また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1864524 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

雁ヶ腹摺山から楢ノ木尾根 静かな尾根歩きとシロヤシオを求めて

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー11人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
往き 大月駅→大峠 タクシー
帰り 富士急バス 上和田バス停16:05→猿橋駅16:37
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
1時間3分
合計
7時間31分
S大峠(大ドウミ)08:1209:07雁ヶ腹摺山09:1209:54大樺ノ頭(大カンバ・丸岳大樺)09:5910:19石小屋ダル(イシノネカ)10:28唐松立11:0111:12ズサアラ11:33三ツ石タツマ11:3412:02栂尾根ノ頭12:43泣坂ノタル12:5313:09泣坂ノ頭(スバノ山)13:1013:31大峰13:3913:54西沢ノ頭14:23東沢ノ頭(水無山)15:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
楢ノ木尾根は数か所間違いやすいところあり
大樺ノ頭から10分ほど進んだ地点で尾根筋が広がり不明瞭、鉄塔が建つピークの方向に向かう
1597m唐松立から150mほど進んだ下り、トレースが薄くなる
泣き坂ノ頭の手前コル、右へ巻くように明瞭なトレースあるが目の前の斜面を登るのが正解
泣き坂ノ頭の先は広い尾根が分岐している、西の方角に見えるピークを目印に西寄りに。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

大峠の登山口。さあ、スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠の登山口。さあ、スタート
南アルプスもくっきり、登るにつれ展望が広がる、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスもくっきり、登るにつれ展望が広がる、
姥子山からの道と合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥子山からの道と合流
旧500円札に描かれていた富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧500円札に描かれていた富士山
7
その標識と一緒に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その標識と一緒に
2
ムシカリの花、シロヤシオはまだか〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムシカリの花、シロヤシオはまだか〜
2
大樺ノ頭、ここまではトレースがはっきりしている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺ノ頭、ここまではトレースがはっきりしている
2
大樺ノ頭の先の下り、こんな感じでトレースが薄くなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺ノ頭の先の下り、こんな感じでトレースが薄くなる
1
鉄塔が建つ唐松立からの眺望、正面に雲取山。早いけどお腹がすいたのでここでランチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔が建つ唐松立からの眺望、正面に雲取山。早いけどお腹がすいたのでここでランチ
1
トウゴクミツバツツジ、普通(?)のミツバツツジと確かに違う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジ、普通(?)のミツバツツジと確かに違う
4
お目当てのシロヤシオもでてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お目当てのシロヤシオもでてきた
2
シロヤシオが増えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオが増えてきた
3
泣き坂ノ頭手前のコル、右へ明瞭なトレース。正面の斜面を登るのが正解
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泣き坂ノ頭手前のコル、右へ明瞭なトレース。正面の斜面を登るのが正解
わかりにくいが、シロヤシオとトウゴクミツバツツジのコラボ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりにくいが、シロヤシオとトウゴクミツバツツジのコラボ
4
泣き坂ノ頭到着、泣くほどではなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泣き坂ノ頭到着、泣くほどではなかった
2
ここもわかりにくい、左へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもわかりにくい、左へ
1
花付きの良い木があった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花付きの良い木があった
4
大峰山頂、展望なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰山頂、展望なし
3
足もとにギンリョウソウ、危うく踏みそうに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足もとにギンリョウソウ、危うく踏みそうに
4
標高が下がるとヤマツツジも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が下がるとヤマツツジも
1
眺望が開ける尾根道にでた、標高1298m地点を過ぎたあたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望が開ける尾根道にでた、標高1298m地点を過ぎたあたり
1
水無山山頂、上和田への下山道から外れ南へ2〜3分あるいたところにある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無山山頂、上和田への下山道から外れ南へ2〜3分あるいたところにある
2
車道に出る、暑い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出る、暑い
1
上和田バス停、周辺にお店なし、ビールはおあずけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上和田バス停、周辺にお店なし、ビールはおあずけ
1

感想/記録

楢ノ木尾根は気になっていたが、ソロでは行きにくいとこ。所属する山の会で山行が出たので参加することにした。
大月駅からのタクシーはワゴンで、ゆったり座ることができ幸先がいい。登山口の大峠からもきれいな富士山が。
登るにつれて南アルプスも見えてくる。山を特定しようも見えてるのは南アルプスの南部らしく、南部の方は知識なくわからない、南ア南部も勉強しようっと。
雁ヶ腹摺山頂からは期待通りの絶景。あの滝子山が低く見える。
休憩の後いよいよ楢ノ木尾根へ。標識もありトレースもしっかりしている。ムシカリの白い花が咲いている。シロヤシオはまだかと言ったら、もっと先の泣き坂ノ頭あたりとのこと。もう少しガマン
鉄塔の建つ唐松立で、お腹がすいたので、まだ10時半だがランチにすることに。目の前に雲取山が、あまり特徴のない山だがここからは目立つ。
その先はトレースが薄くなりルートファインディングを楽しみながら進む。泣き坂ノタルへの下りで足元に白い花が落ちているのを見つけ、もしやと上を見上げると、ついにシロヤシオが。しばし写真撮影
泣き坂ノタルでは、下見に行かれた方が間違えたところを教えてもらう。泣き坂ノ頭を巻けると思い踏み入って、大変な目に遭ったとのこと。確かにはっきりしたトレースがピークを巻くように延びている。
泣き坂の頭から先は単調な尾根歩き、下山後のビールがちらつき始める(笑)。下山口周辺にはお店はないと聞いていたが、水無山分岐からの激下りも、一杯を目指して歩が速くなる。
結局ビールは国分寺での反省会までおあずけ。
天気も良く、お目当ての富士山とシロヤシオも見ることができ、反省会も楽しくサイコーの山行でした。皆さん、お疲れ様でした。
訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ