また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1881320 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

九重山(諏蛾守越〜三俣山〜坊ガツル〜雨ヶ池越)

日程 2019年05月16日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候薄曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
1時間30分
合計
9時間5分
S長者原06:2406:39長者原自然研究路分岐06:4006:46指山自然観察路分岐駐車場07:43採石道路分岐07:4408:08諏蛾守越08:39三俣山西峰08:4209:00三俣山IV峰09:0109:04三俣山09:1009:17三俣山IV峰09:32三俣山南峰09:4610:03三俣山IV峰10:20三俣山西峰10:43諏蛾守越10:50諏蛾守越分岐11:26法華院温泉12:2413:15雨ヶ池越13:52指山自然観察路分岐15:22長者原15:2815:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

長者原(ちょうじゃばる)の駐車場からスタート!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者原(ちょうじゃばる)の駐車場からスタート!
ちょっと歩いたところが登山口で、登山届記入ボックスがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと歩いたところが登山口で、登山届記入ボックスがあります。
初めは舗装道路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めは舗装道路。
すがもり越の標識に従って登山道に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すがもり越の標識に従って登山道に入ります。
樹木が低くなり、視界が開けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木が低くなり、視界が開けます。
イワカガミ。九州でも見られるのですね(^^ゞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ。九州でも見られるのですね(^^ゞ
所々に標識や植生保護のロープがありますので、濃霧でなければ問題ないでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に標識や植生保護のロープがありますので、濃霧でなければ問題ないでしょう。
ミヤマキリシマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキリシマ。
1
硫黄山道路に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄山道路に出ます。
「ここは速やかに通過」するよう、注意看板がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ここは速やかに通過」するよう、注意看板がありました。
見下ろすと、砂防ダムが何段も。一番下には、まだ埋まっていない巨大な砂防ダムが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見下ろすと、砂防ダムが何段も。一番下には、まだ埋まっていない巨大な砂防ダムが見えました。
道路は通行止め。登山道に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路は通行止め。登山道に入ります。
硫黄山。約50年前まで、硫黄採掘が行われていたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄山。約50年前まで、硫黄採掘が行われていたそうです。
ガスの時、ペンキ印は助かります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの時、ペンキ印は助かります。
諏蛾守峠の頑丈そうなシェルター。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏蛾守峠の頑丈そうなシェルター。
ここが三俣山(みまたやま)のメイン登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが三俣山(みまたやま)のメイン登山口。
少し登った所から。硫黄山の噴気や星生山が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登った所から。硫黄山の噴気や星生山が見えてきました。
ここもミヤマキリシマが、一面に咲くと綺麗でしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもミヤマキリシマが、一面に咲くと綺麗でしょうね。
中央やや左の一番高いのが最高峰中岳、右が主峰久住山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央やや左の一番高いのが最高峰中岳、右が主峰久住山。
三俣山・西峰から星生山。昨日と反対方向から見ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山・西峰から星生山。昨日と反対方向から見ています。
久住山と久住分れへの登山道が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山と久住分れへの登山道が見えます。
涌蓋山と右に平らな万年山。明日歩く予定(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涌蓋山と右に平らな万年山。明日歩く予定(^^)
こちらは本峰と南峰方面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは本峰と南峰方面です。
本峰へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本峰へ向かいます。
本峰と南峰の分岐。まずは本峰へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本峰と南峰の分岐。まずは本峰へ。
次は南峰へ向かいます。前に岩が見えますが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は南峰へ向かいます。前に岩が見えますが、
ガスが流れて南峰が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが流れて南峰が見えました。
南峰から本峰の標識が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰から本峰の標識が見えます。
中岳、天狗ヶ城、久住山。中岳の左に稲星山も見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳、天狗ヶ城、久住山。中岳の左に稲星山も見えます。
星生山と硫黄山。左奥に阿蘇山も見えましたが、山頂部は雲の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星生山と硫黄山。左奥に阿蘇山も見えましたが、山頂部は雲の中。
中央のなだらかなピークが西峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央のなだらかなピークが西峰。
まずますの展望でした(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずますの展望でした(^^)
己から南峰を振り返ります。右奥は大船山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
己から南峰を振り返ります。右奥は大船山。
諏蛾守峠へ下る途中から。久住分れへ向かう登山者が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏蛾守峠へ下る途中から。久住分れへ向かう登山者が見えました。
諏蛾守峠へ戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏蛾守峠へ戻りました。
法華院温泉へ向かいます。正面は大船山。ここもミヤマキリシマの群生地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法華院温泉へ向かいます。正面は大船山。ここもミヤマキリシマの群生地。
砂地に出ました。雨で流されて来たのでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂地に出ました。雨で流されて来たのでしょうか?
諏蛾守峠を振り返ると、大きな岩が崩れ落ちそう(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏蛾守峠を振り返ると、大きな岩が崩れ落ちそう(^^;
大船山と左が平治岳(ひいじだけ)、ラムサール条約の登録湿地となっている坊ガツルも見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大船山と左が平治岳(ひいじだけ)、ラムサール条約の登録湿地となっている坊ガツルも見えました
法華院温泉の近くまで下りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法華院温泉の近くまで下りました。
振り返ると、ここも砂防ダムが何段にもなっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、ここも砂防ダムが何段にもなっています。
法華院温泉山荘。元々は霊場だったが、信仰の山から登山の山へと変化する中、1882年に山宿を始めたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法華院温泉山荘。元々は霊場だったが、信仰の山から登山の山へと変化する中、1882年に山宿を始めたそうです。
ミヤマキリシマの時期に宿泊し、ハイキングしたらいいでしょうね。でも大混雑しそう(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキリシマの時期に宿泊し、ハイキングしたらいいでしょうね。でも大混雑しそう(^^;
ゆっくりお昼休憩し、歩き始めると日当りの良い所に、ミヤマキリシマが咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりお昼休憩し、歩き始めると日当りの良い所に、ミヤマキリシマが咲いていました。
坊ガツルを歩きます。ここは車も通れるようです。もちろん許可車だけでしょうが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊ガツルを歩きます。ここは車も通れるようです。もちろん許可車だけでしょうが。
ここからも前方に見えている大船山へ行けます。標識の下には、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも前方に見えている大船山へ行けます。標識の下には、
ハルリンドウが沢山咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハルリンドウが沢山咲いていました。
1
韓国岳以来、所々で見ていますが、ここが一番多かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
韓国岳以来、所々で見ていますが、ここが一番多かったです。
1
右は坊ガツルのキャンプ場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右は坊ガツルのキャンプ場。
長者原へ戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者原へ戻ります。
坊ガツルを振り返ります。中央やや右奥に見えているのが中岳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊ガツルを振り返ります。中央やや右奥に見えているのが中岳です。
樹林帯に入りました。この先、しばらくは展望なしです(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入りました。この先、しばらくは展望なしです(^^;
新緑が綺麗なところもあるので、ガマンしましょう(^^ゞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が綺麗なところもあるので、ガマンしましょう(^^ゞ
雨ヶ池に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ池に出ました。
雨が降ると池になるそうです。水が木道の上まで増えたら大変そう(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が降ると池になるそうです。水が木道の上まで増えたら大変そう(^^;
展望が望めるのは、雨ヶ池付近だけです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が望めるのは、雨ヶ池付近だけです。
また樹林帯に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また樹林帯に入ります。
指山の表示に惹かれて、本道から外れてみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
指山の表示に惹かれて、本道から外れてみました。
登山道は良く踏まれていますが、地形図を見ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は良く踏まれていますが、地形図を見ると、
標高差250mほどの急な登りなので、展望のある所で休憩して戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高差250mほどの急な登りなので、展望のある所で休憩して戻りました。
樹林帯にウンザリしていると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯にウンザリしていると、
登山口ポストに出ました(^^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口ポストに出ました(^^)/
タデ原もラムサール条約の登録湿地だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タデ原もラムサール条約の登録湿地だそうです。
ちょっとまわり道してみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとまわり道してみます。
車椅子で通れるところもあるようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車椅子で通れるところもあるようです。
指山と三俣山、右は星生山。ガスが取れて良く晴れましたが、遅い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
指山と三俣山、右は星生山。ガスが取れて良く晴れましたが、遅い!
ガイド犬「平治号」の立っている出発点に戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガイド犬「平治号」の立っている出発点に戻りました。
長者原ビジターセンターに寄ってみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者原ビジターセンターに寄ってみました。
本峰〜北峰〜南峰の周回コースは、アップダウンが多く危険個所もあるが、通れないことはない、とのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本峰〜北峰〜南峰の周回コースは、アップダウンが多く危険個所もあるが、通れないことはない、とのこと。
南峰〜坊ガツルは、踏み跡が薄く、分かりにくく、急坂なので、お勧めしない、とのこと。いずれも標識類は、ありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰〜坊ガツルは、踏み跡が薄く、分かりにくく、急坂なので、お勧めしない、とのこと。いずれも標識類は、ありませんでした。

感想/記録
by phk55

【九州山行 5山目】

三俣山は、九重山の中心部に位置していますが、未踏でした。大船山は、日本三百名山なので、11年前の九州山行2回目で、登っているので、雨ヶ池越も諏蛾守越も歩いていました。

その時のルートは、長者原〜雨ヶ池越〜坊ガツル〜大船山〜平治岳との鞍部〜法華院温泉〜諏蛾守越〜長者原でした。

先を急いでいたので、雨ヶ池越の樹林帯は、気になりませんでしたが、今回は、三俣山登頂後の帰りで、前日に続いて展望の良い所を歩いて来た後なので、ガマンの道でした(^^ゞ

九重山は、全てアクセスの良い「やまなみハイウェイ」側から登りましたが、他のルートも歩いてみたい気がします。しかし、九重山で展望の無いコースは、避けたい気も(^^ゞ

【九州山行 4山目】九重山(星生山〜久住山〜稲星山〜中岳〜扇ヶ鼻)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1877603.html
【九州山行 6山目】万年山(万年山〜鼻ぐり岩〜お花畑)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1882378.html
訪問者数:27人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ