また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1875142 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

レンジャー活動&槍見ビア@蝶ヶ岳

日程 2019年06月01日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候ドピーカン☀
アクセス
利用交通機関
車・バイク
AM1:00頃着@三股登山口P
先着7台程度、ガラガラ。
翌朝7時でもまだ余裕あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間19分
休憩
1時間55分
合計
8時間14分
Sスタート地点06:5007:02三股登山口07:1007:45ゴジラみたいな木08:20まめうち平10:13蝶ヶ岳ヒュッテ10:1710:21蝶ヶ岳12:0212:03蝶ヶ岳ヒュッテ12:0413:44まめうち平14:13ゴジラみたいな木14:1414:52三股登山口15:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山口〜まめうち平
 ニリンソウの大群落が続く。(6/1現在ピーク)
 危険箇所なし、明瞭。

■〜山頂
 残雪状況は例年とほぼ同じ。
 腐り切っていないため、まだ快適に歩ける。
 トレポあれば上下山ツボ足で行けるが、下りはチェンスパがあると楽。
その他周辺情報ほりでーゆー四季の郷@¥430/人(クーポン使用/クーポンなし@¥530)
※クーポンは、蝶ヶ岳ヒュッテの小屋番さんに言えば、人数分もらえます。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

AM7時頃@三股P、まだガラガラです。
それにしても良い天気!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
AM7時頃@三股P、まだガラガラです。
それにしても良い天気!
3
登山口への林道もすでに雰囲気サイコーなのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口への林道もすでに雰囲気サイコーなのです。
1
では、早速ハイクアップいってみましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、早速ハイクアップいってみましょう!
とりあえず、イキナリ花の大歓迎を受けるわけです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、イキナリ花の大歓迎を受けるわけです。
2
タチカメバソウ、ちっさくてカワイイ白い花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチカメバソウ、ちっさくてカワイイ白い花。
1
色々咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色々咲いています。
川のほとりはまた涼しくて清涼感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川のほとりはまた涼しくて清涼感。
それにしても。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても。。。
1
花が多くてぜんぜん歩が進まないなぁと思っていたら。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が多くてぜんぜん歩が進まないなぁと思っていたら。。。
ニリンソウの大群落ゾーンに突入!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウの大群落ゾーンに突入!
4
素晴らしいフラワートレイル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしいフラワートレイル。
1
至るところにニリンソウです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至るところにニリンソウです。
1
ふわりと透明感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふわりと透明感。
1
新緑に美しい木漏れ日。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑に美しい木漏れ日。
1
ようやくゴジラみたいな木にとうちゃく。
花ばかり撮影し、ここまで僅か1kmの道のりに1時間!
妻はとっくに先に進んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくゴジラみたいな木にとうちゃく。
花ばかり撮影し、ここまで僅か1kmの道のりに1時間!
妻はとっくに先に進んでいます。
しばらく歩くと妻からスマホにCall。。。
「え!?まだゴジラの木過ぎたところ?遅い!」
これはヤバいとスピードハイク開始!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと妻からスマホにCall。。。
「え!?まだゴジラの木過ぎたところ?遅い!」
これはヤバいとスピードハイク開始!
おー常念だ、素晴らしい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー常念だ、素晴らしい!
2
そして、次の1kmは僅か13分!
妻にも追いついた!ゼェハァ、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、次の1kmは僅か13分!
妻にも追いついた!ゼェハァ、、、
そこからは、妻ペースでゆったり歩き、雪渓をトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからは、妻ペースでゆったり歩き、雪渓をトラバース。
ダイナミックな雲も沸いてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイナミックな雲も沸いてきました。
2
長かった樹林帯の雪渓ゾーンを抜ける!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長かった樹林帯の雪渓ゾーンを抜ける!
1
そこは雲上の世界!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこは雲上の世界!
3
雪と紺碧の空、最高のコンビネーションです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と紺碧の空、最高のコンビネーションです。
1
ダイナミックな風景をバックに登る妻。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイナミックな風景をバックに登る妻。
1
稜線とうちゃく、広がるパノラミック風景!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線とうちゃく、広がるパノラミック風景!
3
ヒュッテに立ち寄り、レンジャー活動のご挨拶、および、缶ビールをゲットします!(重要な任務です)
そして、山頂に向かうと。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテに立ち寄り、レンジャー活動のご挨拶、および、缶ビールをゲットします!(重要な任務です)
そして、山頂に向かうと。。。
1
キターーーー!!
ヤリホ〜、ヤリホ〜♪
姿見せるのよ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キターーーー!!
ヤリホ〜、ヤリホ〜♪
姿見せるのよ〜
7
焼岳、霞沢岳、乗鞍、御岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳、霞沢岳、乗鞍、御岳。
3
記念撮影!
実は妻、10年前くらいにガスの大展望広がる蝶に来て以来の再訪。
つまり晴れてるのは初めて!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影!
実は妻、10年前くらいにガスの大展望広がる蝶に来て以来の再訪。
つまり晴れてるのは初めて!
12
うーむ、すばらしい。
蝶までの道のりはお手軽なのにこの大絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーむ、すばらしい。
蝶までの道のりはお手軽なのにこの大絶景。
1
以下、槍穂のズームが続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以下、槍穂のズームが続きます。
5
東鎌尾根から大天井へ。
そういえば、この尾根をまだ歩いていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鎌尾根から大天井へ。
そういえば、この尾根をまだ歩いていない。
1
息を呑むすばらしい絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息を呑むすばらしい絶景。
2
では昼飯です。
カップヌードルBIG、三色弁当、卵焼き、そして黒ラベル!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では昼飯です。
カップヌードルBIG、三色弁当、卵焼き、そして黒ラベル!
3
風を遮られるぽかぽかゾーンからこんな絶景を望みながら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風を遮られるぽかぽかゾーンからこんな絶景を望みながら。
カンパーーーイ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カンパーーーイ!!
1
重厚感と荘厳さがあるのに最高に牧歌的!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重厚感と荘厳さがあるのに最高に牧歌的!
3
奥穂、唐沢岳、北穂。
大迫力。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂、唐沢岳、北穂。
大迫力。
1
お、ランチで座ってるすぐ後ろにライチョウの抱卵糞が!
無事雛を産んだんだね、なにより。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、ランチで座ってるすぐ後ろにライチョウの抱卵糞が!
無事雛を産んだんだね、なにより。
すると、ライチョウの冬毛も!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると、ライチョウの冬毛も!
1
さて、お腹いっぱいになったし、槍を見納めて下山しますか。。。
泊まりたいとこだけど・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、お腹いっぱいになったし、槍を見納めて下山しますか。。。
泊まりたいとこだけど・・・
1
乗鞍、御嶽、しばらく行ってないな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍、御嶽、しばらく行ってないな。
1
サヨナラ、大絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サヨナラ、大絶景。
1
稜線最後の見納め。
ありがとう、蝶ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線最後の見納め。
ありがとう、蝶ヶ岳。
ズルズルの下りを終え、最後の雪渓をトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズルズルの下りを終え、最後の雪渓をトラバース。
グリーンのニリンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンのニリンソウ。
こっちも。
淡い配色が素敵です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちも。
淡い配色が素敵です。
2
こちらは全部グリーン!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは全部グリーン!
1
同じニリンソウでも様相には個性がありますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じニリンソウでも様相には個性がありますね。
1
グリーンがかったニリンソウ、おしゃれだなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンがかったニリンソウ、おしゃれだなぁ。
丸いです、自然って不思議ですね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸いです、自然って不思議ですね!
3
美しい森です、本当に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい森です、本当に。
無事下山!
この後、ほりでーゆーにて入浴。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山!
この後、ほりでーゆーにて入浴。
1
夜は持参した伊豆のクラフトビール、ベアードブルワリーのライジングサンで乾杯!
日本に2箇所しかない「生ホップ」を使用するブルワリでお奨めです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜は持参した伊豆のクラフトビール、ベアードブルワリーのライジングサンで乾杯!
日本に2箇所しかない「生ホップ」を使用するブルワリでお奨めです!
2
翌日、妻の要望で安曇野市穂高有明のカフェ「Nanakagetu」へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、妻の要望で安曇野市穂高有明のカフェ「Nanakagetu」へ。
インテリア、エクステリアともにとてもお洒落。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インテリア、エクステリアともにとてもお洒落。
ランチも美味かったです。
素晴らしい出会いもいくつかありました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチも美味かったです。
素晴らしい出会いもいくつかありました!
3

感想/記録

元々、レンジャー活動で爺ヶ岳に登る予定でしたが、
柏原新道がまだ使えないため、南尾根を利用するのですが、
当の南尾根は融雪が進み、雪の無い藪漕ぎが多いとわかったため、
植生保護の観点から、爺ヶ岳は見送ることにしました。

代わって、ここ蝶ヶ岳にしたのですが、
天気にも恵まれ、且つ、妻は晴れた蝶が初めてだったため、
大層気に入ったようで、とても充実したハイクとなりました。

しかも、ニリンソウが現在ピークで
大群落のフラワートレイルは一見の価値ありです。
撮影ばかりで、最初の1kmに1時間掛かったワタクシは、
妻の電話に次の1kmを13分というデタラメな歩き方。

ですが、天気に恵まれ、総じてとても良いハイクになりました。
山頂ではカップラ食べましたが、やっぱ山ラーは堪りませんね!

来シーズンは燕に引き続き、こちらもテント泊で来たい、
そう思いました。
蝶ヶ岳よ、ありがとう!

尚、レンジャー活動としては、カメラレンズキャップ、
ノースの手袋(ほぼ新品)、ティッシュ、結束バンド、
サングラス、ストックキャップ、カメラ用アイカップ、etcなど、
それなりに多くのゴミを回収しました。
また、10本〜12本アイゼンを装着したまま
テント場〜山頂を歩いている方たちがおり、
登山道保護、植生保護のため、注意喚起させていただきましたが、
結局、脱いでくれなかったようです。。。
個人的には、雪もない登山道や山頂を
アイゼンで歩いて気にならないのか不思議に感じました。
面倒でも脱いでいただきたいものです。
訪問者数:414人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ