また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1872244 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川岳・万太郎山(山トレ)

日程 2019年05月30日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間42分
休憩
21分
合計
7時間3分
S土合口駅/谷川岳ベースプラザ05:0205:05西黒尾根登山口05:0906:18ラクダの背(ラクダのコブ)06:1906:21ラクダのコル06:54ザンゲ岩06:5507:07谷川岳(トマノ耳)07:0807:13谷川岳・肩の小屋07:47オジカ沢ノ頭08:06小障子ノ頭08:14大障子避難小屋08:30大障子ノ頭09:03万太郎山09:1010:27オジオ沢ノ頭11:08肩の小屋11:1512:05天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログが万太郎山で切れてしまったのでその先は手書きです。
コース状況/
危険箇所等
コース全体夏道OK
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

樹林帯抜けたところ
2019年05月30日 06:07撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯抜けたところ
シンセン沢はまだ雪渓状態
2019年05月30日 06:19撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シンセン沢はまだ雪渓状態
1
トマ。
頑張ったけど2時間は切れなかったか・・・
2019年05月30日 07:08撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマ。
頑張ったけど2時間は切れなかったか・・・
1
次は万太郎へ
2019年05月30日 07:09撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は万太郎へ
2
富士山もくっきり
2019年05月30日 07:09撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もくっきり
1
いや遠かったなあ〜
2019年05月30日 09:03撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや遠かったなあ〜
さて戻るか。
2019年05月30日 09:11撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて戻るか。
1
赤谷川源頭
2019年05月30日 09:36撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷川源頭
2
オジカの頭もひとつの山だね!
2019年05月30日 09:59撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オジカの頭もひとつの山だね!
2
いや〜キツイわぁ
2019年05月30日 10:27撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや〜キツイわぁ
1
ラストスパート
2019年05月30日 10:43撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストスパート
1
下山はロープウェイに逃げました。
2019年05月30日 11:30撮影 by X-A1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はロープウェイに逃げました。
1

感想/記録

有給取ったので、軽く山トレしてサウナ入って家でゆっくりしようと思ってましたが、あまりに天気が良いのと気温も低そうなので少し気合が入ってロングになりました。
万太郎ピストンなら、そのまま主脈を平標まで行った方が楽しそうですが、せっかちマンの私にバス待ちと電車待ちはイライラMaxなのでピストンでOKです。
まあ、土樽から平標〜茂倉岳を周回すればそこはクリアできそうですが・・・
訪問者数:423人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/17
投稿数: 1858
2019/5/30 22:00
 土樽周回
完全復帰どころか、めっちゃ速くなっているではありませんか。
今までは、何だったのかという感じ。怪我しなかったら、こうならなかったのでは。
ここまでになると、そろそろついて行けない領域に入っています

この短期間で、これだけ速度アップするのだから、元々のポテンシャルはかなりあることになり、まだ天井も見えていないだけに、末恐ろしいです。

土樽周回、問題無く行けますね。ご一緒するのは、ヤバそう。

この調子で、クライミングの方も気合いを入れたら如何でしょうか
登録日: 2011/11/8
投稿数: 770
2019/5/31 6:01
 Re: 土樽周回
もうこの辺が天井っぽいです
今回もCT0.5を意識しながら歩いたのですがダメでした。
が、550m/hのペースで歩けたのが収穫でした。

ただ単調な登りは少し飽きてきたので、
そろそろ穂高の稜線歩きたくなってきました。
いや、今年は山トレに集中しようか…
悩みますねえ〜

P.S
夏頃までき体重70kgが見えてきました。
そうなると欲が出てきて過去最低の67kgを目指したくなってきます
登録日: 2011/9/17
投稿数: 1858
2019/5/31 13:22
 Re[2]: 土樽周回
これ以上は、荷物とのバランスになると思います。水も含めた荷物をどこまで減らせるかで差がつきます。特に水が邪魔ですね。軽くすればするほど、500 g 程度でもはっきりと違いがわかります。タイムを意識すると、一般的に言われている山装備では過剰過ぎるので、保険をどれだけ掛けないかになるでしょう。

クライミングが辛いので体重を下げるべく格闘していますが、一定の抵抗値があり、そこからは簡単には下がりません。動いて食べなくても下がらないです。すぐに下がるのは、まず、水分、次に内蔵脂肪で、ここまでは容易ですが、皮下脂肪は手強い 。カラダが下げるのを嫌がっているようで、時間がかかります。58Kg 目指していて、あと -2.5kg ぐらい。筋力を付けながらリバウンドしないように下げるのは、時間がかかります。
登録日: 2011/11/8
投稿数: 770
2019/5/31 17:30
 Re[3]: 土樽周回
私の場合、まだ減量の余力が十分ありそうです
減量のメリットは登山だけでなくて、女房にも好評なのがいいですね♪
腹の出てるパートナーでは、知り合いとバッタリの時など恥ずかしいんじゃないかなあ…
ま、一石二鳥ってやつでしょうか

師匠みたいにストイックに出来そうにないですが、
自分なりにやってみます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ