また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1877198 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳

日程 2019年06月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湯みち街道で終点の渋御殿湯まで行き、駐車料金を払ってから駐車。

日帰りの場合:1,000円
山で宿泊の場合:2,000円
渋御殿湯宿泊の場合:無料

※駐車場オープンは6時です。それを知らずに5時30分頃行ってしまい、ご迷惑をおかけしました…。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
1時間29分
合計
7時間21分
Sスタート地点06:0206:38八方台方面・渋の湯方面分岐07:00渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐07:37黒百合ヒュッテ07:4208:04天狗の奥庭08:0508:48天狗岳分岐08:55天狗の鼻08:5809:01東天狗岳09:2209:35天狗岳10:2010:50第二展望台11:15第一展望台11:1911:47唐沢鉱泉分岐11:5112:32唐沢鉱泉12:3813:23渋御殿湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
渋の湯の入山口にポストがあります。
未提出の場合はここで登山届を出しましょう。

[渋の湯〜天狗の奥庭]
所々に残雪がありました。
ツボ足でも平気でしたが、不安ならチェーンアイゼンを装着しても良いかも。

[天狗の奥庭]
視界が開けてるので迷う心配はないが、遠回りにならないよう○印が書かれた岩を見ながら進みましょう。

[西天狗岳〜第一展望台]
残雪は問題なしだが、雪が溶けてぬかるんでる箇所があるので滑らないように注意。
その他周辺情報・渋御殿湯(渋の湯)
大人 1000円 小学生 800円 幼児 500円
信玄の隠し湯としても知られる硫黄泉の名湯。
下山してすぐ入湯できるのが嬉しいですね。

写真

奥蓼科温泉郷の奥の奥、渋御殿湯からスタート。
ここで前泊するのも良さそうですね。
2019年06月02日 06:00撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥蓼科温泉郷の奥の奥、渋御殿湯からスタート。
ここで前泊するのも良さそうですね。
苔に覆われた樹林帯を進みます。
2019年06月02日 06:15撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔に覆われた樹林帯を進みます。
八方台方面・渋の湯方面分岐。
ここは黒百合方面に進みます。
2019年06月02日 06:42撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方台方面・渋の湯方面分岐。
ここは黒百合方面に進みます。
残雪が溶けて出来た小さな池?
いい感じでした^^
2019年06月02日 07:02撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が溶けて出来た小さな池?
いい感じでした^^
渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐。
ここも黒百合方面に進みます。
2019年06月02日 07:03撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐。
ここも黒百合方面に進みます。
所々に残雪がありますが、ツボ足で平気でした。
2019年06月02日 07:37撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に残雪がありますが、ツボ足で平気でした。
黒百合ヒュッテに到着。
魅力的なメニューが並ぶ🤤
2019年06月02日 07:41撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテに到着。
魅力的なメニューが並ぶ🤤
晴れてたらここでランチも気持ち良さそう。
2019年06月02日 07:41撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてたらここでランチも気持ち良さそう。
黒百合ヒュッテを過ぎてもまだ残雪が。
ツボ足で平気だけど注意して進みました。
2019年06月02日 07:53撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテを過ぎてもまだ残雪が。
ツボ足で平気だけど注意して進みました。
すりばち池に到着。
曇ってるのが残念😭
ここから天狗の奥庭へと進みます。
2019年06月02日 07:56撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すりばち池に到着。
曇ってるのが残念😭
ここから天狗の奥庭へと進みます。
すりばち池付近から見た北アルプス。
2019年06月02日 08:02撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すりばち池付近から見た北アルプス。
天狗の奥庭は岩がゴロゴロ。
晴れてればな最高なのに。
2019年06月02日 08:07撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭は岩がゴロゴロ。
晴れてればな最高なのに。
東天狗岳に登頂して来た方向を振り返る。
雲海から頭を出す蓼科山。
遥か遠くに北アルプス!
2019年06月02日 09:11撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳に登頂して来た方向を振り返る。
雲海から頭を出す蓼科山。
遥か遠くに北アルプス!
西天狗岳への稜線。
2019年06月02日 09:16撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳への稜線。
東天狗岳から見た硫黄岳がめちゃかっこよかった!
2019年06月02日 09:17撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳から見た硫黄岳がめちゃかっこよかった!
東天狗岳山頂。
2019年06月02日 09:22撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂。
西天狗岳山頂。
2019年06月02日 09:40撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳山頂。
西天狗岳から眺めた南八ヶ岳の峰々。
2019年06月02日 09:41撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳から眺めた南八ヶ岳の峰々。
西天狗岳から眺める北アルプス。
2019年06月02日 10:10撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳から眺める北アルプス。
西天狗岳から西尾根への下り。
岩がゴロゴロ。
2019年06月02日 10:41撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳から西尾根への下り。
岩がゴロゴロ。
第二展望台。
ここからの眺めもなかなかでした。
2019年06月02日 10:54撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台。
ここからの眺めもなかなかでした。
第一展望台。
標高は2,400mくらい。
2019年06月02日 11:19撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台。
標高は2,400mくらい。
唐沢鉱泉への分岐。
2019年06月02日 11:53撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉への分岐。
再びこんな感じの樹林帯を気持ちよく進みます。
2019年06月02日 11:59撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びこんな感じの樹林帯を気持ちよく進みます。
苔が美しい。
2019年06月02日 12:01撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔が美しい。
唐沢鉱泉に到着しました。
2019年06月02日 12:36撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉に到着しました。
唐沢鉱泉から渋の湯への入り口がちょっと分かりにくい。
駐車場の奥に進むとこの標識があるので、ここから登り返します。
2019年06月02日 12:42撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉から渋の湯への入り口がちょっと分かりにくい。
駐車場の奥に進むとこの標識があるので、ここから登り返します。
120mくらい登って分岐点に到着。
ここまで来ればあとは下るだけ。
お疲れ様でした!
2019年06月02日 13:01撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
120mくらい登って分岐点に到着。
ここまで来ればあとは下るだけ。
お疲れ様でした!

感想/記録

初夏の八ヶ岳を満喫しに天狗岳にソロで行って来ました。
残念ながら終始曇天でしたが、山頂からの360°の大展望は最高でした。
樹林帯は苔に覆われた岩や木が広がり、変化に富んでるので飽きません。
難所は特にないので、初心者や お子様連れにもおすすめです。
今回のコースできついと感じたのは、唐沢鉱泉から渋の湯に抜ける道での登り返し。
ここまで下ってまた登るのかってなるので、 お子様連れの場合は西天狗岳でピストンするか唐沢鉱泉スタートにした方が良いかもしれません(笑)
次は積雪期に行ってみたいと思います。
訪問者数:215人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ