また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1896266 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

甘利山 千頭星山 一面のレンゲツツジ

日程 2019年06月17日(月) [日帰り]
メンバー
天候薄曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
写真を撮りに来ている方々が一杯で、朝7時でも駐車場は7割くらい埋まっていました。
車のすれ違いがキツイ場所もあるので注意・・・(擦りました・・・orz)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間12分
休憩
14分
合計
3時間26分
S甘利山グリーンロッジ駐車場07:1007:13つつじ苑07:26鍋頭07:28甘利山07:3107:55奥甘利山07:5708:31御所山・青木鉱泉分岐08:34大西峰08:52千頭星山09:09鳳凰山展望箇所09:1009:17千頭星山09:1809:30大西峰09:3109:54奥甘利山09:5510:15甘利山10:2010:21鍋頭10:32つつじ苑10:36甘利山グリーンロッジ駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
7:09 甘利山グリーンロッジ駐車場
7:12 つつじ苑
7:26 鍋頭
7:31 甘利山
7:55 奥甘利山
8:31 御所山・青木鉱泉分岐
8:33 大西峰
8:51 千頭星山
9:03 鳳凰山展望箇所
コース状況/
危険箇所等
道は歩きやすい感じです。
千頭星山から先は結構な釣り尾根っぽいです。
その他周辺情報韮崎旭温泉 韮崎旭の湯 600円。炭酸泉が良い感じでした。
武田乃郷 白山温泉 600円もあります。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 berghaus ヴェイパー ショートスリーブ クルー ベースレイヤ(1) Black Diamond ディスタンスFLZ(1) CW-X GENERATORモデル(1) Foxfire GORE-TEX パックライト キャップ(1) Salomon SENSE PRO 2(1) ファイントラック ストームゴージュアルパインパンツ(1) ファイントラック ニュウモラップフーディ(1) ファイントラック フラッドラッシュスキンメッシュソックス(1) ファイントラック フラッドラッシュパワーメッシュ T(1) ファイントラック フラッドラッシュパワーメッシュ ボクサーショーツ(1)

写真

お〜南アルプスなのか。
初じめての南アルプス登山となりました。
2019年06月17日 07:09撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜南アルプスなのか。
初じめての南アルプス登山となりました。
花のMAPもありました。
道の左右に小さ目ですがプレートもあるので覚えきらなくても大丈夫b
2019年06月17日 07:11撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花のMAPもありました。
道の左右に小さ目ですがプレートもあるので覚えきらなくても大丈夫b
登り始めて1分で早くもレンゲツツジがお出迎え。
ちなみに東屋コースじゃない方にはツツジはありませんでした。
2019年06月17日 07:12撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて1分で早くもレンゲツツジがお出迎え。
ちなみに東屋コースじゃない方にはツツジはありませんでした。
1
少し登ると東屋の辺りでレンゲツツジ越しの富士山が見れます。
2019年06月17日 07:16撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると東屋の辺りでレンゲツツジ越しの富士山が見れます。
1
ズミの白い花も綺麗です。
2019年06月17日 07:19撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミの白い花も綺麗です。
ツマトリソウ(ピンぼけ・・)
2019年06月17日 07:20撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ(ピンぼけ・・)
一面のレンゲツツジ
奥までずっと続いてます。
2019年06月17日 07:26撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面のレンゲツツジ
奥までずっと続いてます。
3
甘利山山頂 1731m
写真撮りつつで15分くらいでしょうか。
2019年06月17日 07:30撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘利山山頂 1731m
写真撮りつつで15分くらいでしょうか。
1
棒状の山頂碑はこちら。
富士山も入るのはこちら側ですね。
2019年06月17日 07:30撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒状の山頂碑はこちら。
富士山も入るのはこちら側ですね。
2
山頂を後にして奥甘利へと〜
下り始めるとツツジは見納めです。
2019年06月17日 07:32撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を後にして奥甘利へと〜
下り始めるとツツジは見納めです。
ミツバツチグリもちらほらと
2019年06月17日 07:43撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツチグリもちらほらと
1
(ちょっと写真暗いですが)
振り返って甘利山頂のレンゲツツジのオレンジと富士山。
2019年06月17日 07:45撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(ちょっと写真暗いですが)
振り返って甘利山頂のレンゲツツジのオレンジと富士山。
1
奥甘利の分岐。
山頂は徒歩30秒くらい。
2019年06月17日 07:53撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥甘利の分岐。
山頂は徒歩30秒くらい。
奥甘利山頂 1843m
下った割に100m登ってますね。
そこそこの登りです。
2019年06月17日 07:54撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥甘利山頂 1843m
下った割に100m登ってますね。
そこそこの登りです。
1
ヤマツツジでしょうか?
2019年06月17日 08:00撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジでしょうか?
この辺りでサルオガセがちらほら見うけられます。
漢字だと 猿尾枷 or 猿麻桛のようです。
(どうしてもサル”ガセオ”と間違えて覚えている・・・)
2019年06月17日 08:01撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りでサルオガセがちらほら見うけられます。
漢字だと 猿尾枷 or 猿麻桛のようです。
(どうしてもサル”ガセオ”と間違えて覚えている・・・)
うぁー この傾斜登っていくのかぁ・・・?
・・と、思うとやっぱり登る法則
2019年06月17日 08:02撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うぁー この傾斜登っていくのかぁ・・・?
・・と、思うとやっぱり登る法則
イチリンソウ?
2019年06月17日 08:03撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチリンソウ?
登る登る・・・。
奥甘利から次の大西峰付近までは、下ってから260m位登るので結構な登りです。
2019年06月17日 08:16撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登る登る・・・。
奥甘利から次の大西峰付近までは、下ってから260m位登るので結構な登りです。
タチツボスミレでしょうか?
2019年06月17日 08:25撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレでしょうか?
青木鉱泉の方にも繋がってるんですねぇ。
2019年06月17日 08:31撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青木鉱泉の方にも繋がってるんですねぇ。
お〜
なんかだか平坦な笹道にでました〜
2019年06月17日 08:35撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜
なんかだか平坦な笹道にでました〜
笹越しの富士山。
2019年06月17日 08:37撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹越しの富士山。
千頭星山頂 2139m。
山頂は噂通り展望はありません。
最後の少し登りるとことで、すれ違った方に「10分くらい進むと鳳凰三山が綺麗に見えるところがあるよ!」と教えていただきました。
2019年06月17日 08:52撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭星山頂 2139m。
山頂は噂通り展望はありません。
最後の少し登りるとことで、すれ違った方に「10分くらい進むと鳳凰三山が綺麗に見えるところがあるよ!」と教えていただきました。
1
少し先へ進んでみます。
南御室小屋・・・?鳳凰三山までつながっているのかー
2019年06月17日 08:52撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先へ進んでみます。
南御室小屋・・・?鳳凰三山までつながっているのかー
しばらく進むと急な下りが始まります。
2019年06月17日 09:00撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと急な下りが始まります。
足元をみると イワカガミが一杯。
この先の崖を下りたくなかったので、この辺りでちょっと崖側に逸れて一休み。
2019年06月17日 09:00撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元をみると イワカガミが一杯。
この先の崖を下りたくなかったので、この辺りでちょっと崖側に逸れて一休み。
正面が多分この道がつながっていると思われる場所。
破線ルートということですが、がけ崩れが凄いのでもしかしたら廃道かも?
2019年06月17日 09:01撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が多分この道がつながっていると思われる場所。
破線ルートということですが、がけ崩れが凄いのでもしかしたら廃道かも?
鳳凰三山。
教えてくれたおじさんに感謝だ〜
2019年06月17日 09:02撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山。
教えてくれたおじさんに感謝だ〜
1
最後に1枚。
オベリスクもちゃんと映ってますね。
2019年06月17日 09:04撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に1枚。
オベリスクもちゃんと映ってますね。
1
イワカガミも最後に1枚。
(後で知りましたが展望所はもうちょい先みたいです。
 が、ちょっと先が怖いのでこの辺りでもいいかも。)
2019年06月17日 09:09撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミも最後に1枚。
(後で知りましたが展望所はもうちょい先みたいです。
 が、ちょっと先が怖いのでこの辺りでもいいかも。)
この稜線の広がり感は好きな感じです。
(楽だしw)
2019年06月17日 09:20撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線の広がり感は好きな感じです。
(楽だしw)
富士山と笹林(行きと同じ場所かも?)
この辺りから登ってこられる方と結構すれ違い始めます。
2019年06月17日 09:28撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と笹林(行きと同じ場所かも?)
この辺りから登ってこられる方と結構すれ違い始めます。
サルオガセ祭り。
登りはきつかったのかこの記憶がない^^;
2019年06月17日 09:32撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルオガセ祭り。
登りはきつかったのかこの記憶がない^^;
韮崎の街並みが見えます。
2019年06月17日 09:43撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
韮崎の街並みが見えます。
紫のヤマツツジ再び。
2019年06月17日 09:44撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紫のヤマツツジ再び。
あれ・・こんな道ととおったっけ?という斜面。
2019年06月17日 09:46撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ・・こんな道ととおったっけ?という斜面。
ツマトリソウ
(ピントがあってるようなあってないような・・)
2019年06月17日 09:52撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
(ピントがあってるようなあってないような・・)
オレンジのヤマツツジ。
2019年06月17日 09:54撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オレンジのヤマツツジ。
甘利山頂までもう少し。
2019年06月17日 10:13撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘利山頂までもう少し。
山頂間際。
ここまでくれば帰ってきたも同然。
2019年06月17日 10:17撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂間際。
ここまでくれば帰ってきたも同然。
甘利山頂の案内板。
かなり見える景色とマッチする感じで書かれているので、見比べると楽しいですよ!
これを見て、ちょこっと 鳳凰三山が見えてるのに気づきました。
2019年06月17日 10:23撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘利山頂の案内板。
かなり見える景色とマッチする感じで書かれているので、見比べると楽しいですよ!
これを見て、ちょこっと 鳳凰三山が見えてるのに気づきました。
本日のベストショット。
色合いも肉眼に近い感じで撮れました〜。
2019年06月17日 10:25撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のベストショット。
色合いも肉眼に近い感じで撮れました〜。
5
最後は東屋じゃない方を下りました。
つつじ苑の真横に出ます。
バッチとコーラを購入〜
2019年06月17日 10:31撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は東屋じゃない方を下りました。
つつじ苑の真横に出ます。
バッチとコーラを購入〜
1
千頭星山の山バッチ。
花や星もあしらわれた結構きれいなバッチです。
2019年06月17日 16:48撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭星山の山バッチ。
花や星もあしらわれた結構きれいなバッチです。
1
甘利山の山バッチ。
こちらは、ちょっと地味・・?
2019年06月17日 16:48撮影 by Xperia X Compact, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘利山の山バッチ。
こちらは、ちょっと地味・・?
1

感想/記録
by Melt

この時期、レンゲツツジが綺麗で人気らしい甘利山をチョイスしました。
日曜が思ったより風強い予報だったので、休みを取っていた月曜日に振り替え登山となりました。

車で一気に1600m付近の駐車場まで登れます。
早朝から写真を撮りに来ている方がかなり居ましたが、7時台の登山者はほとんどいないみたいでした。
甲府は今日30度となる予報ですが、動かないと半袖はちょっと肌寒い感じの気温でした。

甘利山は駐車場からほんの10分程度ですが、満開のレンゲツツジが一面に咲き乱れていました!
甘利山〜奥甘利へはちょっと下って150m位登りとなります。
ちょっと脇に逸れる感じの奥甘利山頂は眺望がありませんでした。

奥甘利〜大西峰付近までは同じくらいの距離をちょっと下って200m位登りと、結構な登りに。
ただ、途中疲れて左手を望むと富士山が所々で見られるので一息つくのも良いかと思います。

大西峰〜千頭星山は低い笹の平坦な道。荒船山の山頂部の道を思い出します。
大西峰までの登りがきついので、ここはのんびり歩くのが良いかと思います〜
千頭星山の山頂は展望がありません。

千頭星山までの最後の登りですれ違った方に10分ほど奥に行くと鳳凰三山が綺麗に見える場所があると教えて頂いたのでそこまで行ってみました。
「イワカガミが見える辺りのやせ尾根付近〜」と教わっていましたが、下り初めでちょっと先に行くのが面倒になって途中かもしれないけど道を少しそれた感じの場所で妥協。
その場所からでも 鳳凰三山とそこに続く道が眺められたので良かったです。
イワカガミも一杯咲いていて綺麗でした。

登山の下りはたいがい今一つ面白くないものですが、この山の下りは眺望が開けるので、行よりも景色が楽しめる珍しい下りかもしれません。

テンション低めで登り始めましたが、レンゲツツジに、イワカガミ、鳳凰三山の楽しめた、想像より楽しい山旅となりました〜
訪問者数:208人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ