また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1865790 全員に公開 ハイキング丹沢

東野〜蛭ヶ岳〜檜洞丸〜西丹沢自然教室

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
バス
橋本駅→三ヶ木BS乗換→東野バス停
西丹沢自然教室バス停→新松田駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSは黍殻山避難小屋経由になっていますが、青根分岐に直接登りました
その他周辺情報中川温泉ぶなの湯を利用
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

三ヶ木から月夜野へのバスは朝1本、午後1本のみ。
月夜野行に接続する6時20分発三ヶ木行き車内。
GWより空いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ヶ木から月夜野へのバスは朝1本、午後1本のみ。
月夜野行に接続する6時20分発三ヶ木行き車内。
GWより空いています。
月夜野行のバスでは、座れない人が私を含め数名・・・
焼山登山口、平丸で半分強が下車。東野で下りたのは私を含め2名のみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月夜野行のバスでは、座れない人が私を含め数名・・・
焼山登山口、平丸で半分強が下車。東野で下りたのは私を含め2名のみ。
東野バス停。左側の車道を歩いてきます。
観光バスのおじさんは、大阪からのツアーで、朝大倉でお客さんを下ろしてきたそうで、明日拾って帰るそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東野バス停。左側の車道を歩いてきます。
観光バスのおじさんは、大阪からのツアーで、朝大倉でお客さんを下ろしてきたそうで、明日拾って帰るそうです。
ここで左折します。道標があるので迷いません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで左折します。道標があるので迷いません。
GWには閉じていたゲートが開いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GWには閉じていたゲートが開いていました。
一般車は立ち入り禁止?
普通の車で入れる位、ずっとしっかりした道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般車は立ち入り禁止?
普通の車で入れる位、ずっとしっかりした道が続きます。
八丁坂ルート分岐。
3週間前は36分でたどり着きましたが、後半に足を残すべくゆっくり目に歩いた今日は42分かかりました。
前回と同じではつまらないので、今日はこのまま左の林道を進みます。エアリアのコースタイムは同じだったので、本当に同じか検証!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂ルート分岐。
3週間前は36分でたどり着きましたが、後半に足を残すべくゆっくり目に歩いた今日は42分かかりました。
前回と同じではつまらないので、今日はこのまま左の林道を進みます。エアリアのコースタイムは同じだったので、本当に同じか検証!
林道歩きなんですが、杉林の中でとても気持ちがよく、退屈ではない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道歩きなんですが、杉林の中でとても気持ちがよく、退屈ではない。
程なく左手に登山道の入口が現れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
程なく左手に登山道の入口が現れます。
入口の先にゲートがあり、車はここまで。
駐車スペースは5台ほどですが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口の先にゲートがあり、車はここまで。
駐車スペースは5台ほどですが、
止まっている車の1台は、蛭ヶ岳山荘の管理人さんの車でした。
やはり関係者以外は普段入れないのかしら・・・?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
止まっている車の1台は、蛭ヶ岳山荘の管理人さんの車でした。
やはり関係者以外は普段入れないのかしら・・・?
しばらく歩くと、さっきの林道の終点地点に出てきます。真新しい小屋があって、そこからモノレールの線路が...
八丁坂ルートに続くモノレールの起点がここでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと、さっきの林道の終点地点に出てきます。真新しい小屋があって、そこからモノレールの線路が...
八丁坂ルートに続くモノレールの起点がここでした。
この中にモノレールの本体がある筈。
乗りたい・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この中にモノレールの本体がある筈。
乗りたい・・・
モノレールとはすぐにさよならです。
ここから沢沿いの急登が始まります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールとはすぐにさよならです。
ここから沢沿いの急登が始まります
登山者泣かせの砂防ダム越えが1か所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者泣かせの砂防ダム越えが1か所
道はちゃんと整備されていて、歩きやすいですが、一気に高度を稼ぐので、八丁坂ルートよりも急で辛い登りです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はちゃんと整備されていて、歩きやすいですが、一気に高度を稼ぐので、八丁坂ルートよりも急で辛い登りです
樹林帯の中の青根分岐。
ここまで一人とすれ違っただけでしたが、ここでは焼山方面から登ってくる方が多数、格段に登山者が増えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中の青根分岐。
ここまで一人とすれ違っただけでしたが、ここでは焼山方面から登ってくる方が多数、格段に登山者が増えます。
稜線に出ると蛭ヶ岳が木間から見えるようになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると蛭ヶ岳が木間から見えるようになります。
八丁坂ルート分岐。分岐での6分遅れを取り戻し、逆に3週間前より5分早く到着!距離の長い林道ルートの方が早く着いた。謎。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂ルート分岐。分岐での6分遅れを取り戻し、逆に3週間前より5分早く到着!距離の長い林道ルートの方が早く着いた。謎。
1
姫次、誰もいない!空が青い!風が気持ちいい!富士山登場!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次、誰もいない!空が青い!風が気持ちいい!富士山登場!
1
姫次からの富士は距離感といい周りの雰囲気といい、本当にきれいだと思います。GWよりだいぶ雪が減りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次からの富士は距離感といい周りの雰囲気といい、本当にきれいだと思います。GWよりだいぶ雪が減りました。
1
姫次からは下りが続きます。3週間前は気分が萎える下りでしたが、経験していると、先が読めるので苦しくはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次からは下りが続きます。3週間前は気分が萎える下りでしたが、経験していると、先が読めるので苦しくはありません。
蛭ヶ岳への登りは、階段が続き、急で辛いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳への登りは、階段が続き、急で辛いです。
今日の目的地、檜洞丸による富士山食
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の目的地、檜洞丸による富士山食
1
4回登場する蛭ヶ岳まで0.4kmの道標を過ぎれば、あとひと踏ん張りです。(写真は3個目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4回登場する蛭ヶ岳まで0.4kmの道標を過ぎれば、あとひと踏ん張りです。(写真は3個目)
蛭ヶ岳山頂。今日は富士山だけでなく、南アルプスも見えました。3週間前より33分早く到着!しかし今日の目的地はここではありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂。今日は富士山だけでなく、南アルプスも見えました。3週間前より33分早く到着!しかし今日の目的地はここではありません。
2
今日はこのために来たので、カップ麺をささっと食べて、すぐに出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はこのために来たので、カップ麺をささっと食べて、すぐに出発
こうやって見ると、近くに見える蛭山頂からの檜洞丸。橋があれば・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやって見ると、近くに見える蛭山頂からの檜洞丸。橋があれば・・・
1
しばらくは低木帯の気持ちのいい急な下山道を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは低木帯の気持ちのいい急な下山道を下ります。
ロープの張られた急斜面。なくても大丈夫な感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープの張られた急斜面。なくても大丈夫な感じ。
鎖場。写真ほどは急ではないが、慎重を要する下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場。写真ほどは急ではないが、慎重を要する下り。
鎖がないと、滑って転ぶかもしれない
こんか急斜面が続き、どんどん高度と体力を落としていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖がないと、滑って転ぶかもしれない
こんか急斜面が続き、どんどん高度と体力を落としていきます。
登り返した後の臼ヶ岳山頂。樹林帯で展望はいまいち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返した後の臼ヶ岳山頂。樹林帯で展望はいまいち。
臼ヶ岳からもまだまだ下ります(涙)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼ヶ岳からもまだまだ下ります(涙)
下ります。下ります。急です。。。中央に見える道標が神ノ川乗越
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります。下ります。急です。。。中央に見える道標が神ノ川乗越
ユーシンへの道があるようなないような・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンへの道があるようなないような・・・
登っては急な下りが続きます。体にも心にも堪える・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っては急な下りが続きます。体にも心にも堪える・・・
1
金山谷乗越。ここまでくれば下りはひと段落・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山谷乗越。ここまでくれば下りはひと段落・・・
乗越にはハシゴもあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越にはハシゴもあります
山頂が手前のピークに隠されて見えないくらい、檜洞丸が近くなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が手前のピークに隠されて見えないくらい、檜洞丸が近くなってきました。
檜洞丸の登りは、階段が続くくらいで、覚悟していたほど急ではありませんでした。蛭からの下りの方が問題・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸の登りは、階段が続くくらいで、覚悟していたほど急ではありませんでした。蛭からの下りの方が問題・・・
蛭ヶ岳が大分遠くに。こちら側から見るとカッコいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳が大分遠くに。こちら側から見るとカッコいい。
2
バイケイソウが増えてきたら、山荘ももうすぐです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウが増えてきたら、山荘ももうすぐです。
青ヶ岳山荘。のどかな感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ヶ岳山荘。のどかな感じです。
1
ようやく檜洞丸につきました。展望は木の間からポロポロくらい。山頂の人口は10名位でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく檜洞丸につきました。展望は木の間からポロポロくらい。山頂の人口は10名位でした。
1
こっち側にも注意喚起がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっち側にも注意喚起がありました。
バイケイソウももうすぐかな。群落地の木道を抜ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウももうすぐかな。群落地の木道を抜ける。
1
下山道は急ですが、大倉のように石がゴロゴロの階段とかではないので、(登山経験者にとっては)歩きやすいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道は急ですが、大倉のように石がゴロゴロの階段とかではないので、(登山経験者にとっては)歩きやすいです。
ゴーラ沢出合の渡渉地点。中央右下の岩の所を渡るのですが、増水したら厳しそうでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合の渡渉地点。中央右下の岩の所を渡るのですが、増水したら厳しそうでした。
西丹沢自然教室に到着!臨時バスも出ていました。
中川温泉までバスで移動して、ぶなの湯に入り、19時過ぎの最終バスで帰宅です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室に到着!臨時バスも出ていました。
中川温泉までバスで移動して、ぶなの湯に入り、19時過ぎの最終バスで帰宅です。

感想/記録
by kgoro

GWにも企画するも、主稜縦走は体力的に無理と思い主脈に切り替え、東野から蛭ヶ岳を登り大倉に下りたのですが、その時に蛭ヶ岳から見た檜洞丸の姿とそこまでの道のりが忘れられず、再チャレンジをしました。
蛭→檜洞ですが、やはりきつい。急なアップダウンが多い上に、樹林帯続きでテンションが上がりにくい。蛭からの下りが急で、そこで足を使ってしまい、後半はバテバテでした。
次、もし機会があって、どちらを行くかと言われたら、主脈縦走して大倉に下ります。。。景色もいいし。。。
訪問者数:206人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ