また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1865083 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

燧ヶ岳〜尾瀬御池より

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴 ほぼ無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾瀬御池(福島県檜枝岐村側より) バイクにて
国道352号の新潟県側の銀山平方面は冬季の交通止めとなっています。
例年6月中旬くらいには開通していますが、毎年違うようなので要注意!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
1時間4分
合計
5時間59分
S山の駅御池&御池ロッジ08:2608:29御池登山口08:3009:16広沢田代09:46御池登山口 5合目09:5210:05熊沢田代11:1811:3411:44燧ヶ岳12:0812:1912:3413:05熊沢田代13:19御池登山口 5合目13:2113:35広沢田代14:15御池田代14:20御池登山口14:25山の駅御池&御池ロッジG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1.足の裏に雪玉が付く
強力な湿雪状態で気温が高いため、足の裏に雪だまりができるので
体力を奪われるのはもちろんのこと急斜面がではアイゼンが利かず滑り落ちる。
実際何回か滑ってピッケルのお世話になりました。

2.広沢田代は解け始め
木道がでるか出ないかくらいですが水が多くなり始めています。
ゲイターがないと靴ごと水没するかもしれません。
長靴で登山されている方を2名見かけました。

3.俎グラから柴安グラ(積雪季)
俎グラからコルに降りるところは雪がなく夏道で雪があっても大丈夫な斜面
しかしながらコルから柴安グラは斜度が60ぐらいで残雪が
しっかりあるのでピッケルがないとやばいです。
正直おりるのが怖いと思いました。
雪が固ければ前爪があるアイゼンが必須です。
その他周辺情報一番初めの道の駅?にある
森の温泉館アルザ尾瀬の郷 500円
露天風呂で内風呂なし 洗い場は室内なります。
人が少なかったです。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ 靴下 グローブ アウター手袋 手袋 雨具 ゲイター ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 針金 ロールペーパー 保険証 携帯 サングラス タオル ナイフ カメラ

写真

尾瀬御池の駐車場
雪かきのため雪壁になっていますが
周辺はこんなには積もっていません。
2019年05月25日 08:30撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬御池の駐車場
雪かきのため雪壁になっていますが
周辺はこんなには積もっていません。
初めは夏道です
水芭蕉が顔を出していました。
尾瀬らしい
2019年05月25日 08:34撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めは夏道です
水芭蕉が顔を出していました。
尾瀬らしい
2
広沢田代から熊沢田代の丘をみる
2019年05月25日 09:12撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢田代から熊沢田代の丘をみる
1
広沢田代の標識は埋まっています。
木道が下にあるのですが、見えませんがルートを外れると
踏む抜く可能性があるようです。
2019年05月25日 09:15撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広沢田代の標識は埋まっています。
木道が下にあるのですが、見えませんがルートを外れると
踏む抜く可能性があるようです。
1
池になっています。
雪解けはもうすぐ
2019年05月25日 09:15撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池になっています。
雪解けはもうすぐ
2
熊沢田代手前の木道
夏道が出ています。
熊沢田代も木道が半分ぐらい出ています。
スキーの人はいったん手持ちになります。
2019年05月25日 10:00撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢田代手前の木道
夏道が出ています。
熊沢田代も木道が半分ぐらい出ています。
スキーの人はいったん手持ちになります。
2
足の裏に雪玉ができます。
アイゼンが利かなくなるので
これが下山時さらに凶悪に!!
2019年05月25日 10:30撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足の裏に雪玉ができます。
アイゼンが利かなくなるので
これが下山時さらに凶悪に!!
2
急登です
写真ではわかりずらい
2019年05月25日 10:52撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登です
写真ではわかりずらい
1
尾瀬沼を見下ろす

俎グラ登頂
2019年05月25日 11:25撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼を見下ろす

俎グラ登頂
2
俎グラには山頂標識なし
2019年05月25日 11:25撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎グラには山頂標識なし
柴安グラ登頂
こちらには立派な標識があります。
こちらの方が10m高い!
2019年05月25日 11:54撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安グラ登頂
こちらには立派な標識があります。
こちらの方が10m高い!
尾瀬ヶ原デカい
至仏山と燧ケ岳と尾瀬ヶ原と尾瀬沼最高です。
2019年05月25日 11:56撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原デカい
至仏山と燧ケ岳と尾瀬ヶ原と尾瀬沼最高です。
2
なんとも言えない
至仏がいい
2019年05月25日 11:58撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとも言えない
至仏がいい
3
山頂付近は雪がない
2019年05月25日 11:59撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近は雪がない
尾瀬ヶ原を見下ろす
2019年05月25日 12:03撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原を見下ろす
2
私も滑りました。
山頂で写真を取り合った人が「楽しい」を連呼していました。
こちらも楽しくなりましたありがとう!
2019年05月25日 12:16撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私も滑りました。
山頂で写真を取り合った人が「楽しい」を連呼していました。
こちらも楽しくなりましたありがとう!
1
この斜面
正直怖かったです。
2019年05月25日 12:34撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面
正直怖かったです。
2
では下山
2019年05月25日 12:35撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では下山

感想/記録

今シーズン最後の残雪期の山行ではないかと思いますが
好天に恵まれました。熱いくらいですが、何度もシリセェードをしたのでだいぶ涼めました。
急勾配が多いのと足の裏の雪に苦しめられましたが、
距離も長くなく残雪期としては私にはちょうどいいと思いました。
山頂からの景色は季節により移り変わりが多いと思いますので
また季節を変えてきてみたいと感じました。

雪よ ありがとう。
訪問者数:631人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ