また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1844466 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳!とビーフシチューと鉱泉!

日程 2019年05月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
諏訪南インターから唐沢鉱泉までの最後3.5キロはダート道となりますが、いわゆる砂利道で大型バスでも通れそうな幅広の道でセダンでも擦ることはありません。
もちろんもうこの時期は雪も凍結もありません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
1時間7分
合計
5時間23分
S天狗岳登山口駐車場06:2006:24唐沢鉱泉06:2407:01唐沢鉱泉分岐07:0507:49第一展望台07:4908:18第二展望台08:1808:52天狗岳09:0509:16東天狗岳09:2809:30天狗の鼻09:3809:43天狗岳分岐09:4310:10中山峠10:1010:15黒百合ヒュッテ10:4511:02渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐11:0211:43唐沢鉱泉11:4311:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
いわゆる腐った雪状態であらゆるところに踏み抜き地獄があります。基本、山道の真ん中を通っていれば大丈夫です。
第二見晴台と西天狗の鞍部付近は踏み抜き多いです。チェーンスパイクで十分ですが、一旦雪が出てきたら嵌めたままの方がいいです。自分はつけたり外したりとしましたが、外した途端にまた雪道とかありますので。
東天狗こら中山峠までは雪も結構豊富でしたがここの下りが一番の核心部でした。慎重に行けば問題ありません。この時期はピッケルよりもダブルストックの方がいいと考えられます。
その他周辺情報温泉はもちろん唐沢鉱泉です。

写真

今日はここ唐沢鉱泉からスタートです!
登山者専用の駐車場がありますが、到着した6時で4台目でした。戻った時は20台くらい満杯でした。
2019年05月12日 06:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここ唐沢鉱泉からスタートです!
登山者専用の駐車場がありますが、到着した6時で4台目でした。戻った時は20台くらい満杯でした。
1
唐沢鉱泉宿の目の前が登山口です。
2019年05月12日 06:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉宿の目の前が登山口です。
この橋を渡って西天狗を目指します。
2019年05月12日 06:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡って西天狗を目指します。
最初はこんな感じですが、
2019年05月12日 06:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じですが、
暫く行くと雪が出てきました。チェーンスパイクを嵌めます。
2019年05月12日 07:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く行くと雪が出てきました。チェーンスパイクを嵌めます。
1
尾根に取り付くと赤岳が、
2019年05月12日 07:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に取り付くと赤岳が、
1
遠方に甲斐駒、北岳、仙丈の南アルプスのスターが見えてきました。
2019年05月12日 07:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠方に甲斐駒、北岳、仙丈の南アルプスのスターが見えてきました。
2
北アルプス群も見えますね。
2019年05月12日 07:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス群も見えますね。
2
第一展望台から西天狗!
2019年05月12日 07:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台から西天狗!
北方には蓼科。
2019年05月12日 07:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方には蓼科。
1
赤岳アップ。存在感ありありです。
2019年05月12日 07:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳アップ。存在感ありありです。
1
雪道を進みます。
2019年05月12日 08:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道を進みます。
1
第二展望台から西天狗!
2019年05月12日 08:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台から西天狗!
赤岳、中岳、阿弥陀!
2019年05月12日 08:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、中岳、阿弥陀!
1
三兄弟アップ!
2019年05月12日 08:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三兄弟アップ!
2
踏み抜き注意で進みます。
2019年05月12日 08:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜き注意で進みます。
1
越えてきた展望台を振り返って。
2019年05月12日 08:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越えてきた展望台を振り返って。
1
西天狗山頂到着です。赤岳、阿弥陀とセットでパチリ。
山頂は独り占め。暫く雄大な眺望で休憩です。
2019年05月12日 08:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗山頂到着です。赤岳、阿弥陀とセットでパチリ。
山頂は独り占め。暫く雄大な眺望で休憩です。
6
西天狗から東天狗を望みます。
2019年05月12日 08:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗から東天狗を望みます。
2
東天狗山頂アップ!誰もいないようです。
2019年05月12日 08:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗山頂アップ!誰もいないようです。
1
西天狗の下を振り返って。チェーンスパイクなしで下りてきました。
2019年05月12日 09:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗の下を振り返って。チェーンスパイクなしで下りてきました。
1
20ほどで東天狗到着です。赤岳、阿弥陀と山頂標!
2019年05月12日 09:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20ほどで東天狗到着です。赤岳、阿弥陀と山頂標!
1
先ほどまでいた西天狗。
2019年05月12日 09:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどまでいた西天狗。
2
蓼科方面。
2019年05月12日 09:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科方面。
1
真ん中あたりに黒百合ヒュッテが見えます。
2019年05月12日 09:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中あたりに黒百合ヒュッテが見えます。
1
では中山峠に向かって下ります。振り返って。結構な斜度でした。
2019年05月12日 09:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では中山峠に向かって下ります。振り返って。結構な斜度でした。
1
振り返って、東天狗と西天狗。
2019年05月12日 10:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、東天狗と西天狗。
3
気持ちのいい雪道を暫く歩くと、
2019年05月12日 10:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい雪道を暫く歩くと、
1
黒百合ヒュッテに着きました。ここでは、
2019年05月12日 10:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテに着きました。ここでは、
2
ビーフシチュー1200円です。今日の目的の一つです。冷えた体にあったまーる。
2019年05月12日 10:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビーフシチュー1200円です。今日の目的の一つです。冷えた体にあったまーる。
6
では唐沢鉱泉に下ります。
2019年05月12日 10:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では唐沢鉱泉に下ります。
1
渋の湯との分岐を通過。
2019年05月12日 11:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯との分岐を通過。
1
踏み抜き地獄を通過。
2019年05月12日 11:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜き地獄を通過。
1
雪もなくなりチェーンスパイクを外してどんどん下ります。歩荷の方以外全く人に会いませんでした。
2019年05月12日 11:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪もなくなりチェーンスパイクを外してどんどん下ります。歩荷の方以外全く人に会いませんでした。
1
この赤い橋を渡って、
2019年05月12日 11:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この赤い橋を渡って、
1
湧き出す見慣れない色の鉱泉を横に見て、
2019年05月12日 11:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湧き出す見慣れない色の鉱泉を横に見て、
3
到着です。
2019年05月12日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着です。
2
もちろん唐沢鉱泉700円に入りました。まとまた独り占めです。
2019年05月12日 11:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん唐沢鉱泉700円に入りました。まとまた独り占めです。
5
帰り際の道から水田と八ヶ岳!
2019年05月12日 12:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り際の道から水田と八ヶ岳!
1
赤岳アップで帰路に着きました。
2019年05月12日 12:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳アップで帰路に着きました。
1
撮影機材:

感想/記録

ほぼ10年ぶりの天狗でした。前回は2月で渋の湯ピストンでしたが、ガスと強風で何も見えませんでしたので今回はリベンジです。本当はもっと早い時期に行くつもりでしたが、ノーマルタイヤ派としてはバスの時間が以前と変更になり日帰りが困難そうだったこと、四月にドカ雪が降ったことから天気のいい今回にしかないということで実行しました。
結果、眺望も良く凄く静かな山行が出来ました。冬でもない夏でもないこの時期は意外とハイカーは少ないようです。黒百合ヒュッテの方にお聞きしてもGWでも20人くらいの宿泊しかなかったようです。なのでこの時期は人も少なく穴場ですね。
そしてビーフシチュー。じゃがいもとにんじんと柔らかな牛肉のかたまり。美味しかったです。
お天気も良く今回もいい山行となりました。
訪問者数:501人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/8/15
投稿数: 924
2019/5/13 8:36
 なんと!
kojicoonさん、おはようございます。

なんという偶然!
自分は前日に同じコースで登りました。
写真もほとんど同じ構図で撮っています。
レコは鋭意作成中ですが、kojicoonさんのこのレコとほとんど同じ内容になってしまいそう(笑)。
登録日: 2015/10/19
投稿数: 141
2019/5/13 11:46
 Re: なんと!
こんにちは MonsieurKudoさん!
そうでしたか、前日同コースでしたか。土日はお天気でどちらでも良かったのですが、土曜日は所用があって日曜日にしました。
当初、参考にさせていただいた太刀岡山、黒富士、曲岳の周回コースも考えていたのですが、残雪の天狗を楽しむには今でしょ、ということで決行しました。
ご承知の通り、踏み抜き地獄はありますが、この時期はハイカーも少なく本当に静かな山行が出来、そして何よりも眺望の素晴らしさに感動ですね。おかげで静かにビーフシチューもいただき、温泉もゆっくり出来ました。
また午前中に下山できたので中央道の渋滞にも巻き込まれず帰宅できました。
また、MonsieurKudoさんの詳細な立派なレコを楽しみにしています。
登録日: 2013/11/8
投稿数: 353
2019/5/13 18:44
 天狗でしたか〜!
kojicoonさん こんにちは!
GWは控えめな山行だったんで「あれれ?」と思ってましたがGW明けで天狗だったんですね!最後の雪山チャレンジを楽しまれたようで・・
八ヶ岳はこの時期の入山者は少ないみたいですね!やっぱり派手目な北アルプスに流れるんですかね!でもその分静かな山を独り占めできるのがイイですね!
迫力ある大展望の写真が一杯・・私は赤岳の手前に峰の松目が写ってるのが興奮してしまいました。(笑)
私は黒百合ヒュッテ名物のビーフシチュー!さすがグルメのkojicoonさんはしっかり食べてましたね!
私は唐沢鉱泉が開いているときに行ったことがないので写真を見て次に開いてるときに行ったら絶対入ろうと思いましたよ!
また次のレコ楽しみにしていますよ!
登録日: 2015/10/19
投稿数: 141
2019/5/13 20:59
 Re: 天狗でしたか〜!
こんにちは yoshimaiさん!
そうなんです、GW期間中は動ける日が天候不順だったことと、連日の高速道渋滞情報を聞いて二の足を踏んでいました。
信州遠征最終日にyoshimaiさんが行かれようとされたのも奇遇ですね。
しかし、この時期の八ヶ岳は穴場ですね。冬でもなく夏でもなく、腐れ雪の状態ですが、山頂、ヒュッテ、温泉が独り占めできるなど本当に静かな山行が実現できました。
yoshimaiさんが目指していた峰の松目も写っていたのですね。レコを見させていただく前でしたので全く意識してませんでした。
それにしても雄大な八ヶ岳からの眺望は惚れ惚れですね。八ヶ岳の山々は勿論のこと残雪の南アルプススター、北アルプス群も遥かに見えて、無風で穏やかな山頂からは贅沢なひと時でした。
黒百合ヒュッテでも一人ゆっくりとビーフシチューを味わいまったりでした。
そして唐沢鉱泉は趣ある温泉ですね。全国秘湯の会の看板がかかっていたのも頷けます。わざわざ温泉に入るため来られているライダーさんもいらっしゃいました。是非次回は入ってみてください。
これから本格的なシーズンとなりますが、また静かな山行を望みたいものですね。
登録日: 2014/8/1
投稿数: 2735
2019/5/14 6:03
 狙い目の季節
kojicoonさん おはようございます

混雑してるGWが過ぎると、山も静かになっているのですね。
混雑しない黒百合ヒュッテであれば、泊まってみたい気持ちも
あります。雪の状態によっては歩きにくいかもしれませんが、
のんびり行きたい時、この時期の八ヶ岳は良いですね。
                       埼玉のchii
登録日: 2015/10/19
投稿数: 141
2019/5/14 6:35
 Re: 狙い目の季節
こんにちは chiiさん!
そうなんです。意外と静かな山行でした。山中では10人ほどの方としかお会いしませんでし、賑やかなイメージのある黒百合ヒュッテも閑散としていてテン場も一張もありませんでした。
腐れ雪の状態なので冬でもない夏でもない中途半端な時期なのでしょう。
けれども眺望は最高で独り占めの時間がたっぷりありましたので静かな山行には今の時期が狙い目かも知れませんね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ