また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1877000 全員に公開 ハイキング奥武蔵

両神山 八丁尾根

日程 2019年05月30日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ☀
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

07:03 上落合橋登山口出発
08:09 八丁峠
09:14 行蔵峠
09:25 西岳
09:58 龍頭神社奥宮
10:37 東岳
11:23 両神山(昼食)
11:50 下山開始
13:40 上落合橋登山口着
コース状況/
危険箇所等
軌跡は手書きです。
全体的に岩場が多く、鎖が連続するルートです。
晴れて、岩が滑らない日に出掛けることをお勧めします。
下山したルートは、崩壊が進んでいます。
かなり難易度が高く、滑落注意です!(><)
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

今日は両神山 八丁尾根を歩きにやって来ました。
ここは前から歩いてみたいと思っていたルートなので、とても楽しみです。上落合橋Pに車を停めて出発しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は両神山 八丁尾根を歩きにやって来ました。
ここは前から歩いてみたいと思っていたルートなので、とても楽しみです。上落合橋Pに車を停めて出発しました。
1
すぐに登山口です。若者二人と一緒に出発しましたが、アッという間に見えなくなってしまいました(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに登山口です。若者二人と一緒に出発しましたが、アッという間に見えなくなってしまいました(^^;)
1
えっ⁉熊もいるの!
単独は怖いなぁ( ̄□ ̄)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっ⁉熊もいるの!
単独は怖いなぁ( ̄□ ̄)/
八丁沢に沿って登ります。
沢も楽しそう♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁沢に沿って登ります。
沢も楽しそう♪
1
ヒンヤリ空気が気持いい。
(〃⌒ー⌒〃)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒンヤリ空気が気持いい。
(〃⌒ー⌒〃)
八丁峠に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠に到着しました。
1
ベンチで一休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチで一休み。
1
ツツジが現れ出しました🌸
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジが現れ出しました🌸
1
ここから鎖場連続です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから鎖場連続です。
1
次から次へと現れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次から次へと現れます。
2
こちらは浅間山
また行きたい\(^_^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは浅間山
また行きたい\(^_^)
花とおじさん^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花とおじさん^^
5
登ったり下ったり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ったり下ったり。
いいお天気で良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいお天気で良かった。
1
岩が湿っていたら、かなり危険(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が湿っていたら、かなり危険(>_<)
1
下りは、より神経を使います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは、より神経を使います。
根っ子に掴まって。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根っ子に掴まって。
でも鎖が整備されているので、難易度は左程ではありません(^^)v
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも鎖が整備されているので、難易度は左程ではありません(^^)v
1
コイワカガミが咲いていました🌸
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワカガミが咲いていました🌸
2
行蔵峠に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行蔵峠に到着しました。
5
行蔵峠より、東岳、両神山頂方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行蔵峠より、東岳、両神山頂方面
1
稜線は至る所でツツジが咲いていました。でもアカヤシオは終わっていて残念です(-.-)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は至る所でツツジが咲いていました。でもアカヤシオは終わっていて残念です(-.-)
こちらを見ています^^/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらを見ています^^/
心配したほど暑くなく快適です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心配したほど暑くなく快適です。
5
西岳より、東岳、両神山頂方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳より、東岳、両神山頂方面
下から見上げて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見上げて。
大岩の下をくぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の下をくぐります。
鎖さん、あなただけが頼りですヽ(´▽`)ノ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖さん、あなただけが頼りですヽ(´▽`)ノ
1
根っ子が一番安心です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根っ子が一番安心です。
1
鞍部から下を覗きます。
深さが伝わらず残念・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から下を覗きます。
深さが伝わらず残念・・
1
祠がありました。
龍頭神社奥宮(りょうかみじんじゃおくみや)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠がありました。
龍頭神社奥宮(りょうかみじんじゃおくみや)です。
1
両神山頂方面。両神山は山岳信仰の霊峰です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神山頂方面。両神山は山岳信仰の霊峰です。
トラバース注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース注意。
東岳より、歩いて来た西岳方面を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東岳より、歩いて来た西岳方面を振り返る。
1
一箇所だけ、シャクナゲが咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一箇所だけ、シャクナゲが咲いていました。
1
岩を登って行くと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を登って行くと、
ベンチもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチもあります。
両神山頂まで、あと1キロかぁ〜('〜`;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神山頂まで、あと1キロかぁ〜('〜`;)
1
馬酔木が咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木が咲いていました。
更に登って行くと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に登って行くと、
遂に両神山に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂に両神山に到着しました。
お疲れ様でした〜
(*⌒▽⌒*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした〜
(*⌒▽⌒*)
1
休んでいるとuconさんの知り合いの、ガイドの根本さんが大勢のお客さんを連れてやってきました。
根本さんは、丹沢・みやま山荘で小屋番もやっています。シュッとスマートで、カッコいい♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休んでいるとuconさんの知り合いの、ガイドの根本さんが大勢のお客さんを連れてやってきました。
根本さんは、丹沢・みやま山荘で小屋番もやっています。シュッとスマートで、カッコいい♪
4
山頂は大賑わい♪コーヒーはザックの上で( ^^) _旦~~
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は大賑わい♪コーヒーはザックの上で( ^^) _旦~~
1
山頂のお宮様にもお参り。
無事に下山出来ますように。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のお宮様にもお参り。
無事に下山出来ますように。
2
さぁ、下山しましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、下山しましょう。
直ぐに日向大谷分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに日向大谷分岐
そして途中から、バリエーションルートに入りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして途中から、バリエーションルートに入りました。
1
ワチガイソウ old-diverさんに教えて頂きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワチガイソウ old-diverさんに教えて頂きました。
足元ザレザレ。滑落注意!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元ザレザレ。滑落注意!
見た目より、かなり危険な斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目より、かなり危険な斜面
崩壊寸前のトラバース道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊寸前のトラバース道
沢を数回渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を数回渡ります。
漸く安全地帯に来ました。
ホッ(-.-")
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く安全地帯に来ました。
ホッ(-.-")
ここに下りて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに下りて来ました。
1
駐車場に到着しました。良いお天気に恵まれ感謝です。
ありがとうございました☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着しました。良いお天気に恵まれ感謝です。
ありがとうございました☆
3

感想/記録

今回は両神山・八丁尾根ハイキング。
昨年もuconさんが計画して下さいましたが、付近の道路が通行止めの為 残念ながら中止。
今回 漸く道路が開通して、無事登ることが出来ました(^-^)/

八丁尾根は岩場連続のルートですが、危険な場所には鎖が設置してあるので、
それほど難しくはありませんでした。ただ体力は必要です(^_^;)
それに雨が降っていたり、岩が湿っていたらきっと危険でしょう。ご注意下さい。
今回は最高の天気に恵まれ、楽しい岩場歩きが出来ました。

それから下山ルートですが、今回私たちが歩いたルートは、崩壊が進んでいて大変危険です。
決してお勧め出来ません。

両神山は昔から山岳信仰の霊峰とのこと。登山ルートも色々あるようなので、
また機会があったら お地蔵様をお参りしながら登ってみたいと思います。

uconさん、今回も計画をどうもありがとうございましたm(_ _)m
訪問者数:305人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/17
投稿数: 3297
2019/6/4 19:53
 刺激
姉さん、こんばんわ。
危険な山登りからは足を洗いたいけれど、やっぱり刺激は欲しい!
そんなところじゃないですか?
困った病気ですね(笑)
実は僕も同じです♪
登録日: 2012/8/18
投稿数: 332
2019/6/4 21:25
 Re: 刺激
gankoyaさん、こんにちは

全くその通り
gankoyaさんもそうでしたか。何となくわかりますが

でもね、珍しく今週は沢の予定が入っています。
ただし、uconさんの計画ですけれど(^_^;)

グズグズしていたら、もう梅雨の時期ですね
怖い滝は登れないけれど、ナメナメの沢でも計画しようかしら
登録日: 2012/5/26
投稿数: 1451
2019/6/4 22:05
 八丁尾根
otafukuさん、こんばんは。

私の記憶違いでなければ、いつか八丁尾根のやり取りをし興味を持ったみたいでしたが、ついに歩いたんですね。
いつもは、さも自分はチキンであるかのようなレコを書いているotafukuさんなのに、ここは楽勝というより楽しめたようですね。
沢をやる人は、こういうのが好きなのかなぁ。私はむしろ下山した尾根の方が楽しめそうです。
好天に恵まれ良かったですね。師匠にもよろしくお伝えください。
登録日: 2012/8/18
投稿数: 332
2019/6/4 22:34
 Re: 八丁尾根
kinoeさん、こんにちは
そのやり取り、覚えています。確か数年前、私が表妙義に行った時書いたレコに、
kinoeさんが「八丁尾根より難しいですか?」とコメントを頂いたと記憶しています

私も以前、kinoeさんと八丁尾根のことでやり取りしたなぁ、と考えながら歩きました
覚えていて頂き嬉しいです

kinoeさん、やっぱり下山ルートの方が好きですか
う〜ん、kinoeさんの普段の山行を考えると確かにそうですね 。分かります

表妙義の岩場の難易度は、八丁尾根の数段上ですので、行かない方がいいですよ
はい、師匠に伝えます。きっと喜びます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ