また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1843845 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

阿弥陀ケ峰〜霊仙山《ヤマシャクヤク群生地を探して》

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー9人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
〈アクセス〉
〈駐車場〉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間18分
休憩
42分
合計
9時間0分
Sスタート地点09:0012:17阿弥陀ヶ峰12:5213:19阿弥陀ヶ峰14:27柏原道・旧七合目14:3014:35ママコ穴14:3614:53柏原道・新八合目・四丁横崖15:14霊仙山避難小屋15:33榑ヶ畑道八合目・お池15:3618:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〈道の状況〉
〈登山ポスト〉
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

谷山谷登山道は通行止めです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷山谷登山道は通行止めです。
2
上丹生浄水場跡地前で準備運動
この奥から尾根に取り付きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上丹生浄水場跡地前で準備運動
この奥から尾根に取り付きます
急傾斜の道を一直線に尾根を目指す。斜面は次第に石灰岩が突き出たカレンフェルト状態。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急傾斜の道を一直線に尾根を目指す。斜面は次第に石灰岩が突き出たカレンフェルト状態。
1
登山開始から約30分で尾根最先端部に到着。ここからはカレンフェルトの稜線となる。先ず一息入れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山開始から約30分で尾根最先端部に到着。ここからはカレンフェルトの稜線となる。先ず一息入れる。
1
青空と新緑の若葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と新緑の若葉。
1
アオダモの花です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオダモの花です
2
カレンフェルトと新緑の尾根道が拡がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレンフェルトと新緑の尾根道が拡がる。
尾根道はカレンフェルトから杉の林道に。歩き易くなるが、倒木が道を塞ぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道はカレンフェルトから杉の林道に。歩き易くなるが、倒木が道を塞ぐ。
倒木を右に巻きながら通過する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木を右に巻きながら通過する。
倒木の陰に咲くヤマシャクヤクを発見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の陰に咲くヤマシャクヤクを発見。
8
登山道から垣間見える、北側に拡がる伊吹山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道から垣間見える、北側に拡がる伊吹山。
2
道は再びカレンフェルトの岩稜尾根となる。
阿弥陀堂跡に到着です。周辺に群生するヤマシャクヤク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は再びカレンフェルトの岩稜尾根となる。
阿弥陀堂跡に到着です。周辺に群生するヤマシャクヤク。
3
可憐なミヤマハコベ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可憐なミヤマハコベ。
阿弥陀堂跡周辺に群生するヤマシャクヤク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀堂跡周辺に群生するヤマシャクヤク。
2
阿弥陀堂跡周辺に群生するヤマシャクヤク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀堂跡周辺に群生するヤマシャクヤク。
4
阿弥陀堂跡周辺に群生するヤマシャクヤク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀堂跡周辺に群生するヤマシャクヤク。
8
阿弥陀ケ峰山頂に到着。ちょっと判り難い山頂標示板。
展望なし。ここで日差しを避け昼食を取る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀ケ峰山頂に到着。ちょっと判り難い山頂標示板。
展望なし。ここで日差しを避け昼食を取る。
阿弥陀ケ峰山頂付近に咲くヤマシャクヤクの群生地。
ピンク色の珍しい美しい花を見つける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀ケ峰山頂付近に咲くヤマシャクヤクの群生地。
ピンク色の珍しい美しい花を見つける。
5
ピンク色のヤマシャクヤク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンク色のヤマシャクヤク。
10
阿弥陀ケ峰山頂にて
ヤマシャクヤクに会えて笑顔の仲間たち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀ケ峰山頂にて
ヤマシャクヤクに会えて笑顔の仲間たち。
6
梓河内周辺に咲くヤマシャクヤクの群生地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓河内周辺に咲くヤマシャクヤクの群生地。
1
梓河内周辺に咲くヤマシャクヤクの群生地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓河内周辺に咲くヤマシャクヤクの群生地。
1
柏原道七合目・河内分岐直下の山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原道七合目・河内分岐直下の山道。
柏原道七合目・河内分岐直下の山道を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原道七合目・河内分岐直下の山道を行く。
2
柏原道七合目に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原道七合目に合流。
柏原道七合目から八合目の登山道にはイチリンソウが沢山咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原道七合目から八合目の登山道にはイチリンソウが沢山咲いている。
2
柏原道八合目に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原道八合目に到着。
1
霊仙山避難小屋が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山避難小屋が見えてきました。
柏原道九合目に到着。
漆ケ滝・上丹生分岐は通行止め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原道九合目に到着。
漆ケ滝・上丹生分岐は通行止め
1
柏原道九合目から霊仙山避難小屋までの最後の急坂を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原道九合目から霊仙山避難小屋までの最後の急坂を登る。
もう直ぐ霊仙山避難小屋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう直ぐ霊仙山避難小屋です。
1
霊仙山避難小屋前にて
前方に霊仙山山頂です。時間が遅くなるので霊仙山はパスする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山避難小屋前にて
前方に霊仙山山頂です。時間が遅くなるので霊仙山はパスする。
3
霊仙山避難小屋前にて
経塚山をショートカットして榑ヶ畑道八合目・お池(おいけ)に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山避難小屋前にて
経塚山をショートカットして榑ヶ畑道八合目・お池(おいけ)に向かう。
2
榑ヶ畑道八合目・お池(おいけ)に到着。
ここから榑ヶ畑道を分岐、北西尾根から上丹生集落の神明神社に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榑ヶ畑道八合目・お池(おいけ)に到着。
ここから榑ヶ畑道を分岐、北西尾根から上丹生集落の神明神社に向かう。
尾根に咲く今日最後のヤマシャクヤクの群生地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に咲く今日最後のヤマシャクヤクの群生地。
7
登山道から斜面一帯に咲いている。壮観です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道から斜面一帯に咲いている。壮観です。
1
神明神社裏側に明るいうちに下山、丁度18時です。
ヤマシャクヤクに誘われた山行、時間が掛かりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神明神社裏側に明るいうちに下山、丁度18時です。
ヤマシャクヤクに誘われた山行、時間が掛かりました。
1
神明神社の石橋を渡り浄水場跡地に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神明神社の石橋を渡り浄水場跡地に向かう。

感想/記録

霊仙山には色々なルートで登りましたが、今回は未登頂の「阿弥陀ヶ峰」から柏原道7合目を経由しての周回コースとしました。バリエィションコースに近いものです。
今日の最大の目的はヤマシャクヤクを見ることです。このコースは登山者が少なくヤマシャクヤクの群生地が多く残されています。
現在、谷山谷登山道は登山禁止となっていますので、上丹生浄水場跡地奥から急斜面を直登し阿弥陀ヶ峰の西稜線の最先端を目指します。この急斜面の道なき道を登ること約30分は悪戦苦闘します。その先に伸びる稜線はカレンフェルトの狭い岩稜尾根、岩を乗り越えながら進みます。次第に尾根道は広くなり途中で倒木が道を塞いでいる所もありましたが、樹林帯のなかを安心して歩くことが出来ます。
P644を通過、暫らく進むと突然カレンフェルトが現れます。登り口に「霊山三蔵供養宝塔」「南無阿弥陀仏」と書かれた標識と、石で出来た供養塔が建っていました。阿弥陀堂跡地です。
ここから阿弥陀ケ峰山頂まで続く一帯は最初のヤマシャクヤクの群生地です。丁度見頃の開花に遭遇しました。ラッキーです。
花見を十分堪能し阿弥陀ケ峰山頂で昼食を摂ります。更に山頂から梓河内に向かいます。
ここも見事な今日、2番目のヤマシャクヤクの群生地でした。
梓河内から右手にトラバースして柏原道7合目を目指します。途中道が少し荒れていますが問題はありませんでした。合流後は安全な一般道で急坂を上り詰め霊仙山避難小屋に到着します。目の前に経塚山、更に左に霊仙山山頂が拡がっています。既に15時を過ぎ、明るいうちに下山したいので山頂はパスし、ショートカットをしながら榑ヶ畑道八合目・お池を目指します。
ここから分岐して尾根に取り付きます。急坂の尾根を下ると再び、ヤマシャクヤクの群生地が斜面に拡がっています。今日3番目の群生地です。美しいものは何度見ても見飽きることはなく、何度もシャッターを切ってしまいました。
時間はあまりありませんので尾根を「昼坂峠」への林道を進み、ここから最後の急坂の古道を下り神明神社の裏側に無事下山しました。刻すでに18時でした。
今日は想定以上に時間が掛かりましたが、読図力が要求される難しい山でした。
それを上回るヤマシャクヤクの群生に圧倒され、本当に苦労が報われたと痛感しました。
訪問者数:279人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ