また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1844374 全員に公開 ハイキング富士・御坂

鶴ヶ鳥屋山〜宝鉱山

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宝鉱山ヘリポート駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間24分
休憩
2時間14分
合計
8時間38分
S宝鉱山バス停06:3707:45県営 黒野田林道の東屋08:0109:28鶴ヶ鳥屋山10:1211:01宝越え11:06ヤグラ11:0811:26角研山11:3411:52新道分岐13:19宝鉱山跡14:2215:14宝鉱山バス停15:1515:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

ふれあいの里の中に、日本武尊が座ったという御座石が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふれあいの里の中に、日本武尊が座ったという御座石が。
林道黒野田線から、鶴ヶ鳥屋山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道黒野田線から、鶴ヶ鳥屋山。
見晴台。現在ここまで車で来れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台。現在ここまで車で来れる。
見晴台から富士山。手前は御巣鷹山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台から富士山。手前は御巣鷹山。
見晴台から、秋山、道志の山々。一番遠くに見える大きいのは丹沢の大室山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台から、秋山、道志の山々。一番遠くに見える大きいのは丹沢の大室山。
見晴台のところから、尾根によじのぼる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台のところから、尾根によじのぼる。
新緑がきれいな尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑がきれいな尾根。
ちょっと岩っぽいところも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと岩っぽいところも。
きれいだけど、最後の登りはかなり急で、ずるずるで、きつかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいだけど、最後の登りはかなり急で、ずるずるで、きつかった。
鶴ヶ鳥屋山頂上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴ヶ鳥屋山頂上。
地面の茶色と新緑の緑がきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面の茶色と新緑の緑がきれい。
ツツジが多い稜線。一部咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジが多い稜線。一部咲いていた。
1
ヤグラ。昔、鉱山と笹子駅を空中索道でつないで、採掘物を運んでいたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤグラ。昔、鉱山と笹子駅を空中索道でつないで、採掘物を運んでいたようです。
1
さびさびなのに、動かしてみると、まだなめらかに回ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さびさびなのに、動かしてみると、まだなめらかに回ります。
1
玉村式。上の2字はわからない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉村式。上の2字はわからない。
鉄塔。ここから、宝鉱山に下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔。ここから、宝鉱山に下る。
ロクショウグサレキン拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロクショウグサレキン拡大。
沢沿いに下っていくと、排水孔かな? で小さな橋を渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに下っていくと、排水孔かな? で小さな橋を渡る。
硫化鉱や銅をとっていたということで、まっ茶色の水が流れる坑道あと。ここから林道に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫化鉱や銅をとっていたということで、まっ茶色の水が流れる坑道あと。ここから林道に。
林道分岐で、鉱山あと方面に登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道分岐で、鉱山あと方面に登り。
林道が終わったら、奥の白い階段を上ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道が終わったら、奥の白い階段を上ります。
左の排水溝に沿ってしばらく登り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の排水溝に沿ってしばらく登り、
採掘孔を過ぎてさらに登ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採掘孔を過ぎてさらに登ると、
露頭に囲まれた大きな窪地。というか穴。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露頭に囲まれた大きな窪地。というか穴。
窪地の底には、柔らかい黄鉄鉱(大きな結晶はない)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪地の底には、柔らかい黄鉄鉱(大きな結晶はない)。
1
林道を戻る途中、明治時代の銅の精錬滓(カラミ)捨て場がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を戻る途中、明治時代の銅の精錬滓(カラミ)捨て場がありました。
1
まるで溶岩みたいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで溶岩みたいですね。
容器の形がそのまま残ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
容器の形がそのまま残ってる。
カラミで見つけた。孔雀石?亜鉛孔雀石?水亜鉛銅鉱? とにかく銅・亜鉛の二次鉱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラミで見つけた。孔雀石?亜鉛孔雀石?水亜鉛銅鉱? とにかく銅・亜鉛の二次鉱。
2

感想/記録

宝鉱山から鶴ヶ鳥屋山です。
林道黒野田線をずっと東屋のある見晴台まで歩いて、そこから南東尾根を登りました。
東からの登山道合流前の登りは、なかなか急できついので、距離的にはショートカットだけど、時間的にはもしかしたら林道+登山道と大して変わらないかもしれない(登る場合)。
本社ヶ丸への稜線は、ツツジ(ちらほら咲いてた)と岩の多い、きれいな尾根でした。
鉱山跡に下る道は、基本東電ルートのようです(階段がいつもの鉄塔管理道のプラ製)。沢沿いは若干荒れてて歩きにくいです。
下に下りてから、鉱山跡と露頭に行きました。
銅山なので、その後処理に結構苦労しているようで、いろいろやっているようですが、本社川の水はちょっと飲みたくない感じ。

索道跡の字を調べていて、わかったこと。
玉村式索道というのは、日本の索道草創期の技師、玉村勇助によるもの。明治40(1907)年に足尾銅山から独立して、玉村工務所を開設しています。鉱山における空中索道の専門家だったということで、宝鉱山を手掛けたのでしょう(宝鉱山が精錬を中止し、空中索道で笹子駅まで鉱材を運ぶようになったのは明治42(1909)年)。
索道観察日記 http://cable.cocolog-nifty.com/sakudo/2006/12/post_1d31.html
廃墟検索地図 https://haikyo.info/s/11478.html
「足尾の産業遺跡47」 (PDF)、『広報あしお』 (足尾町)、2005年9月。 http://ashio.shokokai-tochigi.or.jp/dennouhakubutukan/sanngyouiseki/kouhouashio/h1709.pdf

「足尾の産業遺跡47」3ページに、ここの写真の車輪と同じと思われる玉村式索道稼働中の写真が出ています。
訪問者数:108人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 東屋
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ