また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1876883 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

櫛形山(伊奈ヶ湖から)

日程 2019年06月01日(土) 〜 2019年06月02日(日)
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県民の森駐車場に停めました。満車で停められないことは無さそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間12分
休憩
1時間38分
合計
5時間50分
S伊奈ヶ湖駐車場09:1211:45ほこら小屋13:0813:52櫛形山(最高点)13:5414:04櫛形山14:0814:20櫛形山(最高点)14:2915:02ほこら小屋
2日目
山行
4時間33分
休憩
58分
合計
5時間31分
ほこら小屋06:0306:47櫛形山(最高点)06:5607:39裸山08:0108:24アヤメ平08:27アヤメ平避難小屋08:47唐松岳09:0409:31アヤメ平避難小屋09:32アヤメ平10:30見晴らし台10:4011:34伊奈ヶ湖駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中尾根登山道、稜線、北尾根登山道とも、ハイキングコースです。危険個所は皆無。
その他周辺情報まほろの湯(車で20分ほど)

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ 携帯トイレ

写真

甲府南ICで降り、県道12号韮崎南アルプス中央線で登山口に向かいます。この県道は走りやすい高規格道路なうえ、真正面にこれから登る櫛形山を望めるので、テンションあがります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府南ICで降り、県道12号韮崎南アルプス中央線で登山口に向かいます。この県道は走りやすい高規格道路なうえ、真正面にこれから登る櫛形山を望めるので、テンションあがります。
1
いつもよりのんびり出発したせいで中央道の渋滞にもつかまり、予定より1時間遅れ。それでも県民の森駐車場はガラガラ。周辺にも駐車場いくつもあるので、駐車に困ることは無さそうですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもよりのんびり出発したせいで中央道の渋滞にもつかまり、予定より1時間遅れ。それでも県民の森駐車場はガラガラ。周辺にも駐車場いくつもあるので、駐車に困ることは無さそうですね。
今回は短い行程ということもあり、いろいろ詰め込んで計ってみたら19圈
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は短い行程ということもあり、いろいろ詰め込んで計ってみたら19圈
ウッドビレッジという宿泊施設(バンガロー)の右脇が登山口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウッドビレッジという宿泊施設(バンガロー)の右脇が登山口です。
登り始めはヒノキの美林のなかを歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めはヒノキの美林のなかを歩きます。
1時間ほど歩くと、落葉樹の明るい森に変わりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ほど歩くと、落葉樹の明るい森に変わりました。
登山口から1時間半で林道に出ました。ここにも5〜6台駐車スペースがあるので、ここに停めてよりお手軽に山頂に向かってもいいかもしれませんね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から1時間半で林道に出ました。ここにも5〜6台駐車スペースがあるので、ここに停めてよりお手軽に山頂に向かってもいいかもしれませんね。
明るい落葉樹の混合林のなかを、気持ちよく歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい落葉樹の混合林のなかを、気持ちよく歩きます。
1
バイケイソウがぎっしり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウがぎっしり
1
里だとご神木レベルの立派な木が、そこかしこにあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里だとご神木レベルの立派な木が、そこかしこにあります。
1800m地点。ほこら小屋までもう少しです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1800m地点。ほこら小屋までもう少しです。
ほこら小屋のテント場に到着〜。広い原っぱです。ここまで登山口でソロの方に一人抜かれただけで、あとは誰にも会いませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほこら小屋のテント場に到着〜。広い原っぱです。ここまで登山口でソロの方に一人抜かれただけで、あとは誰にも会いませんでした。
1
どこに張ってもよさげですが、よく見ると動物のフンだらけ。中にはこんなツキノワグマのものとしか思えないものも。しかも新鮮・・・。フンを避けて、平らな場所を探すの大変・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこに張ってもよさげですが、よく見ると動物のフンだらけ。中にはこんなツキノワグマのものとしか思えないものも。しかも新鮮・・・。フンを避けて、平らな場所を探すの大変・・・
何とか、誰かが張った形跡のあるところを発見。ほっと一息ついて、カップヌードルで軽く昼食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか、誰かが張った形跡のあるところを発見。ほっと一息ついて、カップヌードルで軽く昼食。
気持ちいいテン場です。フンさえ見ないふりすれば。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいいテン場です。フンさえ見ないふりすれば。
1
テン場から徒歩30秒でほこら小屋。きれいな避難小屋なので、この中でテント張ってもいいかな〜と思ってたんですが、7〜8名くらいのグループがいたので断念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場から徒歩30秒でほこら小屋。きれいな避難小屋なので、この中でテント張ってもいいかな〜と思ってたんですが、7〜8名くらいのグループがいたので断念
トイレもキレイです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレもキレイです
小屋のすぐ裏に水場。ここは枯れる心配はあまり無さそうに思えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋のすぐ裏に水場。ここは枯れる心配はあまり無さそうに思えました。
2
テン場と小屋の間に、ほこら小屋の由来となった祠がありました。ツキノワグマさんがテントを訪ねてきませんように、夜にトイレに行くときにウンコ踏みませんように、とお願いしておきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場と小屋の間に、ほこら小屋の由来となった祠がありました。ツキノワグマさんがテントを訪ねてきませんように、夜にトイレに行くときにウンコ踏みませんように、とお願いしておきました。
1
テン場のサルオガセ。サルオガセって色が淡いので、下から撮ると空と同化して、撮るのが案外難しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場のサルオガセ。サルオガセって色が淡いので、下から撮ると空と同化して、撮るのが案外難しい。
1
テン場をひとしきり散策後、櫛形山に向かいます。テントやら水やらをテン場に置いたので、だいぶ軽くなり楽チン。ただ、テントに動物を召喚したくないので、食料やらゴミは持って歩きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場をひとしきり散策後、櫛形山に向かいます。テントやら水やらをテン場に置いたので、だいぶ軽くなり楽チン。ただ、テントに動物を召喚したくないので、食料やらゴミは持って歩きました。
1
道標にもサルオガセ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標にもサルオガセ
少し急坂はあるものの、ほぼ緩い道で、気持ちいお散歩コースです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し急坂はあるものの、ほぼ緩い道で、気持ちいお散歩コースです。
あっという間に櫛形山到着。山頂にいたのは数人ですが、少し喧しすぎるカップルがいたので、いったんスルーし奥千重に向かうことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に櫛形山到着。山頂にいたのは数人ですが、少し喧しすぎるカップルがいたので、いったんスルーし奥千重に向かうことにしました。
1
10分ほどで奥千重に到着。三角点があるせいか、山と高原地図(2004年版)ではここが櫛形山の山頂のように記されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどで奥千重に到着。三角点があるせいか、山と高原地図(2004年版)ではここが櫛形山の山頂のように記されています。
また10分ほどで櫛形山山頂にUターン。誰もいなくなっていてラッキー。ただし眺望は無し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また10分ほどで櫛形山山頂にUターン。誰もいなくなっていてラッキー。ただし眺望は無し。
1
眺望は無いですが、広い山頂。日帰りのときはここでマッタリ昼ご飯食べるのもいいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望は無いですが、広い山頂。日帰りのときはここでマッタリ昼ご飯食べるのもいいですね。
1
サルオガセを楽しみながらテン場に戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルオガセを楽しみながらテン場に戻ります。
落とし物?ネクタイをこんなとこで落とすなんて、どこの変態紳士でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落とし物?ネクタイをこんなとこで落とすなんて、どこの変態紳士でしょうか。
テン場に帰着し、まったりタイム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場に帰着し、まったりタイム。
まだ16時前ですが、さっそく酒飲んじゃいました。ワインと焼酎持ってきたものの、ビールも持ってくりゃよかったな〜と激しく後悔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ16時前ですが、さっそく酒飲んじゃいました。ワインと焼酎持ってきたものの、ビールも持ってくりゃよかったな〜と激しく後悔。
フライはハエだらけ。フライだけに仕方ないかと諦めました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フライはハエだらけ。フライだけに仕方ないかと諦めました
酒飲んだらお腹空いてきたので、早いですが晩飯に。一人飯に凝った料理作りたくない派なので、アルファ米にレトルトのバタチキカレー、&マルシンハンバーグ。十分満足です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酒飲んだらお腹空いてきたので、早いですが晩飯に。一人飯に凝った料理作りたくない派なので、アルファ米にレトルトのバタチキカレー、&マルシンハンバーグ。十分満足です。
平らな場所に張ったつもりが少し傾いてたので、少しずつテントのなかでずり落ちながらも、ワインのおかげで20時頃には熟睡。目が醒めたら4時でした。4時の時点でテント内13度ほど。外は8度ほど。寒さはまったく感じませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平らな場所に張ったつもりが少し傾いてたので、少しずつテントのなかでずり落ちながらも、ワインのおかげで20時頃には熟睡。目が醒めたら4時でした。4時の時点でテント内13度ほど。外は8度ほど。寒さはまったく感じませんでした。
のんびり朝食食べ、のんびり撤収して、のんびり一服してたら6時になってました。のんびりしすぎですが、今日はこれくらいでOK。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびり朝食食べ、のんびり撤収して、のんびり一服してたら6時になってました。のんびりしすぎですが、今日はこれくらいでOK。
1
今日も再度櫛形山へ。到着時すでに7時なので、池ノ茶屋登山口方面から次々とハイカーが。池ノ茶屋からだと1時間のコースだから、当然といえば当然。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も再度櫛形山へ。到着時すでに7時なので、池ノ茶屋登山口方面から次々とハイカーが。池ノ茶屋からだと1時間のコースだから、当然といえば当然。
今日は少し富士山が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は少し富士山が見えました。
1
バラボタン平を経て裸山方面へ。静かな山ですが、道標はやたら充実してます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラボタン平を経て裸山方面へ。静かな山ですが、道標はやたら充実してます。
1
サルオガセを満喫しながら裸山に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルオガセを満喫しながら裸山に向かいます。
櫛形山〜裸山間は、原生林感タップリで、とっても好きな雰囲気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛形山〜裸山間は、原生林感タップリで、とっても好きな雰囲気です。
裸山近くのアヤメ群生地。ネットでガッチリとガードされてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裸山近くのアヤメ群生地。ネットでガッチリとガードされてます。
覗き穴から覗いてみたものの、この時期は当然まだこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
覗き穴から覗いてみたものの、この時期は当然まだこんな感じ。
程なく裸山到着。そこそこ広い山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
程なく裸山到着。そこそこ広い山頂です。
1
北岳〜間ノ岳〜農鳥岳が真正面に望めました。晴れてると良い展望台でしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳〜間ノ岳〜農鳥岳が真正面に望めました。晴れてると良い展望台でしょうね。
4
振り返ると、櫛形山が雲に包まれつつあるのが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、櫛形山が雲に包まれつつあるのが見えました。
1
個人的に少しツボった「Mt.Hadaka」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
個人的に少しツボった「Mt.Hadaka」
サルオガセの森を満喫しながらアヤメ平に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルオガセの森を満喫しながらアヤメ平に向かいます。
3
ダケカンバは6月に入った今の時期でも開葉してないので、まるで枯れてるように見えますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバは6月に入った今の時期でも開葉してないので、まるで枯れてるように見えますね。
アヤメ平の手前で立派な扉が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平の手前で立派な扉が。
アヤメ平もこの通り。スルーして唐松岳に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平もこの通り。スルーして唐松岳に向かいます。
ロープにもサルオガセ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープにもサルオガセ
風にたなびくサルオガセ。ちょうど首に触るくらいの高さにあるので、触れてないのに首がくすぐったくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風にたなびくサルオガセ。ちょうど首に触るくらいの高さにあるので、触れてないのに首がくすぐったくなってきました。
1
何だかガスが濃くなってきました。おかげでピンボケ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だかガスが濃くなってきました。おかげでピンボケ
唐松岳に到着。この上なく地味な山頂ですが、広くてベンチ替わりになる倒木もあったりするので、のんびりしちゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳に到着。この上なく地味な山頂ですが、広くてベンチ替わりになる倒木もあったりするので、のんびりしちゃいました。
芦安に下る道もあるようですが、きっと廃道に近いレベルの道なんでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦安に下る道もあるようですが、きっと廃道に近いレベルの道なんでしょうね。
カラマツの若葉がかわいかったのでパチリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの若葉がかわいかったのでパチリ。
1
アヤメ平に戻り、名残惜しいですが下山します。いったん扉を通りアヤメ平に入り、別の扉を抜けて、北尾根登山道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平に戻り、名残惜しいですが下山します。いったん扉を通りアヤメ平に入り、別の扉を抜けて、北尾根登山道へ。
こんな歩きやすい道が大半ですが、所々急傾斜があり浮石も多かったので、何度かズサっと滑りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな歩きやすい道が大半ですが、所々急傾斜があり浮石も多かったので、何度かズサっと滑りました。
所々ヤマツツジがまだ咲いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々ヤマツツジがまだ咲いてました。
1
櫛形山林道との出合に展望台がありました。晴れていたら、奥秩父方面がよく見えたはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛形山林道との出合に展望台がありました。晴れていたら、奥秩父方面がよく見えたはず。
ここも駐車スペース十分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも駐車スペース十分
展望台あたりで休憩していると、通りがかったジャンボタクシーの運転手さんから「さっきクマがいたから気を付けてくださいね〜」と親切な忠告。ありがたいことですが、さっきまでの気持ちよい森が、途端にクマの巣食う恐ろしい森に見えてしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台あたりで休憩していると、通りがかったジャンボタクシーの運転手さんから「さっきクマがいたから気を付けてくださいね〜」と親切な忠告。ありがたいことですが、さっきまでの気持ちよい森が、途端にクマの巣食う恐ろしい森に見えてしまう。
1
熊鈴チリリンチリリン鳴らすだけじゃ心許なく、不自然な咳ばらいを繰り返しながら歩きます。ソロであることをうらめしく思う時間です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊鈴チリリンチリリン鳴らすだけじゃ心許なく、不自然な咳ばらいを繰り返しながら歩きます。ソロであることをうらめしく思う時間です。
1
中尾根登山道同様、下部はヒノキの森。程なく高尾伊奈ヶ湖林道に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾根登山道同様、下部はヒノキの森。程なく高尾伊奈ヶ湖林道に到着。
20分ほど車道歩きですが、車がほとんど通らないため、気持ちよくウォーキングができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど車道歩きですが、車がほとんど通らないため、気持ちよくウォーキングができました。
駐車場に隣接する森林科学館に入ってみました。小さな展示室1つあるだけの施設で、展示内容も子供向けのようでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に隣接する森林科学館に入ってみました。小さな展示室1つあるだけの施設で、展示内容も子供向けのようでした。
温泉は、富士川町の「まほらの湯」。地元の方メインの、いい温泉でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉は、富士川町の「まほらの湯」。地元の方メインの、いい温泉でした。

感想/記録

土日が急遽自由になったので、静かな山歩きをしたくて櫛形山に行ってきました。
期待したとおりの静かな山歩きを堪能できて満足。終始樹林帯の中を歩くので、雨の日にあえて訪れるのもいいかもしれません。

思ったより縦横にルートが巡っているので、いろんなコースを楽しめるのもいいですね。

お気に入りの山になりそうです。
訪問者数:268人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ