また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1853414 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

中央線から見える山「鞍掛山」※矢立石〜日向山経由ピストン

日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
目標地点:矢立石登山口
住所:〒408-0315 山梨県北杜市白州町白須

道路状況:舗装路、道幅は狭い

駐車場:矢立石登山口に駐車場あり
    ※早朝で満車になります
     満車の場合は「尾白川渓谷」駐車場が利用可能(登山口まで徒歩1H)

トイレ:道の駅「白州」にあり

コンビニ:中央道「須玉」IC周辺にあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=6時間5分(ヤマプラ標準時間=8時間25分/9.2km)
歩行距離=11.65km
標高差=895m
平均速度=1.91km/H

平面距離: 10.96km
沿面距離: 11.65km
最高点の標高: 2036m
最低点の標高: 1118m
累積標高 (上り): 1574m
累積標高 (下り): 1576m

※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 直線距離より長めに記録されていますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
1.矢立石登山口から日向山までは整備されたハイキングコース
 危険個所はありません
2.錦滝方面は崩落により通行止めです
3.日向山から鞍掛山間は、細尾根、崖部、ロープ等満載
4.山頂直前に急登あり、やや危険
5.日向山から鞍掛山登山道直後に間違いやすい箇所がありますが
 全体的にトレースはしっかりしており、マークも多数あります
6.鞍掛山から先の展望台から甲斐駒ヶ岳が美しいとの事
 (本日は曇天にて見えず)
7.水分補給量≒1.0L
その他周辺情報白州・尾白の森名水公園べるが
https://www.verga.jp/

しろきや 食事処 タイム(蕎麦屋)
山梨県北杜市白州町白須1104-10
0551-35-2456
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ フリーライドパンツ 靴下 夏帽(予備ニット帽) 手袋 雨具(ストームクルーザージャケット+パンツ) 着替え ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+パン×2+おにぎり×1) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×4) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) スマホ タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) ホッカイロ(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備) チェーンスパイク(予備) ストック

写真

矢立石登山口、真横に駐車場があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢立石登山口、真横に駐車場があります
1
日向山三角点、山頂から外れた位置にありますが、案内板もしっかりあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山三角点、山頂から外れた位置にありますが、案内板もしっかりあります
1
細尾根+どてかい穴がありました。。。。。(ノ><)ノ ヒィ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細尾根+どてかい穴がありました。。。。。(ノ><)ノ ヒィ
2
鞍掛山と大岩山の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛山と大岩山の分岐
1
一部少量の残雪あり、歩行に問題なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部少量の残雪あり、歩行に問題なし
1
伝わらない急坂感
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝わらない急坂感
1
こんな笹道もありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな笹道もありました
1
日向山に戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山に戻ってきました
1
日向山標柱、しばらく見ないうちに朽ち果てたね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山標柱、しばらく見ないうちに朽ち果てたね〜
1
熊の爪痕、ハイキングコースのすぐ横に多数あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の爪痕、ハイキングコースのすぐ横に多数あり
1
「しろきや」で頂いた盛りそば800円。本日は二八蕎麦のみでしたが、十割蕎麦もある模様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「しろきや」で頂いた盛りそば800円。本日は二八蕎麦のみでしたが、十割蕎麦もある模様です。
1

感想/記録
by drunk

2019年5月18日(土)

今週前半で腰の痛みは和らいだ、と思い安心していたが
金曜日朝になると、腰にピリッと痛みが走った。
あと1日では治る気配は無い……。(T^T)

先週は軽めの山とした為、今週は長距離を歩きたかったのだが、
またしても短時間山行にしなくてはならないのか、
と悩んだ結果、当初の計画通り「鞍掛山」に行く事にした。

結論は、腰の痛みもあるが、
検診の結果(呑み過ぎである(-。-)ボソッ)も思わしくないので
歩いて体質改善をする必要もあったからである。
※これだけ歩いていて検診に引っかかるって、どんだけ呑んでるんだか。
 ま、ここ数日は平日の1/10程度に減らしてます。(-。-)ボソッ

さて、鞍掛山であるが、
登山口は日向山と同じとなる。
つまり駐車場が大混雑するのだ。
尾白川渓谷に停めて、日向山まで歩いたことはあるが、
その間往復約2時間である。
腰の痛みがある中、無理は禁物と言う事で
矢立石登山口駐車場を確保する為、相当早めに出発する事にした。
現着≒5時だったが、既に夜明けを迎えて周囲は明るくなっているので、
現着→登山開始までの待ち時間は全くない。
速攻でスタートである。

で、この時同時間に父娘と思われる2人組もスタートしたのだが、
全く追いつけずでした。
鞍掛山が控えているので、途中でペースダウンしましたが、
いや〜なんちゅう父娘だ。

日向山山頂から雁ヶ原を進み、鞍掛山への登山道に入り込むと
いきなり細尾根が待っていました。
大きな穴も開いてるし、ちょっと緊張しましたね。
ただトレース自体はしっかりしていたのと、
マークも多数あったので迷う事はありません。
(一部間違えそうな所はありました)

最初の緊張する場面を抜けると、穏やかな尾根道が続きます。
で、大岩山との分岐を過ぎると、
アップダウン+急坂、ロープ等が現れます。
山頂直前はかなり急坂で、崖っぽくなっているので注意が必要です。

山頂は狭く標識しかありません。
更に奥に進むと展望台があり、「甲斐駒ヶ岳」が美しいとの事ですが
本日は見る事が出来ませんでした。

なお破線ルートとしては、かなりの人とすれ違っています。
甲斐駒ねらいで人気なのだと思いました。
訪問者数:260人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ