また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1863441 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走阿蘇・九重

岩井川岳〜肥前ヶ城〜三俣山(敗退)

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間15分
休憩
1時間35分
合計
8時間50分
Sスタート地点07:0707:12岩井川岳登山口07:1708:21岩井川岳08:2408:48扇ヶ鼻08:4909:01扇ヶ鼻分岐09:0209:09星生山分岐09:1109:18肥前ヶ城09:2509:47久住分れ09:5010:11北千里浜10:1510:18諏蛾守越分岐10:1910:24諏蛾守越10:3410:54三俣山西峰11:09三俣山IV峰11:1011:14三俣山11:2311:32三俣山北峰11:4012:15三俣山南峰12:4413:22諏蛾守越分岐13:28北千里浜13:57久住分れ14:0214:17星生山分岐14:24扇ヶ鼻分岐14:2614:39扇ヶ鼻14:4315:48岩井川岳登山口15:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三俣山お鉢は人が通らないのかかなり荒れています。紛らわしい看板があるせいだと思う。
その他周辺情報これからの時季は冷泉が一押し。ラムネ温泉がおすすめかな。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ

写真

本日の駐車場。
先客も多め。
2019年05月25日 07:04撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の駐車場。
先客も多め。
そして登山口。
登山届け入れは少し進んだ場所にあります。
2019年05月25日 07:09撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして登山口。
登山届け入れは少し進んだ場所にあります。
林道終点から少しずつ登山道へ。
2019年05月25日 07:20撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点から少しずつ登山道へ。
朝なので光が綺麗。
2019年05月25日 07:24撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝なので光が綺麗。
2
しばらくは森林地帯を進む。
2019年05月25日 07:28撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは森林地帯を進む。
1
こう見えても虫は元気です(笑
2019年05月25日 07:34撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こう見えても虫は元気です(笑
尾根道に進んでトラバース。
2019年05月25日 07:50撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道に進んでトラバース。
ヒメアカタテハ
2019年05月25日 07:54撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメアカタテハ
4
笹尾根。
マダニが怖い。
2019年05月25日 08:01撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹尾根。
マダニが怖い。
一気に開けました。
2019年05月25日 08:12撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に開けました。
この先が、岩井川岳。
2019年05月25日 08:14撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が、岩井川岳。
1
標識が見当たらないと思ったらひっそりと陰にありました。
2019年05月25日 08:17撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識が見当たらないと思ったらひっそりと陰にありました。
扇が鼻に向かう。
日差しが出てきた。
2019年05月25日 08:27撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇が鼻に向かう。
日差しが出てきた。
涌蓋山方向。
ちょっと霞んできたのが玉に瑕。
2019年05月25日 08:40撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涌蓋山方向。
ちょっと霞んできたのが玉に瑕。
1
この時間帯は扇が鼻にも人が少ないか。
2019年05月25日 08:41撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間帯は扇が鼻にも人が少ないか。
到着。
そういえば九重で最初に登ったのもここだった気がする。
2019年05月25日 08:43撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。
そういえば九重で最初に登ったのもここだった気がする。
1
ミヤマキリシマはまだまだ。
2019年05月25日 08:45撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキリシマはまだまだ。
次はマイナーピーク肥前ヶ城を目指す。
2019年05月25日 09:01撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はマイナーピーク肥前ヶ城を目指す。
明確な入口は無し。
一応赤テープ。
2019年05月25日 09:04撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明確な入口は無し。
一応赤テープ。
踏み跡はあるがかなり錯綜している。
2019年05月25日 09:07撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡はあるがかなり錯綜している。
アオダイショウ「\コンニチハ/」
一応踏まないよう回避。
2019年05月25日 09:15撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオダイショウ「\コンニチハ/」
一応踏まないよう回避。
肥前ヶ城に到着。
かなり風化してますね。
2019年05月25日 09:16撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肥前ヶ城に到着。
かなり風化してますね。
2
九重連山のパノラマ。
今回は行きません。
2019年05月25日 09:18撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九重連山のパノラマ。
今回は行きません。
本道に戻ります。
アオダイショウさんは消えてました。
2019年05月25日 09:24撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本道に戻ります。
アオダイショウさんは消えてました。
1
意外とザレザレ。
足が取られる。
2019年05月25日 09:28撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外とザレザレ。
足が取られる。
久住別れに到着。
2019年05月25日 09:41撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住別れに到着。
1
次はメインディッシュの三俣山。
2019年05月25日 09:43撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はメインディッシュの三俣山。
1
硫黄山の尾根伝いに行けば楽そうだが、おそらく死ぬ。
2019年05月25日 10:04撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄山の尾根伝いに行けば楽そうだが、おそらく死ぬ。
1
激下りからの平地。
またあれ登り返すのか・・・・
2019年05月25日 10:06撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激下りからの平地。
またあれ登り返すのか・・・・
1
おきまりローアングル。
2019年05月25日 10:08撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おきまりローアングル。
1
スガモリ小屋跡から登山道が延びてるそうで。
2019年05月25日 10:14撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スガモリ小屋跡から登山道が延びてるそうで。
1
気合い入れていざ出発。
2019年05月25日 10:27撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気合い入れていざ出発。
案の条の激登り。
2019年05月25日 10:40撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案の条の激登り。
1
所々ミヤマ咲いていたけど、ピークは来週なのでしょうか。
2019年05月25日 10:42撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々ミヤマ咲いていたけど、ピークは来週なのでしょうか。
2
あれが西峰?
2019年05月25日 10:47撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが西峰?
意外とあっさり到着。
2019年05月25日 10:49撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外とあっさり到着。
2
一度下って登り返して本峰。
2019年05月25日 11:09撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度下って登り返して本峰。
2
北峰に向かう。
荒れていると聞いたがいかに。
2019年05月25日 11:10撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰に向かう。
荒れていると聞いたがいかに。
ヤバい下り。
写真では伝わらない悲しさ。
2019年05月25日 11:17撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤバい下り。
写真では伝わらない悲しさ。
ん?
先客がいる。
2019年05月25日 11:23撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?
先客がいる。
1
ここから指山に下れるそうで。
2019年05月25日 11:30撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから指山に下れるそうで。
北峰に到着。
さすがバリルート、かなりきつい。
2019年05月25日 11:32撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰に到着。
さすがバリルート、かなりきつい。
1
でも、眺めは最強。
来て良かった。
2019年05月25日 11:33撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、眺めは最強。
来て良かった。
やはりお鉢は荒れてました。
所々の謎テープに釣られてしまう。
2019年05月25日 11:43撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりお鉢は荒れてました。
所々の謎テープに釣られてしまう。
・・・・。
落ちたら只では済まない崩落。
2019年05月25日 11:44撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・・。
落ちたら只では済まない崩落。
雨が池への直行は封鎖されていました。
2019年05月25日 11:51撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が池への直行は封鎖されていました。
坊ガツルのテント群。
2019年05月25日 11:55撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊ガツルのテント群。
1
登り直せば南峰のはず。
2019年05月25日 12:12撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り直せば南峰のはず。
到着。
もう2度と行きたくない。
2019年05月25日 12:16撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。
もう2度と行きたくない。
1
帰りはバリルートで帰ろうか。(悲劇の始まり)
2019年05月25日 12:46撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはバリルートで帰ろうか。(悲劇の始まり)
1
このあたりまでは何の変哲も無い登山道だったが、
2019年05月25日 12:54撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりまでは何の変哲も無い登山道だったが、
1
え・・・ここ下るの?
2019年05月25日 13:03撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え・・・ここ下るの?
正直、ロープがなく足場がさらに悪い鞍ヶ戸を下る気分。
途中から下に人居ないの確認して、グリセードもどき(横滑り)で下りました。
2019年05月25日 13:08撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正直、ロープがなく足場がさらに悪い鞍ヶ戸を下る気分。
途中から下に人居ないの確認して、グリセードもどき(横滑り)で下りました。
1
北千里。
変な力使ったせいで両足が痙る。
2019年05月25日 13:13撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北千里。
変な力使ったせいで両足が痙る。
1
さようなら三俣山。
たぶんしばらくは登りたくない。
2019年05月25日 13:51撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さようなら三俣山。
たぶんしばらくは登りたくない。
1
久住山経由、赤川登山道に戻るつもりがもう限界。
来た道を引き返す。
2019年05月25日 14:08撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山経由、赤川登山道に戻るつもりがもう限界。
来た道を引き返す。
岩井川岳まで帰ってきました。
帰りはスルー。
2019年05月25日 14:52撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩井川岳まで帰ってきました。
帰りはスルー。
1
もうちょっとで下界。
2019年05月25日 15:34撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっとで下界。
1
久しぶりの中距離ハイク。
無駄に疲れた。
2019年05月25日 15:44撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの中距離ハイク。
無駄に疲れた。
1
撮影機材:

感想/記録
by ralick

 久しぶりの中距離ハイク。今回は九重で行けていなかった三俣山まで行ってきました。最近は距離の短めの登山ばかりだったので、無事完歩できるか・・・。(完敗してます(笑)
 三俣山に登るときは長者原から登るのが鉄板みたいです。しかしそれでは距離が稼げないので、今回は一番遠い登山口から、山を3つ越えてアクセスするコースを選択。最後に久住山に登って赤川に下りるという欲張りプランを立てていました。

 登山口〜岩井川岳
 迷うポイントは無し。ただ冗長な登りと元気になってきた虫たちが行く手を阻む。結局誰とも会わずに、山頂を独り占めできました。

 岩井川岳〜扇が鼻
 急登があるが、道は整然。こんな早い時間帯なのに先客で賑わっていました。特に用にはないので今回はスルー。

 肥前ヶ城
 隠れミッションで山高に載っていない肥前ヶ城に行ってきました。星生伸した道から分岐しているが、目印はわかりにくい赤テープ一本のみ。道も錯綜していて山頂までは結構苦労しました。山頂は・・・岩井川岳とたいして景色も変わりません。

 三俣山(全峰)
 メインディッシュの三俣山。ここまで約10km、体力は残っていたがちょっと足先が痛い。山頂までは結構あっさりしていたが、お鉢はかなりのクセモノ。直射日光と相まってごりごり体力を削られた。そして最後に待ち受けた崩落地点。落石なんかおこしたら死人が出そうなくらいおっかない場所だったが、なんとか砂地を選んで滑り降りました。(標高差150m)

 このあと久住山に登る予定でしたが、完全に集中力が切れたのでこのまま久住の下りルート通ると怪我につながると判断して来た道を引き返しました。正直少し消化不良でしたが、いい運動になったと思います。

 反省点
 もうちょっと事前に状態を調べておけば良かった・・・
訪問者数:290人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ