また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1843813 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

ネコブ山ー下津川山

日程 2019年05月03日(金) 〜 2019年05月04日(土)
メンバー
天候3日 晴れのち曇り、4日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三国川ダムの(監視塔?の)駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

5/3 5:50ダム駐車場出発 6:55登山口(水力発電所水道管登り口) 7:20水力発電所建物 10:15 1196P 11:05 1338P 12:15 桑ノ木山テン場着
5/4 5:30テン場出発 6:30ネコブ山山頂 7:20下津川山へのコル(撤退地点) 8:25ネコブ山から下山開始 9:15テン場 10:15下山開始 11:00 1338P 14:15登山口 15:15駐車場
コース状況/
危険箇所等
水力発電所水道管〜900m付近の下り、ルートミスの踏み跡数か所あり

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック サブザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

登山口の水力発電所の水道管が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の水力発電所の水道管が見えてきた
十字境、残雪は少なめでほとんど道路面を歩けました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字境、残雪は少なめでほとんど道路面を歩けました
丹後山方面、残雪トラバースが疲れるとの情報あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹後山方面、残雪トラバースが疲れるとの情報あり
1
いよいよスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよスタート
早速イワウチワが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速イワウチワが。
約900H付近まで広く、たくさん咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約900H付近まで広く、たくさん咲いていた
残雪始まり。途中で一旦尾根の藪歩きがあるが、ルートは登跡よりはっきりしてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪始まり。途中で一旦尾根の藪歩きがあるが、ルートは登跡よりはっきりしてました。
八海山方面、ようやく景色も良くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山方面、ようやく景色も良くなってきた。
雪庇に注意しながら進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇に注意しながら進む
だんだん景色が良くなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん景色が良くなってきた
中ノ岳方面、よく見ると昨日までのトレースが沢山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳方面、よく見ると昨日までのトレースが沢山
巻機山方面も良く見えるように
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山方面も良く見えるように
もう少しで桑ノ木山だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで桑ノ木山だ
1
桑ノ木山に出た。正面にネコブ山と左手に下津川山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桑ノ木山に出た。正面にネコブ山と左手に下津川山。
ネコブ山のルートを見て・・・、そういえば山頂は吹き曝しでオイラの3シーズン用テントでは心配だな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネコブ山のルートを見て・・・、そういえば山頂は吹き曝しでオイラの3シーズン用テントでは心配だな。
1
少し時間は早いがここでテントを設営しよう。冬の間に竹ペグ(100均のしゃもじから)も作ったし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し時間は早いがここでテントを設営しよう。冬の間に竹ペグ(100均のしゃもじから)も作ったし。
1
少し傾斜があるが藪の陰で風の少ないところに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し傾斜があるが藪の陰で風の少ないところに。
夕方、天気は回復して生きたが夕日は雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方、天気は回復して生きたが夕日は雲の中
ネコブ山方向も曇り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネコブ山方向も曇り
今回は防寒対策でろうそくランタンを用意した。確かに暖かい。
翌朝テント内は約-2℃で、少し寒かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は防寒対策でろうそくランタンを用意した。確かに暖かい。
翌朝テント内は約-2℃で、少し寒かった。
5時ごろ、間もなく日が昇る。八海山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時ごろ、間もなく日が昇る。八海山
中ノ岳もいい天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳もいい天気。
本谷山方向から日の出。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷山方向から日の出。
1
ネコブ山もいい天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネコブ山もいい天気。
深さ10m以上のクレバス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深さ10m以上のクレバス。
雪庇が大きいので、気を付けて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇が大きいので、気を付けて
折り畳み式のザックの日帰り用の装備だったので1時間ほどでネコブ山。地図上の山頂ではないが、この小ピークは雪が無いので自分的には山頂。直下にテント1張。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折り畳み式のザックの日帰り用の装備だったので1時間ほどでネコブ山。地図上の山頂ではないが、この小ピークは雪が無いので自分的には山頂。直下にテント1張。
越後三山がくっきり見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後三山がくっきり見える。
これから向かう下津川山方面。きれいだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう下津川山方面。きれいだ。
下津川山の向うは至仏か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下津川山の向うは至仏か。
1
妙高3山と左側は北アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高3山と左側は北アルプス
朝日岳と谷川連峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳と谷川連峰
さて下津川山に向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下津川山に向かう
巻機山への稜線が良く見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山への稜線が良く見える
巻機山方面が良く見える。眼下には登山道の無い藪山が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山方面が良く見える。眼下には登山道の無い藪山が続く。
深さ10m級のクレバスが50m以上続いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深さ10m級のクレバスが50m以上続いていた。
1
ネコブ山を振り返る。10m以上の雪の壁。落ちたら這い上がれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネコブ山を振り返る。10m以上の雪の壁。落ちたら這い上がれない。
前方の急斜面、ムリッ・・・と思ったが、右側の藪まで何とかいけないかなと、ピッケル・アイゼンを利かして進んでみたら、実際の斜度は45度未満で直登できた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方の急斜面、ムリッ・・・と思ったが、右側の藪まで何とかいけないかなと、ピッケル・アイゼンを利かして進んでみたら、実際の斜度は45度未満で直登できた。
下津川山へのコル。雪のナイフリッジ。始まりはえぐれてるし、帰りに雪が腐って足を取られたら・・・。今の自分には自信をもって通過できる気がしないのでここで撤退。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下津川山へのコル。雪のナイフリッジ。始まりはえぐれてるし、帰りに雪が腐って足を取られたら・・・。今の自分には自信をもって通過できる気がしないのでここで撤退。
1713Pに戻ってネコブ山を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1713Pに戻ってネコブ山を振り返る
眼下の沢は雪崩の巣
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下の沢は雪崩の巣
越後沢山から兎岳への稜線がきれいだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後沢山から兎岳への稜線がきれいだ
下津川山。あのコルを越えれば45分程で着くはずだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下津川山。あのコルを越えれば45分程で着くはずだった。
1
ネコブ山直前の急傾斜部。45°までないかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネコブ山直前の急傾斜部。45°までないかな。
白い部分は数日前の雪。その他は一冬分のチリで汚れて見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い部分は数日前の雪。その他は一冬分のチリで汚れて見える。
桑ノ木山のテン場に戻ってきた。登りは峰付近を時には藪を掴みながら登ったが、下りは右側の雪面を渡り歩いてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桑ノ木山のテン場に戻ってきた。登りは峰付近を時には藪を掴みながら登ったが、下りは右側の雪面を渡り歩いてきた。
中ノ岳をじっくり堪能して・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳をじっくり堪能して・・・
いよいよ桑ノ木山からの下り。景色が良いので下りもいい気分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ桑ノ木山からの下り。景色が良いので下りもいい気分。
中ノ岳と下山ルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳と下山ルート
不思議な模様。表面が溶けて一部流れたのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不思議な模様。表面が溶けて一部流れたのかな。
出発点のダムが見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発点のダムが見えてきた。
桑ノ木山と下津川山。今後はいつ来ようか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桑ノ木山と下津川山。今後はいつ来ようか。
中ノ岳。づうっとこの山基準に方向を確認していたわけだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳。づうっとこの山基準に方向を確認していたわけだ。
1
雪面が終わり、断続的にイワウチワの小道に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面が終わり、断続的にイワウチワの小道に。
づっと続いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
づっと続いていた。
雪面が終わるとまぶしいばかりの緑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面が終わるとまぶしいばかりの緑。
この階段、12年前は難なく下りたが、今回は途中で行き絶え絶え・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段、12年前は難なく下りたが、今回は途中で行き絶え絶え・・・
十字峡の名の通り、3つの沢が集まって十字になってダムに続いているのは、水量の多いこのシーズンだけだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字峡の名の通り、3つの沢が集まって十字になってダムに続いているのは、水量の多いこのシーズンだけだ。
1

感想/記録
by kimu6

 今年のGWは北アルプスではなく新潟県内の近間にしようと思った。それといままで雪上でのテン泊もしてなかったので初トライだ。場所は懸案としていたネコブ山から下津川山に。ネコブ山へは12年前に日帰りしているが、今回テン泊でその先を目指す。
 竹ペグは冬の内に作っていたし、組み立て式スコップも購入していた。しかしテントは3シーズン用しかないので、フライシートの裾から外気が通過し、テント内も外気に近くなるのが心配。
 5/3の午前中は晴れて気持ちの良い登りだった。積雪量は12年前よりやや少ない程度。標高(H)900m付近から残雪歩きが始り、ブナの森を気持ちよく進めた。その後雪の無い尾根に戻ったが、登跡があるので迷うことは無かった。H1000mからはほぼ雪上となった。朝晴れた割には雪はクラストしていなかったが、かといって対して沈むこともなく、楽ちんだった。
 12時過ぎに桑ノ木山のネコブ山側に着いたところで、ルートの残雪状況を見るとかなり藪が出ている。それと尾根の左側には大きな雪庇が断続しいている。ネコブ山に着いても吹き曝しの雪面に3シーズン用テントを張っても飛ばされる心配から、少し早いがここでテントを設営することに。
 なるべく風を避けられる低木密集地内にテン場を見つけた。少し傾斜があるが、スコップがあるので問題なし。早速整地だ。スコップで掘っている際、着の小枝を何本か切ってしまった。_(._.)_ 掘り下げた方は風はよけられているが、そうでない方はブロックを積んで・・・何しろ時間はたっぷりある。そして水づくりだ。雪面はゴミでどこも汚いが、これは雪解けでの際表面にゴミが残るためらしく、30cm程掘るときれいな雪だった。
 天気は徐々に曇り・ガスに変わっていった。風も出てきたが、テントはびくともしなくて安心できた。夕方一時陽が射したものの、その後もガスってしまった。
 防寒対策の一つとして、ローソクランタンを用意したのだが、確かにLEDに比べ確実に暖かいのがうれしい。暇つぶしにスマホを機内モードから通常モードにしてみると、なんとアンテナが1本点いている。試しに娘にLINEを送ると返事が返ってきた。こんな山の中で・・・登山口の水力発電所の水道の整備のためなのだろうか?ともかく、予想外の暇つぶしができた。
 夜の防寒対策はワークマンで最も厚手の防寒用靴下と、防寒用ももしき、あと2枚あるダウンジャケットの一枚を足に巻いたものの、やっぱり早朝足が冷えて目が覚めた。4時半頃にはすっかり夜が明けていて、テント内の温度は朝方−2℃だった。食事をして5時頃外に出るとちょうど日の出だった。今日も快晴だ。
 まずネコブ山へ。雪庇の上にもトレースがあったがなるべく避け、藪を越えたり、右側の雪斜面を通ってさくっと山頂へ。直下にはテン泊の方が。聞くと昨日自分と同じルートでここまで来たという。テントの周りには特に雪ブロックは積んていなかった。きっと慣れているのだろう。この後は折り返して下山するという。
 少し休んで下津川山に向かう。降り口の傾斜は45°を超える部分があったが、ピッケル・アイゼンが良く利き問題無かった。この前後には深さ10m位のクレバスが多数、それも相当長い(数十m)ので慎重にすすむ。
 雪の無い尾根には明確なトレースがあり、無雪期でも通行できるようだ。ちょっとした岩場もあり、変化に富んだ痩せ尾根の道だ。また藪はどこも低く通過は容易だ。
 前方にかなりの急傾斜の雪面が現れた。どちらに滑ってもただでは済まず自分にはムリかと思ったが、右手に藪が近いし少し進んでみた。実際には斜度は40度程度で、ピッケルも利くので無事通過できた。そして1718Pを越えて下津川山へのコルに。目の前に雪の鋭いナイフリッジが20m程続いている。トレースはあるが、自分には歩いて渡る自信がない。もし下山途中なら馬乗りになってでも渡るだろうが・・・、それに帰りには気温の上昇により雪が腐って足元をすくわれることも・・・。というわけでここで撤退することにした。
 ネコブ山に戻ってみると先程のテン泊の方がまだ居て、あまりにいい景色といい天気でなかなか降りる気になれないという。先ほどの下津川山のコルまでの状況を聞かれて話したり、周りの山々のことなどに話しが弾んだ。柏崎の米山や、妙高3山の左側の北アルプスまで認識しており、かなり経験豊富のようだった。
 周りの景色を十分堪能した後下山だ。直ぐ後に彼も下りたらしいが、えらく速い。私は折り畳み式のザックに日帰り用の荷物だけだが、桑ノ木山に着くと直ぐにテン泊装備の彼も来てびっくり。
 ゆっくり休んで撤収へ。今回スコップをザックの下の方に収納するために、パッキングに手間取ってしまった。アルミの組み立て式で軽量なので、ザックの上の方に収納すれば、無雪期と同じようにテント内でほとんどパッキングできたのだった。そして最後に外に出て竹ペグを掘り出して、テント等はザックの下室入れてパッキング完了となる。
 下りも天気はいいし景色もいいし残雪歩きは気持ちいい。ところが雪が無くなると、結構な傾斜で藪でルートを3回も外しそうになった。いずれも誤って痩せ尾根の岩+藪を嫌って迂回しようとしたトレースに入ったためだ。750H付近では30m以上登り返す羽目に。今回は時間的はゆとりがあったので良かったが、夕方になって下りるときは注意が必要だ。
 てなわけで発電所の水道管小屋?に着いた時にはヘトヘトに。
 登山口から駐車場までの約1時間の歩きでやっと普通のペースを取り戻すことができた。今度は無雪期に入ってみようかな。

訪問者数:53人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ