また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1878095 全員に公開 沢登り赤城・榛名・荒船

妙義山系谷急沢右俣(さがみ山友会春の沢集中)

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
(元)裏妙義国民宿舎 トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
1時間11分
合計
6時間12分
S国民宿舎裏妙義(閉館)07:0107:30入渓点10:26三方境10:2810:44風穴尾根の頭10:5111:00烏帽子岩11:5712:03風穴尾根の頭12:12三方境12:1713:13国民宿舎裏妙義(閉館)13:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
烏帽子岩基部にて集中
コース状況/
危険箇所等
ラバーソール(mont-bellのアクアグリッパー)で滑るところなし、むしろ快適。
下山道の女道は至ってふつうの登山道。走って下山できる
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

07:32 6m末広がりの滝
遡行開始してすぐの滝
基本この沢は傾斜が緩く登れる滝が多い
それにしても温かさのわりに水は冷たい!
2019年05月26日 07:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:32 6m末広がりの滝
遡行開始してすぐの滝
基本この沢は傾斜が緩く登れる滝が多い
それにしても温かさのわりに水は冷たい!
08:26 8m滝
ロープを出すと安心して登れる
2019年05月26日 08:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08:26 8m滝
ロープを出すと安心して登れる
09:06 15m階段状滝
傾斜が緩く階段状でホールドも豊富なため、すたすた登れる。
2019年05月26日 09:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:06 15m階段状滝
傾斜が緩く階段状でホールドも豊富なため、すたすた登れる。
今回ラバーソールデビュー
今までなんだかんだモンベルサワーシューズ一本で登ってきましたが、同じモンベルのサワークライマーを導入!
今回の沢には抜群の威力を発揮しました!
2019年05月26日 09:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回ラバーソールデビュー
今までなんだかんだモンベルサワーシューズ一本で登ってきましたが、同じモンベルのサワークライマーを導入!
今回の沢には抜群の威力を発揮しました!
09:23 最後の10m滝
ずっと水量が細々であったが、なんとかここまで水は流れていた。
右の乾いたところを登ると簡単だったようだが、ロープを出して真ん中水線から登り、右にちょっとトラばりつつ登る。
2019年05月26日 09:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:23 最後の10m滝
ずっと水量が細々であったが、なんとかここまで水は流れていた。
右の乾いたところを登ると簡単だったようだが、ロープを出して真ん中水線から登り、右にちょっとトラばりつつ登る。
10:46 風穴尾根の頭から烏帽子岩〜赤岩〜丁須の頭
季節外れの夏日の中、丁須の頭まで行くのはナンセンスということで、烏帽子岩基部(集中場所)で合流後は、三方境まで戻ってさっさと下山することに決まる。
2019年05月26日 10:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:46 風穴尾根の頭から烏帽子岩〜赤岩〜丁須の頭
季節外れの夏日の中、丁須の頭まで行くのはナンセンスということで、烏帽子岩基部(集中場所)で合流後は、三方境まで戻ってさっさと下山することに決まる。
1
10:54 縦走路中
薄い城壁のような岩。自然の造形美に驚かされる
2019年05月26日 10:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:54 縦走路中
薄い城壁のような岩。自然の造形美に驚かされる
10:57 縦走路中
薄い城壁のような岩に空いている穴
2019年05月26日 10:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:57 縦走路中
薄い城壁のような岩に空いている穴
12:36 新緑がきれいでした。
2019年05月26日 12:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:36 新緑がきれいでした。

感想/記録

さがみ山友会の春の沢集中に碓氷川水系中木川谷急沢右俣チームとして参加(もう1チームは入山川北烏帽子沢)
5月にしては暑い日で、北海道では5月としては観測史上最高気温である38度を記録。思わぬ沢日和となり、ドボンな場所はなかったものの、進んで水に足付け水をかぶるようにして登った。
今回ラバーソールデビューとなり、初めは恐る恐る足を乗せていたが、この沢に限っては全く滑ることなく快適に遡行できた。
「妙義」や「谷急」の名前の割には、小滝もほとんど傾斜が緩く登れ、詰めもすぐ登山道にぶつかる上、登山道を下れば簡単に下山できることから、デート沢の様相であった。

訪問者数:95人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

右俣 縦走 遡行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ