また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1897751 全員に公開 ハイキング 磐梯・吾妻・安達太良

箕輪山(横向上登山口から周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年06月18日(火) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
磐梯熱海ICから一般道を進む。マウント磐梯ホテルを過ぎ,2つ目の急カーブの曲がり角が横向上登山口。車はその20mほど上の道路脇に置ける。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
38分
合計
5時間13分
S横向上登山口08:1008:39土湯峠09:13鬼面山09:1410:46箕輪山11:2213:05横向登山口13:0613:22横向上登山口13:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

横向上登山口からさらに土湯峠に向けて20mほど進んだ先の道路脇に,車5台程度置けるスペースがある。ここに車を停めて出発。他に車はなかった(帰りも他の車はなかった)
2019年06月18日 08:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横向上登山口からさらに土湯峠に向けて20mほど進んだ先の道路脇に,車5台程度置けるスペースがある。ここに車を停めて出発。他に車はなかった(帰りも他の車はなかった)
1
横向上登山口には案内標識がなかった。最初だいぶ行き過ぎてしまった。下にある横向登山口には標識があったので,てっきりこちらにも標識があると思っていた。
2019年06月18日 08:09撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横向上登山口には案内標識がなかった。最初だいぶ行き過ぎてしまった。下にある横向登山口には標識があったので,てっきりこちらにも標識があると思っていた。
1
登山口をちょっと進むと登山届BOXがある。中には用紙と鉛筆が入っていた。私はあらかじめ自宅で書いてきたのを入れた。
まずは旧土湯峠に向けて,花の写真を撮りながら登る。
2019年06月18日 08:12撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口をちょっと進むと登山届BOXがある。中には用紙と鉛筆が入っていた。私はあらかじめ自宅で書いてきたのを入れた。
まずは旧土湯峠に向けて,花の写真を撮りながら登る。
1
タニウツギ ?
2019年06月18日 08:18撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タニウツギ ?
1
アカモノ
2019年06月18日 08:19撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノ
2
快適な道
2019年06月18日 08:29撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な道
1
アカモノ
2019年06月18日 08:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノ
1
ウラジロヨウラク ???
2019年06月18日 08:37撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク ???
旧土湯峠に着く。横向上登山口,新野地温泉口,野地温泉口からり登山道の合流地点だ。ここから鬼面山(きめんざん)に向かう
2019年06月18日 08:40撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧土湯峠に着く。横向上登山口,新野地温泉口,野地温泉口からり登山道の合流地点だ。ここから鬼面山(きめんざん)に向かう
2
ガスで鬼面山頂は見えないが,気分良く進む
2019年06月18日 08:41撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで鬼面山頂は見えないが,気分良く進む
1
振り返る。雲の中は東吾妻かな。下に新野地温泉が見える
2019年06月18日 08:46撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。雲の中は東吾妻かな。下に新野地温泉が見える
登山道は時々東側の眺望がある
2019年06月18日 08:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は時々東側の眺望がある
1
もう少しで山頂だ
2019年06月18日 09:05撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで山頂だ
1
山頂に到着。少し休憩。休憩後,箕輪山に向け出発
2019年06月18日 09:10撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。少し休憩。休憩後,箕輪山に向け出発
1
イワカガミがあった
2019年06月18日 09:15撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミがあった
1
岩と植物がうまく配置された庭園のような風景だった。私の好きな光景だ
2019年06月18日 09:18撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と植物がうまく配置された庭園のような風景だった。私の好きな光景だ
2
箕輪山との鞍部を眺める
2019年06月18日 09:21撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箕輪山との鞍部を眺める
1
緑がキレイ
2019年06月18日 09:21撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑がキレイ
2
分岐でないところにも何箇所か道標があった
2019年06月18日 09:29撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐でないところにも何箇所か道標があった
1
鬼面山を振り返る。野地温泉辺りから見ると,「鬼面」と名付けたのが分かる気がするが,こちら側からだと優しい「面」だ
2019年06月18日 09:32撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼面山を振り返る。野地温泉辺りから見ると,「鬼面」と名付けたのが分かる気がするが,こちら側からだと優しい「面」だ
1
箕輪山への道は大半がグジャグジャ道だった
2019年06月18日 09:41撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箕輪山への道は大半がグジャグジャ道だった
1
快適なところもあるにはある
2019年06月18日 09:59撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適なところもあるにはある
ショウジョウバカマ
2019年06月18日 10:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
1
残雪と出くわす。この辺りで道が不明瞭になり探す。探している最中に滑って泥だらけになった。「山と高原地図」を見たら,「残雪時ルート注意。滑りやすい」と注意喚起されている場所だった! 嗚呼
2019年06月18日 10:15撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪と出くわす。この辺りで道が不明瞭になり探す。探している最中に滑って泥だらけになった。「山と高原地図」を見たら,「残雪時ルート注意。滑りやすい」と注意喚起されている場所だった! 嗚呼
3
振り返ると,鬼面山からだいぶ来たことがわかる
2019年06月18日 10:15撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると,鬼面山からだいぶ来たことがわかる
残雪を振り返る。この右端のあたりで滑った
2019年06月18日 10:16撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪を振り返る。この右端のあたりで滑った
ショウジョウバカマが多かった
2019年06月18日 10:22撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマが多かった
あと少しで山頂だ
2019年06月18日 10:27撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しで山頂だ
1
山頂到着。 40年ぶりの箕輪山だ。でも前回の様子はまったく覚えていないので,新鮮だった
2019年06月18日 10:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。 40年ぶりの箕輪山だ。でも前回の様子はまったく覚えていないので,新鮮だった
1
時間的には早いが食事にした。おにぎり,ミニカップ麺(そば),野菜1日これ1本。最後に紅茶とミニクリームパン
2019年06月18日 10:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間的には早いが食事にした。おにぎり,ミニカップ麺(そば),野菜1日これ1本。最後に紅茶とミニクリームパン
2
安達太良山方面を眺めると,鉄山とその右側に鉄山避難小屋が見える
2019年06月18日 10:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山方面を眺めると,鉄山とその右側に鉄山避難小屋が見える
1
もう少し望遠で。当初は鉄山避難小屋まで行こうと考えていた。鉄山避難小屋までいけば沼ノ平が見えるからだ
2019年06月18日 10:48撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し望遠で。当初は鉄山避難小屋まで行こうと考えていた。鉄山避難小屋までいけば沼ノ平が見えるからだ
鉄山避難小屋まで往復で90分程度のはず。でもやめた。
2019年06月18日 11:10撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山避難小屋まで往復で90分程度のはず。でもやめた。
下山開始。ここを左に折れ,横向登山口に向かう
2019年06月18日 11:30撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始。ここを左に折れ,横向登山口に向かう
1
ツマトリソウ
2019年06月18日 11:54撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
1
磐梯山と秋元湖
2019年06月18日 11:55撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山と秋元湖
1
吾妻連峰。右端の赤い山は一切経山かな?
2019年06月18日 11:57撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻連峰。右端の赤い山は一切経山かな?
2
この先,滑りやすい道が続いた。おそるおそる降りなくてはならなかった。何回か滑った。
2019年06月18日 12:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先,滑りやすい道が続いた。おそるおそる降りなくてはならなかった。何回か滑った。
マイヅルソウだよね ?
2019年06月18日 12:16撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイヅルソウだよね ?
1
西吾妻方面
2019年06月18日 12:27撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻方面
1
緑が美しい
2019年06月18日 12:40撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑が美しい
2
未舗装の林道に出くわす。登山道は林道を横切って直進しなくてはならないのだが,つい林道を進んでしまった。次の交差で登山道に復帰。
2019年06月18日 12:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未舗装の林道に出くわす。登山道は林道を横切って直進しなくてはならないのだが,つい林道を進んでしまった。次の交差で登山道に復帰。
1
横向登山口に到着。「この登山道は,山岳登山道であり,ハイキングコースではありません」とある。箕輪山までの道も確かに大変な道ではあった
2019年06月18日 13:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横向登山口に到着。「この登山道は,山岳登山道であり,ハイキングコースではありません」とある。箕輪山までの道も確かに大変な道ではあった
1
ここから舗装路を30分弱歩き,横向上登山口のPに着いた
2019年06月18日 13:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから舗装路を30分弱歩き,横向上登山口のPに着いた
1
撮影機材:

感想/記録

初めて箕輪山に登ったのは今から40年以上も前の1976年10月中旬だった。新野地温泉登山口から銚子ヶ滝登山口まで,北から南まで縦走した。それ以来,2度目の箕輪山だ。
安達太良山系には何度も来ているけれど,奥岳登山口や沼尻登山口からの「安達太良山と鉄山の周回」に終始していて,箕輪山をスルーしていた。安達太良連峰最高峰の箕輪山(1728m)にもう一度登ろうと思った。

今回は初めての横向上登山口から周回することにした。
横向登山口にはしっかりとした案内板があるのに,横向上登山口には見当たらなかった。1度は車で通り過ぎてしまい,戻ってきて車を停めて,歩いて探してやっと見つけた。こっちにも登山口の標識を出してくれればと思った。

登山口から旧土湯峠までは,花の写真を撮りながらの良いウォーミングアップになった。旧土湯峠あたりの風景も悪くない。

鬼面山のあたり一帯は,私好みの風景だった。ちょっと荒々しい庭園のような感じがした。

登山道は鬼面山と箕輪山の鞍部までは快適。しかしそこから1600mぐらいまでグチャグチャ道。足の置き場を考えながら進んだ。1600mあたりに残雪があり,そこでルートが不明瞭になって道探し。その際に滑って泥だらけになってしまった。『山と高原地図』に「残雪時ルート注意。滑りやすい」と注意が入っている場所だった。前もって地図は見ているつもりだったのだが・・・。漫然と見ていただけではダメですね。

箕輪山頂からの下りは,箕輪スキー場リフト昇降場まで非常に滑りやすい道だった。注意しつつ慎重に下ったつもりだったがやはり滑った。

梅雨時もあってか,登山道が滑りやすかったが,面白い山行だった。本日に出合った登山者の数は5〜6人で,寂しすぎもせず賑やかすぎもせず,良い具合だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:560人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ