また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1873183 全員に公開 ハイキング奥秩父

笠取山〜のんびり山歩き〜

日程 2019年05月30日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
55分
合計
6時間5分
S作場平橋駐車場08:4009:10一休坂分岐09:1510:10ヤブ沢峠10:1510:30笠取小屋10:3510:45雁峠分岐10:50小さな分水嶺11:0011:30笠取山展望地12:0012:05笠取山12:30水干12:45雁峠分岐13:00笠取小屋14:10一休坂分岐14:45作場平橋駐車場14:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・公共交通機関を利用して笠取山へ登るのは少々不便です。
・駐車場は整備されているので車がベターでしょう。
・標識類は東京都水道局がきちっと整備しているようです。
・登山道も整備されています。
・頂上直下約100mのルートは直登・ジグザグなど様々な足跡があります。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

am8:30頃、作場平橋の駐車場に到着。平日でしたがお天気が良かったためか、既に13台くらい駐車していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
am8:30頃、作場平橋の駐車場に到着。平日でしたがお天気が良かったためか、既に13台くらい駐車していました。
駐車場近くのバイオトイレを利用させていただき、出発準備完了です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場近くのバイオトイレを利用させていただき、出発準備完了です。
登山口の案内板。これから笠取山頂上と水干(みずひ)を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の案内板。これから笠取山頂上と水干(みずひ)を目指します。
最初登山口からは静かな樹林帯を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初登山口からは静かな樹林帯を進みます。
ヤブ沢峠までは沢沿いを進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブ沢峠までは沢沿いを進みます。
1
何カ所か丸太橋を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何カ所か丸太橋を渡ります。
一休坂分岐に到着。ここからヤブ沢方向へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一休坂分岐に到着。ここからヤブ沢方向へ進みます。
まだフラットな散策路を歩いている感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだフラットな散策路を歩いている感じです。
ヤブ沢の入口に到着。後からも出てきますが、こんなきれいな道標が随所に設置されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブ沢の入口に到着。後からも出てきますが、こんなきれいな道標が随所に設置されています。
緩い登り坂が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩い登り坂が続きます。
急な登りがないままヤブ沢峠に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な登りがないままヤブ沢峠に到着しました。
峠の周辺には昨年掛けられた巣箱がいくつかありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の周辺には昨年掛けられた巣箱がいくつかありました。
笠取小屋に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取小屋に到着。
ここで一休みして山頂へ向います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで一休みして山頂へ向います。
笠取小屋から15分くらいで雁峠分岐に到着。すぐ上に小さな分水嶺が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠取小屋から15分くらいで雁峠分岐に到着。すぐ上に小さな分水嶺が見えます。
小さな分水嶺に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺に到着。
この分水嶺付近に降った雨は、東側の「荒川」、西側の「富士川」、南側の「多摩川」へ分水されて流れていくとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分水嶺付近に降った雨は、東側の「荒川」、西側の「富士川」、南側の「多摩川」へ分水されて流れていくとのこと。
分水嶺から見た雁峠方向。古礼山がきれいに見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分水嶺から見た雁峠方向。古礼山がきれいに見えます。
小さな分水嶺からは笠取山頂上も見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺からは笠取山頂上も見えます。
小さな分水嶺から少し進むと笠取山山頂へ続く約100mの直登ルートがはっきり見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺から少し進むと笠取山山頂へ続く約100mの直登ルートがはっきり見えました。
急登の途中で下を見た景色ですが、傾斜が実感できないですね。(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の途中で下を見た景色ですが、傾斜が実感できないですね。(笑)
ここは本当の頂上ではなく展望台です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは本当の頂上ではなく展望台です。
南側)大菩薩嶺から富士山方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側)大菩薩嶺から富士山方向。
3
西側)国師ケ岳、黒金山方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側)国師ケ岳、黒金山方向。
西北側)甲武信ヶ岳方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西北側)甲武信ヶ岳方向。
12時頃ようやく富士山の頂上だけが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時頃ようやく富士山の頂上だけが見えました。
1
展望台から5分ほどで本当の笠取山頂上に到着しました。(展望がなく狭い)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から5分ほどで本当の笠取山頂上に到着しました。(展望がなく狭い)
最初のひとしずくが垂れる場所。ここから138kmを経て東京湾に流れ込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のひとしずくが垂れる場所。ここから138kmを経て東京湾に流れ込みます。
下山は笠取小屋から一休坂を経て駐車場へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は笠取小屋から一休坂を経て駐車場へ。
[今回の山歩きで見かけた花]
タチツボスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[今回の山歩きで見かけた花]
タチツボスミレ
シロバナノヘビイチゴ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナノヘビイチゴ
2
キバナノコマノツメ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナノコマノツメ
1

感想/記録

今回は花の撮影は二の次にして、多摩川、富士川、荒川の分水嶺を肌で感じることと、笠取山山頂への最後の100mの直登を体現したくて少し足を延ばしてみました。

笠取山は人気のある山のようですので、人が少ない平日を選んで出掛けたのですが、8時半頃に作場平橋駐車場に着いたときには関東各地のナンバープレートを付けた車が13台ほど止まっていて、やっぱり笠取山は人気があるのだなぁと感じました。

登山口から1時間くらいは沢にそって遊歩道のようなところを進んでいきますが、その先も急な登りがないままに1時間30分位でヤブ沢峠に到着しました。
ヤブ沢峠から笠取小屋までは車が通れるような、ほとんどフラットな林道になっています。

一休みした後、小屋から笠取山山頂までは草原のような雰囲気の道を気持ちよく歩くことができますが、山頂への最後の急登は約100mの高低差を直登することになりますので、かなりきついです。
しかし、この急登をこなして頂上近くの展望地に立ったときには、心地よい満足感が味わえること間違いありません。

頂上で昼食を摂ったあと、多摩川源流の水干(ひみず)に立寄ってみましたが、水が枯れていて源流の一滴は見られなくて残念でした。
ただ、笠取小屋の少し下に流れ出してくる水は、市販のミネラルウォーターよりも美味しいと感じましたので、自己責任でペットボトルに詰めて下山しました。
訪問者数:195人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ