また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1843578 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳(なかなかの残雪期大雪渓)

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

5:50猿倉荘→ 6:50白馬尻7:06→ 10:43白馬岳頂上小屋10:53→ 11:20白馬山荘→ 11:40白馬岳11:50→ 12:07白馬山荘→ 12:10昼食12:30→ 12:35白馬岳頂上山荘→ 14:23白馬尻→ 15:10猿倉荘
コース状況/
危険箇所等
■デブリ: 大雪渓の下半分に、大きなデブリの跡がありましたが、最近のものではなさそうです。
■落石: 大雪渓の上の方を登っているときに、杓子岳側から3回ほど落石を見ました。3回とも15cmほどの大きさ。その中の1回は、小さいものを含めて20個ほどの石が一度に転がっていきました。あまり杓子岳沿いは通らない方がいいかもしれません。効果はわかりませんが、念のため、ヘルメット着用。
■クラック: 大雪渓上部の急斜面などに、クラックがあります。上の方から見ていても気がつきませんので、気をつけて。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

6時前の猿倉荘の駐車場、GW明けのためか、思っていたより空いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時前の猿倉荘の駐車場、GW明けのためか、思っていたより空いていました。
2
まずは、白馬尻まで林道歩き。まだ雪がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、白馬尻まで林道歩き。まだ雪がありました。
1
白馬尻に到着、山荘はまだこの雪の下。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻に到着、山荘はまだこの雪の下。
2
アイゼンを付けて、アウターを脱いで出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンを付けて、アウターを脱いで出発。
この辺りは、デブリの跡がたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、デブリの跡がたくさん。
1
デブリの脇を通って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリの脇を通って、
デブリの山を越えて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリの山を越えて、
1
うわー、やばいね、ひとり言を言いながら、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うわー、やばいね、ひとり言を言いながら、
先行者の後を追います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者の後を追います。
振り返って、やっぱりすごいね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、やっぱりすごいね。
この急な斜面を上がると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急な斜面を上がると、
1
デブリの跡がない大雪渓、最高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリの跡がない大雪渓、最高。
2
振り返って、やっぱりやばいね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、やっぱりやばいね。
美しいね。夏のようなスプーンカットでない残雪の上を歩きます。赤いチョークもありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいね。夏のようなスプーンカットでない残雪の上を歩きます。赤いチョークもありません。
3
ここからすぐのようで、なかなか遠い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからすぐのようで、なかなか遠い。
でも、最高の景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、最高の景色。
1
広角にするとこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広角にするとこんな感じ。
2
前の人たちに近づいてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の人たちに近づいてきた。
1
振り返ると、自分が急斜面を登ってきたことがよくわかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、自分が急斜面を登ってきたことがよくわかる。
1
かっこよい杓子岳の岩が迫ってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かっこよい杓子岳の岩が迫ってくる。
この辺りだったかな、20cmぐらいの岩が3回ほど転がり落ちていった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りだったかな、20cmぐらいの岩が3回ほど転がり落ちていった。
1
葱平(ネブカッピラ)の手前。さらに斜度は上がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葱平(ネブカッピラ)の手前。さらに斜度は上がる。
正面に高妻山など頚城の山々が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に高妻山など頚城の山々が
2
ここは、たいへん急だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは、たいへん急だった。
登っても、まだまだ先がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っても、まだまだ先がある。
振り返ると、杓子岳。絵になるね、ほんと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、杓子岳。絵になるね、ほんと。
4
この辺りは、お花畑になるところ。頂上宿舎も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは、お花畑になるところ。頂上宿舎も見えてきた。
ここが、またまた急斜面。なかなか登っていかない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが、またまた急斜面。なかなか登っていかない。
頭の上には、おもしろい雲が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭の上には、おもしろい雲が
5
白馬鑓も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓も見えてきた。
頂上宿舎、まだ雪に囲まれ冬眠中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上宿舎、まだ雪に囲まれ冬眠中。
頂上宿舎の上の平らなところに出ると、とうとう山頂も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上宿舎の上の平らなところに出ると、とうとう山頂も見えてきた。
2
そこから、頂上宿舎。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから、頂上宿舎。
立山方面も、良く見えてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山方面も、良く見えてます。
旭岳、この時は登っている人はいませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳、この時は登っている人はいませんでした。
アイゼンは脱いで登ることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンは脱いで登ることにしました。
1
雪倉岳と朝日岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳と朝日岳。
1
久しぶりの雷鳥さんとの出会い、雌が2羽に、雄が1羽。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの雷鳥さんとの出会い、雌が2羽に、雄が1羽。
6
白馬山荘。山頂はすぐそこに見えるのですが、もうヘロヘロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘。山頂はすぐそこに見えるのですが、もうヘロヘロ。
やっと白馬岳山頂、久しぶりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと白馬岳山頂、久しぶりです。
5
北方面の写真をゆっくり撮ろうかとファインダーを覗いてたら、またまた雷鳥さんが横切って行った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面の写真をゆっくり撮ろうかとファインダーを覗いてたら、またまた雷鳥さんが横切って行った。
2
山頂の雪庇の上で、何かを追いかけている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の雪庇の上で、何かを追いかけている。
5
どうも飛んでいる虫を食べたいらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうも飛んでいる虫を食べたいらしい。
4
小蓮華山の上に、頚城の山々。焼山、火打、妙高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山の上に、頚城の山々。焼山、火打、妙高。
1
雪庇だけ、まだ解けていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇だけ、まだ解けていない。
正面奥は雪倉岳、手前は小蓮華山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面奥は雪倉岳、手前は小蓮華山。
1
南南西方面、言わずと知れた立山と剱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南南西方面、言わずと知れた立山と剱。
5
剱岳をさらにズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳をさらにズーム。
5
立山、雪渓が美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山、雪渓が美しい。
3
剱の北側。 左が猫又山、右が毛勝山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱の北側。 左が猫又山、右が毛勝山。
1
下り始めると、またまた雷鳥さん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めると、またまた雷鳥さん。
1
剱岳方面、手前が白馬山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳方面、手前が白馬山荘。
1
山頂から少し下ったところに、日本で最初の山小屋『白馬山荘』開設者、松沢貞逸の碑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し下ったところに、日本で最初の山小屋『白馬山荘』開設者、松沢貞逸の碑
1
ここも雪庇だけまだ解けずに残っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも雪庇だけまだ解けずに残っている。
また雷鳥、これは最初に見た雄かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また雷鳥、これは最初に見た雄かな?
1
白馬山荘の下の平らなところで小休止。景色を見ながら、のんびりメロンパンをいただく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘の下の平らなところで小休止。景色を見ながら、のんびりメロンパンをいただく。
広角レンズで・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広角レンズで・・
3
望遠レンズで、杓子岳山頂付近。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠レンズで、杓子岳山頂付近。
望遠レンズで、白馬鑓ケ岳。白馬鑓温泉小屋から来たという青年と話したけど、彼はどこを通ってきたのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠レンズで、白馬鑓ケ岳。白馬鑓温泉小屋から来たという青年と話したけど、彼はどこを通ってきたのだろう。
1
さて、下山します。頂上宿舎後辺りの斜面、急斜面過ぎて下りるのも楽ではありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下山します。頂上宿舎後辺りの斜面、急斜面過ぎて下りるのも楽ではありません。
1
雪はだいぶ柔らかくなっていて、ズボッ、ズボッの繰り返し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はだいぶ柔らかくなっていて、ズボッ、ズボッの繰り返し。
お花畑の下辺りまで来たら、またまた雷鳥さん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑の下辺りまで来たら、またまた雷鳥さん。
杓子岳、絵になります。それにしても急です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳、絵になります。それにしても急です。
ここが急で、ズボッ、ズボッとやるたびに雪が転がり落ちていって、恐る恐る下った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが急で、ズボッ、ズボッとやるたびに雪が転がり落ちていって、恐る恐る下った。
1
ただ景色は最高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただ景色は最高。
2
この岩肌の感じがなんともいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩肌の感じがなんともいい。
新しいデブリか、その前で4人がずっと見ているようだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しいデブリか、その前で4人がずっと見ているようだった。
1
急な斜面を下っていたら、小さなクレバスに気がついたが、時すでに遅く、そのままズルッと腰の辺りまで滑り落ちた。長さ3m、亀裂の幅40cm、深さ2m以上。腹が引っ掛かって助かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な斜面を下っていたら、小さなクレバスに気がついたが、時すでに遅く、そのままズルッと腰の辺りまで滑り落ちた。長さ3m、亀裂の幅40cm、深さ2m以上。腹が引っ掛かって助かった。
1
急な斜面を下り終えて、少し歩きやすくなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な斜面を下り終えて、少し歩きやすくなった。
ここがデブリの供給源。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがデブリの供給源。
たまに振り返って、大雪渓の上部を撮る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに振り返って、大雪渓の上部を撮る。
1
ほんとにすごい景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんとにすごい景色
白馬尻を通過、ここまでくれば、もう大丈夫。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻を通過、ここまでくれば、もう大丈夫。
2
後は、だらだらと残雪の林道を下って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は、だらだらと残雪の林道を下って、
1
猿倉荘に無事到着、おつかれ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉荘に無事到着、おつかれ様でした。
4

感想/記録

・GWは、乗鞍岳と白馬乗鞍岳に行って、なかなか充実したGWだったなと、これで今年の残雪の山はおひらきにするつもりでしたが、なんと週末はまたいい天気になりそう。せっかくなので、白馬岳に行くことに。
・この時期の白馬岳は初めてですが、夏とは違って、残雪期もなかなかいい感じ。デブリの跡は嫌というほど見られるし、転がり落ちていく落石を3回も見られたし、クラックにも落ちたし、冷や汗をかきながら楽しんで行ってこられました。無事に帰ってこられてほっとした面もありますが、これまでの五本の指に入る山行になったと思います。ありがとうございました。また雷鳥さんもありがとう。
訪問者数:492人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ