また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1853109 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

日向山・鞍掛山 予想よりもハードでした

日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間26分
休憩
27分
合計
6時間53分
S尾白川渓谷駐車場05:2206:07矢立石登山口07:12日向山07:1308:37駒岩(鞍掛山分岐)08:4009:02鞍掛山09:0609:10鞍掛山 展望台09:2809:33鞍掛山09:59駒岩(鞍掛山分岐)10:0011:12日向山11:47矢立石登山口12:15尾白川駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今日は、日向山・鞍掛山を歩きました。
雁が原から鞍掛山へは予想していたよりハードなコースでした。
<尾白川渓谷駐車場から日向山>
道標、踏み跡はしっかりしているので道迷いの心配はないと思います。
数か所歩きにくいところがありますが、概ね歩きやすいハイキングコースです。
渓谷から矢立石登山口までは、登りごたえがあります。
<日向山から鞍掛山>
日向山から雁が原経由駒岩方面に向かうのですが、雁が原を下るのか岩場を下るのかが良く判らず、岩場にいたグループの方に教えて頂きました。
雁が原を下りて錦滝分岐の標識を直進しました。
駒岩へ向かう途中には、大岩山・鞍掛山の道標があるので、雁が原にも道標が欲しいところです。
錦滝分岐から白砂混じりの細尾根が続きます。要注意区間ですね。細尾根を抜けると一部急坂はありますが、笹原の尾根歩きが多くなります。
駒岩分岐から鞍部へ下りますが方向が踏み跡が判りにくい部分もありました。
鞍部から鞍掛山へは、途中に岩があるトラバース、そのあと急坂があります。
鞍掛山山頂は木々で眺望はありません。ここで先行されている方とお会いしました。
その先の展望台まで行きましたが、ガスで眺望はありませんでした。
<鞍掛山から尾白川渓谷駐車場>
来たコースを戻りました。
雁が原から鞍掛山方面に向かわれる方が多いのに驚きました。10名位の方とすれ違いました。
雁が原からは多くの方が歩かれていました。ガスはなくなったのですが、日向山では曇り空で眺めは今一つでした。
矢立石登山口では登山口の周りも駐車しているクルマがありました。矢立石登山口は駐車スペースが狭いので大変ですね。


コース状況/
危険箇所等
・雁が原から駒岩に向かう初めは細尾根を通過します。
・駒岩通過後、鞍掛山への登り返しで途中に岩があるトラバース(ロープあり)、その後山頂まで急坂。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

朝、尾白川渓谷に向かう時には甲斐駒が少し見えていました。
この後、山歩き中はガスで見えず。朝のクルマの中からの眺めが今日一番の眺めになりました。
2019年05月18日 05:11撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、尾白川渓谷に向かう時には甲斐駒が少し見えていました。
この後、山歩き中はガスで見えず。朝のクルマの中からの眺めが今日一番の眺めになりました。
尾白川渓谷駐車場にあった案内図の日向山付近のコース拡大図
通行止めが多く、尾白川渓谷から日向山へはピストンしかないようです。
2019年05月18日 05:24撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白川渓谷駐車場にあった案内図の日向山付近のコース拡大図
通行止めが多く、尾白川渓谷から日向山へはピストンしかないようです。
向かうのは甲斐駒ヶ岳ではありませんが。。。
この先の売店から山歩きになります。
2019年05月18日 05:24撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かうのは甲斐駒ヶ岳ではありませんが。。。
この先の売店から山歩きになります。
ツツジ 撮りやすいので、どうしてもツツジの写真が多くなります。小さい花だとしゃがんだりしなくてはならないので、なんとなく撮らなくなってしまいます。
2019年05月18日 05:51撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ 撮りやすいので、どうしてもツツジの写真が多くなります。小さい花だとしゃがんだりしなくてはならないので、なんとなく撮らなくなってしまいます。
1
矢立石登山口から10分のいくつと表示があるのですが、なんか前半が長く感じます。標高差で示しているのかな?
2019年05月18日 06:42撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢立石登山口から10分のいくつと表示があるのですが、なんか前半が長く感じます。標高差で示しているのかな?
1
日向山山頂到着
ガスで視界が良くありません。。。
2019年05月18日 07:16撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山山頂到着
ガスで視界が良くありません。。。
過去ログのGPSデータだと岩場を通過していたので、不安になり、岩場にいた方に鞍掛山方面を教えて頂きました。雁が原を下って錦滝分岐に向かえば良さそうです。助かりました。
2019年05月18日 07:26撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過去ログのGPSデータだと岩場を通過していたので、不安になり、岩場にいた方に鞍掛山方面を教えて頂きました。雁が原を下って錦滝分岐に向かえば良さそうです。助かりました。
錦滝方面へは通行禁止なので、道標にはカバー?がしてありました。 駒岩・鞍掛山は直進なのですが、ここで駒岩方面の道標があると安心なのですがね。
2019年05月18日 07:27撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錦滝方面へは通行禁止なので、道標にはカバー?がしてありました。 駒岩・鞍掛山は直進なのですが、ここで駒岩方面の道標があると安心なのですがね。
1
雁が原振り返り
2019年05月18日 07:27撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁が原振り返り
雁が原から白砂混じりの細尾根が続きます。
慎重に通過しました。
2019年05月18日 07:34撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁が原から白砂混じりの細尾根が続きます。
慎重に通過しました。
1
結構 シャクナゲが生えています。
2019年05月18日 07:59撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構 シャクナゲが生えています。
結構な崖の際を歩いているかも。ガスで視界がなく怖くありません。。。
このあたりから、たまにポツリと雨粒が落ちてきました。
2019年05月18日 08:34撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な崖の際を歩いているかも。ガスで視界がなく怖くありません。。。
このあたりから、たまにポツリと雨粒が落ちてきました。
駒岩分岐
2019年05月18日 08:38撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒岩分岐
視界が悪いので、道標、赤テープが心強い。
2019年05月18日 08:39撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が悪いので、道標、赤テープが心強い。
駒岩通過後、鞍掛山への登り返し部に、まさかの残雪!
距離にして5m程度と僅かでした。次週はもうないかも。
2019年05月18日 08:51撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒岩通過後、鞍掛山への登り返し部に、まさかの残雪!
距離にして5m程度と僅かでした。次週はもうないかも。
途中に岩がある歩きにくいトラバース、ロープが張ってあります。
2019年05月18日 08:52撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に岩がある歩きにくいトラバース、ロープが張ってあります。
1
そして鞍掛山山頂手前の10分は急坂でした。
2019年05月18日 08:59撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして鞍掛山山頂手前の10分は急坂でした。
1
鞍掛山到着。ここで先行されている方とすれ違い。
ダメもとで展望台へ向かいます。
2019年05月18日 09:06撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛山到着。ここで先行されている方とすれ違い。
ダメもとで展望台へ向かいます。
展望台の祠
2019年05月18日 09:11撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台の祠
1
展望台にて、ガスの合間に青空が見えました。でも方向が違う。。。
2019年05月18日 09:23撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台にて、ガスの合間に青空が見えました。でも方向が違う。。。
甲斐駒が見えたつもりで、展望台を後にします。
2019年05月18日 09:28撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒が見えたつもりで、展望台を後にします。
雁が原、駒岩間にあるそり立つ岩、その上の木
2019年05月18日 10:34撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁が原、駒岩間にあるそり立つ岩、その上の木
1
雁が原が見えてきました。
2019年05月18日 10:56撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁が原が見えてきました。
錦滝方面は通行止め
2019年05月18日 10:58撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
錦滝方面は通行止め
雁が原からは多くの人にお会いしました。
ガスが掛かっていないので視界はあります。
2019年05月18日 11:05撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁が原からは多くの人にお会いしました。
ガスが掛かっていないので視界はあります。
1
雨乞岳方面
2019年05月18日 11:06撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳方面
手前は雁が原 左奥が鞍掛山?
2019年05月18日 11:07撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前は雁が原 左奥が鞍掛山?
八ヶ岳方面は曇り空
2019年05月18日 11:08撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳方面は曇り空
日向山 ガスが掛かっていないので良しとしましょう
これより下山開始します。
2019年05月18日 11:08撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山 ガスが掛かっていないので良しとしましょう
これより下山開始します。
矢立石登山口 林道にも駐車あり、駐車スペースの確保が難しいようです。
2019年05月18日 11:48撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢立石登山口 林道にも駐車あり、駐車スペースの確保が難しいようです。
ツツジばかり
2019年05月18日 11:59撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジばかり
尾白川渓谷駐車場に無事帰還
2019年05月18日 12:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白川渓谷駐車場に無事帰還
撮影機材:

感想/記録

・雁が原から鞍掛山までは予想よりハードでした。最近林道歩きが長いゆったりした山歩きが多かったので、久しぶりのハードなコースで、最後の渓谷への下りでは、疲れ気味でした。

訪問者数:307人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ