また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1868487 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

関東百山「荒海山」

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
目標地点:国道352号線、南会津町の戸坪沢付近のチェーン着脱所
※周辺に道の駅「番屋」あり
住所:〒967-0324 福島県南会津郡南会津町番屋7
電話:0241-78-2785

道路状況:舗装路

駐車場:戸坪沢付近のチェーン着脱所に数十台分あり

トイレ:道の駅「番屋」にあり

コンビニ:周辺にはありません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間59分
休憩
2分
合計
5時間1分
Sスタート地点05:1207:53荒海山07:5408:09太郎岳三角点08:1008:20荒海山10:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
以下は、下りのみのログから計算しています。
総歩行時間=5時間1分(ヤマプラ標準時間=不明)
歩行距離=8.08km
標高差=726m
平均速度=1.61km/H

平面距離: 7.66km
沿面距離: 8.08km
最高点の標高: 1580m
最低点の標高: 854m
累積標高 (上り): 967m
累積標高 (下り): 967m

※全てGPSログ(山旅ロガーで記録)より
 GPSログは歩いたルートを記録しています。
 今回は諸事情により相当長めに記録されていますので参考程度として下さい。
コース状況/
危険箇所等
1.戸坪沢付近のチェーン着脱所からの登山は
 一応「入山禁止」の看板がありました。
2.入山していきなり渡渉箇所が崩落していましたが、
 渡る事は可能でした。
 但し増水している場合は別だと思います。
3.全体的にトレースはしっかりしており、リボンも多数ある
4.山頂直前はかなり急登のロープ場
5.荒海山1,581mから約90mの所に「太郎岳1,580.6m」の三角点あり
 ※2013年「山と高原の地図」では「次郎岳」になっています
6.荒海山〜太郎岳三角点間は、藪漕ぎです
7.水分補給量≒1.75L
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ フリーライドパンツ 靴下 夏帽(予備ニット帽) 手袋 雨具(ストームクルーザージャケット+パンツ) 着替え ザック ザックカバー 行動食(ゼリー飲料×1+パン×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×4) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) スマホ タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) ホッカイロ(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備) チェーンスパイク(予備) ストック

写真

戸坪沢付近のチェーン着脱所。かなり広々しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸坪沢付近のチェーン着脱所。かなり広々しています。
ここから入山します……が、真横に「ここは登山口ではありません」云々の看板がありました。(-。-)ボソッ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入山します……が、真横に「ここは登山口ではありません」云々の看板がありました。(-。-)ボソッ
でも、ここまで来たので、ごめんなさいして入りました。\(__ ) ハンセィ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、ここまで来たので、ごめんなさいして入りました。\(__ ) ハンセィ
ここは突破です。(-。-)ボソッ(-。-)ボソッ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは突破です。(-。-)ボソッ(-。-)ボソッ
最初の方は、こんな感じの山道です。結構藪漕ぎ感がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の方は、こんな感じの山道です。結構藪漕ぎ感がありました。
イワウチワでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワでしょうか。
1
ショウジョウバカマ。イワウチワと一緒に群生している場所もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。イワウチワと一緒に群生している場所もありました。
荒海山山頂〜!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒海山山頂〜!!
1
で、いつもならやらない事ですが、何故か地図を広げて確認すると、すぐ先に「次郎岳」なる頂がある事が判明し、向かう事に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、いつもならやらない事ですが、何故か地図を広げて確認すると、すぐ先に「次郎岳」なる頂がある事が判明し、向かう事に。
1
太郎岳三角点。2013年「山と高原の地図」では「次郎岳」との表記になっています……。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎岳三角点。2013年「山と高原の地図」では「次郎岳」との表記になっています……。
1
この雪道で先行していた女性と遭遇しました。スタート地点で入山するのを見ていたのですが、全く追いつけずで、摺違いざまに一言二言交わしただけとなりました。美人だったのに〜。(T^T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この雪道で先行していた女性と遭遇しました。スタート地点で入山するのを見ていたのですが、全く追いつけずで、摺違いざまに一言二言交わしただけとなりました。美人だったのに〜。(T^T)
1

感想/記録
by drunk

2019年5月26日(日)

那須塩原温泉郷から約1時間の場所にある「荒海山」
本来の登山口は別の場所にあるらしいが、
崩落?により、現在通行止めとの事で
本日はここから登り始める事になった。

とは言え、この場所からの登山も基本的には入山禁止となっている。
が、現地に着いてから「入山禁止」の看板を目にしても
入るな、と言う方が無理な注文である。

立入禁止区域には立ち入らない、のが基本行動ではあるが、
本日は、ごめんなさいしての入山となりました。
ちなみに、直前ではソロの女性が入山していきましたので
あとを付いて行った感は否めない。

さて、入山禁止の看板とは別に熊出没注意の看板もありました。
この辺りは熊でるんですかね?
まあ日本全国に熊はいるので、出るときは出るんですが、
人気の少ない登山道って、出没の確立高いんじゃありませんか?
そんな事を考えながらも、前を行く女性を追うのであった……。
(^_^;)\('_') ォィォィ...

とは言え前日の疲労は完璧に残っていて足が進みません。
ついでに気温も上昇してきて、体力を奪います。
更に山頂直前に控える、急登+ロープ。
足元は滑るので最新の注意をして登りますが、
疲れた身体にはかなり響きます。
用意してきた水分も一気に減り始めました。

とは言え、途中初めて見るであろう、
「イワウチワ」の花に癒されつつ
いつしか荒海山の頂に立つのである。

で、何故か地図を広げたら、この先に「次郎岳」なる頂があるとの事。
はい、行きま〜〜〜す!!!
で、藪を抜けたら天女が居ました。
い、いやいや、先行していた女性が
次郎岳方面から引き返してきた所でした。
とりあえず挨拶程度の会話を交えただけですが……、
一瞬疲れが消えました。(-。-)ボソッ

更に藪の中を進むと、「太郎岳」三角点となりました。
2013年「山と高原の地図」では次郎岳になっていたので、
最初は間違えてましたけどね。

さて下山です。
登りでは慎重になったロープ場ですが、
毎度、下山では苦になりませんでした。

なおちびちび繰り返すアップダウンは結構効きました。
久しぶりの連日山行、ちと体力落ちたかな。

関東百山「南月山」〜那須岳周回
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1867758.html
訪問者数:690人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ