また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1867510 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

5月の熱帯夜 西穂独標に登る

日程 2019年05月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
新穂高第二ロープウェイで頂上駅へ
往復2,800円、6kg以上の荷物でプラス400円。
頂上駅から西穂山荘へは1時間ほど
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間0分
休憩
0分
合計
1時間0分
S西穂高口(千石平)16:0016:00旧ボッカ道分岐17:00西穂山荘G
日帰り
山行
2時間10分
休憩
5時間0分
合計
7時間10分
西穂山荘02:3002:30西穂丸山03:30西穂独標05:0005:00西穂丸山05:30西穂山荘09:0009:00旧ボッカ道分岐09:40西穂高口(千石平)
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
携帯を忘れたので時間は適当
コース状況/
危険箇所等
頂上駅から西穂山荘までは残雪が残る
かなり腐った雪でズブズブ崩れるが
アイゼンは特に使わなかった。
一方西穂山荘から独標は完全に夏道。
雪解けが急速に進んでいるようで
来週にはまた状況が変わっている可能がある。
その他周辺情報帰り平湯民族館で入浴。(料金は寸志)
鉄分の強めな源泉湯。
露天のみでシャワーがないが
温泉好きにはおすすめ。
レストランもあり古民家で休憩もできる。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

ロープウェイより
笠ヶ岳から槍方面
2019年05月25日 16:17撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイより
笠ヶ岳から槍方面
西穂高岳を望む
2019年05月25日 16:21撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳を望む
山頂駅到着
2019年05月25日 16:23撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅到着
雪はグズグズ
西穂山荘までが一番歩きづらかった
2019年05月25日 17:15撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はグズグズ
西穂山荘までが一番歩きづらかった
乗鞍越しにテン場を望む
2019年05月25日 18:19撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍越しにテン場を望む
笠ヶ岳をバックに夕日
2019年05月25日 18:48撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳をバックに夕日
トワイライトの穂高吊り尾根
2019年05月26日 03:59撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トワイライトの穂高吊り尾根
西穂独標にて日の出待機
2019年05月26日 04:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂独標にて日の出待機
乗鞍方面がうっすらしてきた
2019年05月26日 04:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍方面がうっすらしてきた
乗鞍・焼岳・霞沢岳
2019年05月26日 04:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍・焼岳・霞沢岳
前穂横へのご来光
2019年05月26日 05:06撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂横へのご来光
撮影機材:

感想/記録

5月最後は西穂岳独標へ。
実は本来涸沢で1泊し北穂を目指すつもりだったが
沢渡駐車場でまさかの登山靴がないことが発覚。
上高地も平湯もレンタルはないようで
(登山靴は特に相性もあるから分かる気もする)
諦めて一旦自宅に。
天候も終日安定し、日の入りも遅い。
まだどこかへ行けないかと諦めきれず
ロープーウェイですぐアクセスできる
西穂へ行くことにした。
少し遅くなってしまったことは
反省だが、おかげで稜線から
美しい夕日を拝むことができた。
深夜、星を撮ろうとしたが月が明るすぎる。
星撮りはあきらめトワイライトを迎えることにした。
吊り尾根がくっきり見える独標まで行き待機。
この日は異様な暑さで夜中でもTシャツですごせた。
(北海道では過去最高気温を記録したらしい)
乗鞍や笠ヶ岳がうっすらピンクに色づきモルゲンへ
じきに前穂の横から太陽が顔を覗かせた。
はっきり見えてきた西穂から奥穂の稜線は
粗々しく、最難関ルートの雰囲気を全面に出していた。
今年夏、機会があればチャレンジしてみたい。

PS:
途中、道の駅やら国道で大量のバイクと遭遇したが
SSTRというイベントを能登半島でやっていたよう。
日の出とともに太平洋側を出発し
千里浜へ集結するらしい。
こちらもなかなか面白そう。
訪問者数:220人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ