また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1905983 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道北・利尻

利尻山/バテバテの山

日程 2019年06月20日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候曇りのち☀(山頂はガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
民宿から北麓野営場まで車で、民宿でも送ってくれますが時間の自由度はあまりありません。鴛泊付近からは10分くらい。野営場には立派な駐車場があります。水は遊歩道を抜ける所に甘露泉水というのが豊富に流れています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間20分
休憩
2時間1分
合計
11時間21分
S利尻山北麓野営場(登山口)04:2304:33甘露泉04:3605:17四合目05:55五合目05:5806:28六合目06:4006:55七合目07:0508:13長官山08:1608:19八合目08:33利尻岳山小屋08:4709:23九合目09:3410:05沓形分岐10:0810:36利尻山北峰11:0411:21沓形分岐11:2211:44九合目11:4612:16利尻岳山小屋12:31八合目12:3312:34長官山13:26七合目13:3013:44六合目14:0014:20五合目14:2214:53四合目15:21利尻山−ポン山 分岐15:2415:29甘露泉15:3315:44利尻山北麓野営場(登山口)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
計画段階から、登り切れるかどうかみんなが心配していた。まあ、だったら北海道観光だ、という気分だったが、何とか登って、降りました。
コース状況/
危険箇所等
頂上直下がとてもザレていて足元が悪い以外は特別な悪場はありません。
ただ、単調なので景色が見えないと飽きる。
その他周辺情報北麓野営場から少し行ったところに利尻富士温泉があります。飲食店は鴛泊まで降りましょう。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

北麓野営場で最終準備。立派な施設です。
2019年06月20日 04:20撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北麓野営場で最終準備。立派な施設です。
1
もはや水場というより名所です。バテバテ膝が痛くなって下山した人は『末期の水』などと大うけでした。
2019年06月20日 04:34撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや水場というより名所です。バテバテ膝が痛くなって下山した人は『末期の水』などと大うけでした。
ちょろちょろではなく、ジャバジャバ出てます。
2019年06月20日 04:34撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょろちょろではなく、ジャバジャバ出てます。
2泊した礼文知床地区が見えます。あっちからも見えるんだろうなぁ。
2019年06月20日 05:58撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2泊した礼文知床地区が見えます。あっちからも見えるんだろうなぁ。
2
7合目でこの標高? 多分海岸からの距離でやってるんだろう? 標高でやってくれよー! ここから長過ぎ!
2019年06月20日 07:00撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目でこの標高? 多分海岸からの距離でやってるんだろう? 標高でやってくれよー! ここから長過ぎ!
1
カメラを向けるとニコやか。下を向くと・・・・。
2019年06月20日 07:05撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラを向けるとニコやか。下を向くと・・・・。
素晴らしい! 長官山です。
2019年06月20日 07:48撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい! 長官山です。
2
山頂がチラッと。
2019年06月20日 08:16撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂がチラッと。
2
登り切れない人がいると何なんで、ここで記念写真を。
2019年06月20日 08:17撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切れない人がいると何なんで、ここで記念写真を。
4
ウコンウツギ
2019年06月20日 08:26撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウコンウツギ
1
カラフトハナシノブ
2019年06月20日 08:30撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラフトハナシノブ
1
リシリゲンゲ
2019年06月20日 09:00撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リシリゲンゲ
1
イワウメかなぁ?
2019年06月20日 09:43撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウメかなぁ?
1
イワウメと見られる群落。
2019年06月20日 09:44撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウメと見られる群落。
1
沓形コースと合流するころ、ざれたコースになって行きます。
2019年06月20日 10:05撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓形コースと合流するころ、ざれたコースになって行きます。
一人も掛けることなく山頂に立つことができました。
2019年06月20日 10:38撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人も掛けることなく山頂に立つことができました。
4
ちょっと高い南峰。踏み跡はあるもののルート状況悪く行けません。
2019年06月20日 10:40撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと高い南峰。踏み跡はあるもののルート状況悪く行けません。
下山時見え始めた。ボロボロっぽい。高度感あります。
2019年06月20日 11:06撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時見え始めた。ボロボロっぽい。高度感あります。
ローソク岩、これだけ見えれば満足。
2019年06月20日 11:06撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ローソク岩、これだけ見えれば満足。
2
山頂はもう見えません。
2019年06月20日 11:21撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はもう見えません。
2
8合目小屋トイレブース。
2019年06月20日 12:17撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目小屋トイレブース。
1
300ミリ相当で撮った鴛泊港。フェリーが入ってきます。
2019年06月20日 12:28撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
300ミリ相当で撮った鴛泊港。フェリーが入ってきます。
1
無事下山。降りるまでが登山だからね。
2019年06月20日 15:55撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。降りるまでが登山だからね。
3

感想/記録

心配していたが、何とかみんな登り切りました。山頂での展望は残念だったが、山頂がすっきり見えるのはあまりないとのこと。でも、下山時、ガスの切れ目から少し見えたのはラッキーだった。雨にもあたらず、フェリー欠航の後の登山としては、超ラッキーだろう。
訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス ザレ 水場 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ