨年歩いた長沢背稜ですね。
5
後半は気持ちのいい尾根道になります。
2019年05月11日 10:27撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半は気持ちのいい尾根道になります。
7
フトモモちゃん!じゃなくてフモトちゃんですね。
2019年05月11日 10:28撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フトモモちゃん!じゃなくてフモトちゃんですね。
21
ミツバツチグリでしょうか。
2019年05月11日 10:28撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツチグリでしょうか。
13
たくさん咲いていました。
2019年05月11日 10:30撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさん咲いていました。
6
あとはお馴染み、タチツボスミレ。
2019年05月11日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはお馴染み、タチツボスミレ。
17
一杯水の避難小屋に着きました。去年はたくさん人がいたのに…。
2019年05月11日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水の避難小屋に着きました。去年はたくさん人がいたのに…。
6
そのワケがわかりました。避難小屋の裏手にたくさん咲いていたシロヤシオ、影もカタチもありません。それと、有間峠への林道の名栗側が通れないって聞いたんで、それもあるのかな?
2019年05月11日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのワケがわかりました。避難小屋の裏手にたくさん咲いていたシロヤシオ、影もカタチもありません。それと、有間峠への林道の名栗側が通れないって聞いたんで、それもあるのかな?
8
今回は三ツドッケには寄りません。一杯水、ジャカジャカ出ています。
2019年05月11日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は三ツドッケには寄りません。一杯水、ジャカジャカ出ています。
5
稜線はやっと芽吹いたばっかり…って…。
2019年05月11日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線はやっと芽吹いたばっかり…って…。
3
ワチガイソウがたくさん咲いていました。
2019年05月11日 11:24撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワチガイソウがたくさん咲いていました。
16
これはヒゲネ〜ではなくって、ワチガイソウみたいです。
2019年05月11日 11:24撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはヒゲネ〜ではなくって、ワチガイソウみたいです。
38
ハウチワカエデの仲間ですね。
2019年05月11日 11:24撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハウチワカエデの仲間ですね。
5
木の間から蕎麦粒山が見えてきました。
2019年05月11日 11:39撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から蕎麦粒山が見えてきました。
4
ここにもフモトスミレ。
2019年05月11日 11:48撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもフモトスミレ。
18
それで、蕎麦粒山。オジサン単独行ばっかり4人の山頂でした。
2019年05月11日 12:11撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それで、蕎麦粒山。オジサン単独行ばっかり4人の山頂でした。
17
山頂の石が蕎麦粒みたいなので…なんて由来があるって聞いたんですが…これ?
2019年05月11日 12:11撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の石が蕎麦粒みたいなので…なんて由来があるって聞いたんですが…これ?
4
こっち側の眺めが開けています。今日初めて開けたところに出てきたわけですね。
2019年05月11日 12:11撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっち側の眺めが開けています。今日初めて開けたところに出てきたわけですね。
7
遠くは川苔山ですね。
2019年05月11日 12:11撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くは川苔山ですね。
5
ちょっと下ると、大岳山と手前に本仁田山。
2019年05月11日 12:39撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと下ると、大岳山と手前に本仁田山。
4
こういう道です。
2019年05月11日 12:44撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう道です。
4
石尾根とかを連想します。
2019年05月11日 12:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根とかを連想します。
2
初めのうちは登り下りが激しいです。
2019年05月11日 12:48撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めのうちは登り下りが激しいです。
7
そんな道端にちょっと色っぽいフトモモちゃん、いやフモトスミレ。
2019年05月11日 12:51撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな道端にちょっと色っぽいフトモモちゃん、いやフモトスミレ。
18
まさか希少種じゃーないでしょうね。このあたり、いっぱい咲いていました。
2019年05月11日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさか希少種じゃーないでしょうね。このあたり、いっぱい咲いていました。
38
蕎麦粒山を振り返ります。
2019年05月11日 12:55撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山を振り返ります。
7
このあたり、小さなタチツボスミレ、たくさん咲いていたんですが、これ、コタチツボスミレとか名前付いてるのかな?
2019年05月11日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり、小さなタチツボスミレ、たくさん咲いていたんですが、これ、コタチツボスミレとか名前付いてるのかな?
11
とっても気持ちのいい道ですよー!
2019年05月11日 13:16撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とっても気持ちのいい道ですよー!
8
日向沢の頭です。
2019年05月11日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向沢の頭です。
5
なんかスゴク眺めがいいんです。さっきまでいた蕎麦粒山ですね。
2019年05月11日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかスゴク眺めがいいんです。さっきまでいた蕎麦粒山ですね。
10
御前山と遠く三頭山。
2019年05月11日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山と遠く三頭山。
7
その先もこんな道。
2019年05月11日 13:26撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先もこんな道。
3
蕎麦粒山と遠く三ツドッケ。
2019年05月11日 13:28撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山と遠く三ツドッケ。
9
その先は川苔山に向かっての急降下。
2019年05月11日 13:30撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は川苔山に向かっての急降下。
5
その途中、今日一番の展望地でした。このあたり、あんまり知られていないけど、なかなかいい所でした。
2019年05月11日 13:34撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その途中、今日一番の展望地でした。このあたり、あんまり知られていないけど、なかなかいい所でした。
12
当初の予定では踊平から大丹波川の谷に下る予定でしたが、なんと、その道、通行止め!
2019年05月11日 13:51撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当初の予定では踊平から大丹波川の谷に下る予定でしたが、なんと、その道、通行止め!
3
しかたなく、川苔山方面へ歩みを進めます。それなら、川苔山越えちゃおうか…!
2019年05月11日 13:53撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかたなく、川苔山方面へ歩みを進めます。それなら、川苔山越えちゃおうか…!
3
川苔山へ向かっても気持ちのいい道が続きます。
2019年05月11日 13:55撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山へ向かっても気持ちのいい道が続きます。
5
えー!まだアカヤシオなんだ!
2019年05月11日 14:11撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えー!まだアカヤシオなんだ!
33
川苔山が近づくと、人々の歓声が聞こえてきます。この先の分岐でこれまでとは全く違った世界に…。
2019年05月11日 14:17撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山が近づくと、人々の歓声が聞こえてきます。この先の分岐でこれまでとは全く違った世界に…。
3
もう2時半なのにうじゃうじゃと…。
2019年05月11日 14:24撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう2時半なのにうじゃうじゃと…。
19
雲取山方向にだけ眺めが開けています。
2019年05月11日 14:23撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山方向にだけ眺めが開けています。
8
あれは越えてきた蕎麦粒山だな!
2019年05月11日 14:27撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは越えてきた蕎麦粒山だな!
6
こんな自然林もここだけ。このあと、ずっと杉の植林の中の道でした。
2019年05月11日 14:39撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな自然林もここだけ。このあと、ずっと杉の植林の中の道でした。
8

感想/記録
by tsu-pm

【ロングコースに挑戦】
 夏を意識して、ちょっとロングコースを…ってことで…。
本当は踊平から大丹波川に降りて、清東橋からバスで…と考えていたのですが…、なんと、踊平から獅子口小屋跡までの道が通行止め!。その先から獅子口小屋へと降りる道もあったのですが、ここまで来たら川苔山まで行っちゃえ…って…。
 でも、最後の下りはかなり堪えました。やっぱりトシのせい?。

【静かな蕎麦粒山&喧騒の川苔山】
 GWが終わっても、やっぱり週末の奥多摩駅の朝のスゴさといったら…。ホリデー快速で行っても、8時35分のバス、間に合うハズなのですが、一本早い電車で行って正解。それでも、臨時で出た川苔橋行のバスは満員(ホリデー快速到着する前に!)。次いで来たのが臨時の東日原行。これももちろん満員。でも、川苔橋から先は立っている人いないくらいに…。
 東日原には続々とバスが到着します。しかし、多くは鷹ノ巣山あるいは日原川上流方面へ…。私の後に続いたのは3人くらい?。その先も1人に抜かされたくらい。一杯水の避難小屋のあたりにはだれもいないし…、その先も一人とすれ違ったくらい。
 蕎麦粒山の山頂には、なぜかソロのオジサンばっかり4人。
 …朝の奥多摩駅の喧騒とはずいぶん違う…!

 しかし、これが、川苔山近づくと…すごいもんですねー。だいたい山自体から「きゃーきゃー」って声が聞こえるみたい…。もう2時半なのに、外国人はいるわ、ドローン飛ばしてるのがいるわ…、子連れの団体がいるわ…、宴会してるオジサングループいるわ…。
 そりゃそうだろうねー!。あれだけ川苔橋で降りたんだから…。 

【春はまだ…!?】
 昨年、ちょうど同じ時期に長沢背稜を歩いた時は、ミツバツツジが満開。一杯水の避難小屋の裏、三ツドッケの登り口のあたり、シロヤシオがきれいだったのに…、今年は何もないんです。明らかにやっと芽吹いたばかり…。
 …そうだよねー!。昨年が異常に速かったんだよねー。今年がフツーなんだよねーって、ちょっとガッカリでした。
 それでも、そんな山稜を歩くのは気持ちよかったです。ヨコスズ尾根の上の方から川苔山にかけて、杉林の植林がほとんどないのがいいですね。
訪問者数:709人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/7
投稿数: 1446
2019/5/14 22:35
 シロヤシオ まだですか
tsu-pmさん こんばんわー(*‘∀‘)

いつもオヤジギャク炸裂のレコ 楽しく拝見させていただいてます😁
長沢背稜のシロヤシオはいつ頃になるのかなぁと気にしていたら
まだま〜だみたいですね
自分のレコをみると去年は早すぎたみたいですが一昨年は5月末に満開でしたね
これではまた同じコースを歩くようですかね
広河原逆川線 名栗からは5月26日に開通予定みたいなので
開通したらいってみようかなぁ

ちょっとロング?じゅうぶんロングですよ
ロングハイクお疲れさまでした😊

 
登録日: 2014/10/3
投稿数: 183
2019/5/15 1:02
 お疲れさまでした!
tsu-pmさん、こんばんは。
先日は、どうもありがとうございました!

静寂と喧騒の縦走どうもお疲れさまでした!
"ここまで来たら川苔山まで行っちゃえ…って…"、
さらっと言えるなんて、体力ありますね💪
私には真似できません💦
素敵な📷写真と共に、楽しいコメントの数々を拝見しては、
軽快に歩かれるtsu-pmさんの姿が思い浮かびました(^_^)
珍しい色合いの❀フトモモちゃん(笑)、
貴重な大発見に繋がるといいですね!
登録日: 2013/10/20
投稿数: 548
2019/5/15 8:45
 Re: シロヤシオ まだですか
YYTAIさん、こんにちは。
やっぱり早すぎましたね。
昨年が異常に早かったんですね。それをすっかり忘れていました。
ヨコスズ尾根の急登をこなして、尾根に上がった途端、
なんだか、昨年と違う雰囲気…。
一杯水避難小屋のあたり、だれもいないし、ほとんど早春の風情!
だいたい、川苔山の近くの1本だけのアカヤシオが咲いているくらいですから…。

でも、裏川苔のあの道(蕎麦粒山〜川苔山)とっても気に入りました。
静かなのがいいですね。

でも最後はちょっと疲れました。
トイレを我慢しながらトバシてくる小学生にも抜かれ…(笑)。
でも、これくらいやっとかないとね!

5月下旬!。シロヤシオ、今年はそれくらいになるかもしれませんね。
登録日: 2013/10/20
投稿数: 548
2019/5/15 8:58
 Re: お疲れさまでした!
keigoさん、こんにちは。
川苔山の裏のあたり、
奥多摩でもこんなに静かなところがあるんだ!
…って思うくらい静かで、快適なところでした。
朝方、奥多摩駅で見たあの人込み、どこへ行っちゃったんだ?…って…。
でも、最後にいましたねー(笑)

それで、結局は、あの場合、川苔山越えるのが一番速かったんですよね。
遠回りして谷に下ってもバスの時間は限られているし、
川井駅まで全部歩いたらさらに遅くなっちゃいます。
あれ(川苔山)越えなけりゃ〜帰れないんだ…って、ちょっとアセって登ったら、
(火事場のバカ力?)…まだ、うじゃうじゃと…。
「なーんだ」って、すっかり力が抜けてしまいました。

そう、あのスミレも、別に珍しいのじゃ〜ないみたいですね。
ふつーのフトモモみたいですよ!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ