また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1854287 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

高尾山の一丁目から三十六丁目( 清滝-薬王院の丁石 )

日程 2019年05月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
自転車
自宅(23区内)からパスハンターで自走、途中にデポ、そして徒歩。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

甲州道中 - 高尾山口駅 - 清滝 - 1号路(本参道) - 薬王院 - 高尾山山頂(紫陽関)
コース状況/
危険箇所等
歴史散歩。

本参道苦手、敬遠してたのですが…( 長時間の舗装路歩きは膝と内臓に負荷がかかるんで… どうも…Mmm。

各丁目がわかってくると、また見方が変わる、じっくりと本参道を歩いてみよう、道そのものを観察してみようという気持になれるようです。

注・丁石が現存する場所はともかく、その他の画像の位置は目安。古くは木製の印が置かれていたそうですが、それは現存しないため、明治期発行の案内図がエビデンス。

高尾山の丁目にはいくつかの系統があるとされています、ここでの紹介は、不動明王由来の三十六童子にあやかり36丁区分されたもので、これは明治期以降の概念です。

高尾山は、古くは登り30丁とされていましたので、それを新たに36にわけたと考えられるでしょう。

で、1丁は約109メートルですが、信仰での丁目なので、実際の距離はさほど関係ありません。世相に応じて変化するローカルルールと考えて下さい。

(信仰の道は、そこを進むこと、そこに在ること自体が信心、そのままに当体なんで、特定の場所・距離がどうこうではないんです。)

この36丁区分の丁石には童子が刻まれており(現存の、確認可能なものには)、それは本尊として、各丁石も礼拝の対象となります。ただの道しるべではないということです。

もう一つの高尾山の丁石の特徴は、本坊(ビーク側)に1丁目が置かれている点です。たいていは慣例的にも登山口側に1丁目が置かれるんで。

(高尾山はマイルド、いわゆる山岳信仰の山とは少し異なるのです。)

ちなみに10丁目の蛸杉-11丁目の十一丁目茶屋にはつづけて丁石が現存、しかもこの区間はほぼ109メートル。なのでこの区間では、実際の1丁という距離が体験できます。

丁石そのものに関しては、縣敏夫氏の研究が詳しいです、おすすめです。

装備

個人装備 パスハンター

写真

三十六丁目の丁石。清滝、不動院前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三十六丁目の丁石。清滝、不動院前。
1
三十五丁目。不動院-鳥羽橋までの区間は、ほぼ等間隔と仮定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三十五丁目。不動院-鳥羽橋までの区間は、ほぼ等間隔と仮定。
三十一丁目、鳥羽橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三十一丁目、鳥羽橋。
三十丁目、鳥羽橋と那賀橋との中間。ちなみに西側のビークが楓山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三十丁目、鳥羽橋と那賀橋との中間。ちなみに西側のビークが楓山。
二十九丁目の丁石。那賀橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十九丁目の丁石。那賀橋。
二十八丁目。那賀橋-布流滝橋までの区間も、ほぼ等間隔と仮定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十八丁目。那賀橋-布流滝橋までの区間も、ほぼ等間隔と仮定。
二十六丁目、布流滝橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十六丁目、布流滝橋。
二十五丁目の丁石。布流滝(古滝)、最初のヘアピンカーブの突き当たり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十五丁目の丁石。布流滝(古滝)、最初のヘアピンカーブの突き当たり。
二十四丁目。次のカーブとの中間、いわゆる二十四丁目の坂道の真ん中。ここは山中一の激坂!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十四丁目。次のカーブとの中間、いわゆる二十四丁目の坂道の真ん中。ここは山中一の激坂!
二十三丁目、金比羅台をわける南側の分岐(麓側)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十三丁目、金比羅台をわける南側の分岐(麓側)。
二十二丁目。三番目のカーブの突き当たり。曲がり角。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十二丁目。三番目のカーブの突き当たり。曲がり角。
二十一丁目の丁石。金比羅台をわける北側の分岐(ビーク側)。いわゆる二十一丁目の坂道にかかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十一丁目の丁石。金比羅台をわける北側の分岐(ビーク側)。いわゆる二十一丁目の坂道にかかる。
二十丁目。二十一丁目-城見台区間も、ほぼ等間隔と仮定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二十丁目。二十一丁目-城見台区間も、ほぼ等間隔と仮定。
十八丁目、城見台(城見坂)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十八丁目、城見台(城見坂)。
十七丁目。城見台-リフト山上駅区間も、ほぼ等間隔と仮定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十七丁目。城見台-リフト山上駅区間も、ほぼ等間隔と仮定。
十六丁目。この付近、古くは展望があったそうです。ちなみに北西側のエリアが古くは浅間山で、浅間社が置かれていたとされているが正確な位置は不明。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十六丁目。この付近、古くは展望があったそうです。ちなみに北西側のエリアが古くは浅間山で、浅間社が置かれていたとされているが正確な位置は不明。
十四丁目、リフト山上駅。この付近、古くは相模川が見切れたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十四丁目、リフト山上駅。この付近、古くは相模川が見切れたそうです。
十三丁目、展望台との中間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十三丁目、展望台との中間。
十二丁目、展望台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二丁目、展望台。
十一丁目の丁石。十一丁目茶屋(古くは楓月茶屋?)の向かい側。ちなみに十一丁目茶屋と言えば、まさに高尾山が育てた俳人、南南浪との縁が深い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十一丁目の丁石。十一丁目茶屋(古くは楓月茶屋?)の向かい側。ちなみに十一丁目茶屋と言えば、まさに高尾山が育てた俳人、南南浪との縁が深い。
1
十丁目の丁石。蛸杉(一本杉)の並び。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十丁目の丁石。蛸杉(一本杉)の並び。
九丁目。浄心門手前か? ちなみに古くは、浄心門は存在しないでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九丁目。浄心門手前か? ちなみに古くは、浄心門は存在しないでしょう。
八丁目、神変堂。神変堂の起こりは、浄心門よりは古いようですが、やはり古くは存在しないでしょう。役行者を祀るものですが、最近の研究では、そもそも高尾山に修験はなかったという史観が。ちなみに神変堂向かいの小ピークが神変山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁目、神変堂。神変堂の起こりは、浄心門よりは古いようですが、やはり古くは存在しないでしょう。役行者を祀るものですが、最近の研究では、そもそも高尾山に修験はなかったという史観が。ちなみに神変堂向かいの小ピークが神変山。
七丁目。男坂-女坂分岐手前、中間? ちなみに女坂は新道、古くは女坂は存在しないでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丁目。男坂-女坂分岐手前、中間? ちなみに女坂は新道、古くは女坂は存在しないでしょう。
六丁目。男坂、いわゆる百八段下。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六丁目。男坂、いわゆる百八段下。
五丁目の丁石。百八段上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丁目の丁石。百八段上。
四丁目。女坂に合流する手前、いわゆる文学碑通りの中間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四丁目。女坂に合流する手前、いわゆる文学碑通りの中間。
三丁目の丁石。女坂との合流地点、権現茶屋(設待茶屋)の向かい側。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三丁目の丁石。女坂との合流地点、権現茶屋(設待茶屋)の向かい側。
二丁目、杉並木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二丁目、杉並木。
一丁目の丁石。四天王門の並び、いわゆる広庭の東。もみじや支店(設待茶屋)の向かい側。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一丁目の丁石。四天王門の並び、いわゆる広庭の東。もみじや支店(設待茶屋)の向かい側。
1
おまけ。薬王院まで詰めた後、富士道で山頂に。右側の石垣、これは黒ボク石。富士信仰の名残、富士道の証( メタファー )。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ。薬王院まで詰めた後、富士道で山頂に。右側の石垣、これは黒ボク石。富士信仰の名残、富士道の証( メタファー )。
おまけ2。広庭の南側、江戸期の「當山一町目」の丁石が現存。つまり現在、本坊前には二つの一丁目の丁石が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ2。広庭の南側、江戸期の「當山一町目」の丁石が現存。つまり現在、本坊前には二つの一丁目の丁石が。
おまけ3。今回も自転車はデポ。これは古いロードスターで35L程度のザックは積載可能。自転車登山が面白いのは、その一つは、区内在住者としては、いわば自宅から登山が始まる、自分の脚力のみで山に登れる点でしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ3。今回も自転車はデポ。これは古いロードスターで35L程度のザックは積載可能。自転車登山が面白いのは、その一つは、区内在住者としては、いわば自宅から登山が始まる、自分の脚力のみで山に登れる点でしょう。

感想/記録

1丁目、3丁目、5丁目、10丁目、11丁目、21丁目、25丁目、29丁目、そして36丁目の丁石は現存するため、あとは地図で探りつつ歩いてみるのも面白いかと…

(ただ現在の丁石の位置、本参道の整備により多少の移動はあると思われます。)

その間隔は100メートルに満たないんで、けっこう忙しい、否、なんやらメリハリが出るようで? とにかく本参道のみでも遊べる。

江戸期の薬王院に関しては、たとえば「八王子名勝志」にある絵図が捉えやすい、現在との違いがよくわかるでしょう。

たとえば本坊で江戸期ママと思われるのは、飯縄大権現社のみじゃないかと? 飯縄大権現社につづく本堂西の石段の位置もほぼ江戸期ママです。
訪問者数:184人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック リフト デポ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ