また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1875209 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山 テント泊

日程 2019年05月31日(金) 〜 2019年06月01日(土)
メンバー
天候5/31:曇り 夕方雨
6/1:晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間41分
休憩
29分
合計
5時間10分
S丹波山村村営駐車場07:5107:56小袖緑道あがり08:57茶煮場09:17堂所09:1810:12七ッ石小屋下分岐10:1410:39上段と下段の分岐10:4010:51ブナ坂11:1011:42奥多摩小屋11:4412:16小雲取山12:2013:01雲取山荘
2日目
山行
3時間31分
休憩
28分
合計
3時間59分
雲取山荘06:1806:46雲取山07:0907:10雲取山避難小屋07:1207:25小雲取山07:44ヨモギノ頭07:49奥多摩小屋08:16ブナ坂08:25上段と下段の分岐08:44七ッ石小屋下分岐09:14堂所09:1509:31茶煮場09:3310:14小袖緑道あがり10:17丹波山村村営駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

金曜朝8時少し前の状況。平日だけどさすが人気の山ですね。
2019年05月31日 07:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金曜朝8時少し前の状況。平日だけどさすが人気の山ですね。
さてさてテン泊装備15kg初体験。どうなることやら。
2019年05月31日 07:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてさてテン泊装備15kg初体験。どうなることやら。
このあと1/3地点の表示は見かけたけど1/2以降は見かけなかったなぁ。どこかにあるんだろうか。
2019年05月31日 08:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあと1/3地点の表示は見かけたけど1/2以降は見かけなかったなぁ。どこかにあるんだろうか。
途中ところどころあるこの案内表示。単独行だとこういうのは案外退屈しのぎになったりする。
2019年05月31日 08:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中ところどころあるこの案内表示。単独行だとこういうのは案外退屈しのぎになったりする。
今日は基本曇り、夕方一時雨の予報。眺望は悪いけど空気がひんやりして登りには助かる。
2019年05月31日 10:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は基本曇り、夕方一時雨の予報。眺望は悪いけど空気がひんやりして登りには助かる。
いや、涼しくて助かるというより、ここで小休止したら風が強くて寒くて震えた。てもとの温度計で11℃ほど。
2019年05月31日 10:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや、涼しくて助かるというより、ここで小休止したら風が強くて寒くて震えた。てもとの温度計で11℃ほど。
やっと稜線に。
2019年05月31日 11:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと稜線に。
噂には聞いていました。
2019年05月31日 11:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂には聞いていました。
1
むむ・・・向こうに嫌な坂が見える。
2019年05月31日 11:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むむ・・・向こうに嫌な坂が見える。
山頂の避難小屋が見えたけど・・・・
2019年05月31日 12:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の避難小屋が見えたけど・・・・
今日はどうせ登っても眺望ないだろうし、明日が朝から晴れ予報なので取り合えずテン場に急ぐべく巻き道へ。
2019年05月31日 12:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はどうせ登っても眺望ないだろうし、明日が朝から晴れ予報なので取り合えずテン場に急ぐべく巻き道へ。
巻き道はほんの少しだけ歩きにくいところがある。とはいってもいつものマイナー低山からすれば全然マシ。
2019年05月31日 12:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道はほんの少しだけ歩きにくいところがある。とはいってもいつものマイナー低山からすれば全然マシ。
ふぅ・・到着。急いでテントを張ります。ちなみに夕方ビール買いに山荘に入ったら平日なのに食堂があふれんばかりの人だったので驚いた。団体さんだったようです。
2019年05月31日 13:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふぅ・・到着。急いでテントを張ります。ちなみに夕方ビール買いに山荘に入ったら平日なのに食堂があふれんばかりの人だったので驚いた。団体さんだったようです。
1
テン場はさすがに平日だけあって、夕方時点で8張ほど。16時〜17時半くらいまで予報通り雨だった。暗くなったら鹿が自分のテントに近づいてきて切なそうに鳴くのでびっくりした。いかにも「エサくれ〜」みたいな。勿論無視しましたが。
2019年05月31日 18:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場はさすがに平日だけあって、夕方時点で8張ほど。16時〜17時半くらいまで予報通り雨だった。暗くなったら鹿が自分のテントに近づいてきて切なそうに鳴くのでびっくりした。いかにも「エサくれ〜」みたいな。勿論無視しましたが。
2
さて翌朝ようやく頂上に。
2019年06月01日 07:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて翌朝ようやく頂上に。
2
でも残念ながらどの方角も雲があっていまいち。何とか富士山だけパチリ。
2019年06月01日 07:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも残念ながらどの方角も雲があっていまいち。何とか富士山だけパチリ。
1
早々に下山します。マイナー低山を主として歩いている自分としては最初から最後まで本当に歩きやすい道。ここだったらローカットの軽い靴のほうが良いかも。
2019年06月01日 07:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早々に下山します。マイナー低山を主として歩いている自分としては最初から最後まで本当に歩きやすい道。ここだったらローカットの軽い靴のほうが良いかも。
1
標高高いところは新緑が楽しめる。
2019年06月01日 08:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高高いところは新緑が楽しめる。
1
眼下に林道が見えてからここまでが何気に長かった。1/6地点の表示で下山40分って書いてあったけど、結構ハイペース基準だと思う。
2019年06月01日 10:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に林道が見えてからここまでが何気に長かった。1/6地点の表示で下山40分って書いてあったけど、結構ハイペース基準だと思う。
1
土曜10時ちょい過ぎの駐車場。さすがに一杯で、縦にとめてる車が2台ほど。
2019年06月01日 10:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土曜10時ちょい過ぎの駐車場。さすがに一杯で、縦にとめてる車が2台ほど。

感想/記録

◆今年はテント担いで鳳凰三山と北岳/間ノ岳(但し白峰三山縦走は絶対ムリ)を目論んでいるものの、未だテント泊装備を担いでそれなりの標高差を登り下りしたことがないので、練習目的で標高差が鳳凰三山に近いここに登ってみることに。
◆低山で13kgほどの荷物を背負って登ったことはあったが今回は15kgちょい。大差はないだろうと思っていたがとんでもない甘い考えだった。ここ1ヶ月仕事が忙しく山もトレーニングも何もしてなかったことを加味しても、この重さを担いで登山道を歩くということについてしみじみと考える結果になった。・・・不慣れな自分はなにより歩いていて景色を楽しむ余裕がない。かといって山小屋だと独特の窮屈感があるし単独行にはいまいち使いにくいし・・・なかなか難しい。
◆それにしてもさすが人気の山の土曜日。今日は山頂を7時に出発して駐車場に戻るまでの約3時間、すれ違った人は軽く50人超えていたと思う。みんなこの山のどこに惹かれて来るんだろう・・・とひたすら考えながら下山した。

(自己用備忘録)
帰宅時点での疲労度★★★☆☆
訪問者数:562人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 林道 避難小屋 巻き道 テン 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ