また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1906619 全員に公開 ハイキング 大雪山

高原温泉〜三笠新道〜白雲岳避難小屋〜緑岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年06月23日(日) 〜 2019年06月24日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高原温泉前の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間22分
休憩
11分
合計
7時間33分
S大雪高原温泉07:0609:06大学沼09:1411:59高根ヶ原分岐12:0214:39白雲岳避難小屋
2日目
山行
5時間49分
休憩
1時間15分
合計
7時間4分
白雲岳避難小屋05:5706:41白雲分岐06:5207:29白雲岳07:5508:39白雲分岐08:4208:51小泉岳08:5910:03緑岳10:3012:58大雪高原温泉13:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報高原温泉日帰り入浴大人800円、子供400円、10時30分〜17時まで
沼巡りコースはヒグマ情報センターで7時から開始のヒグマに対するレクチャーを受けてから入山。
駐車場にトイレはありますがペーパーが無いので用意してください。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

前日の大雨が嘘のような青空。
2019年06月23日 06:10撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の大雨が嘘のような青空。
3
ヒグマ情報センターにてレクチャーを受けてから入山します。
2019年06月23日 07:02撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒグマ情報センターにてレクチャーを受けてから入山します。
1
巨大な水芭蕉
2019年06月23日 07:18撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な水芭蕉
ヤンベタップ川の渡渉は仮設の橋ではなく丸太に変わりました。
2019年06月23日 07:31撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤンベタップ川の渡渉は仮設の橋ではなく丸太に変わりました。
1
滑ったらドボン!
2019年06月23日 08:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ったらドボン!
大学沼のある場所
2019年06月23日 09:08撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大学沼のある場所
おねだりキツネが様子を伺ってます
2019年06月23日 09:15撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おねだりキツネが様子を伺ってます
2
三笠新道の入り口
2019年06月23日 10:47撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三笠新道の入り口
2
中間地点はギリギリツボ足でも行けますが、ここで引き返した方もいます。
2019年06月23日 10:55撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間地点はギリギリツボ足でも行けますが、ここで引き返した方もいます。
核心部分の手前、徐々に角度がきつくなって行きます。
この先、登り切るまで撮影する余裕すら無くなりました。
この先の下は崖になります。
2019年06月23日 11:04撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部分の手前、徐々に角度がきつくなって行きます。
この先、登り切るまで撮影する余裕すら無くなりました。
この先の下は崖になります。
3
振り返るとこんな感じ。
2019年06月23日 11:04撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ。
雪庇の上から
2019年06月23日 11:16撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の上から
2
登った先は絶景!
2019年06月23日 11:30撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登った先は絶景!
4
ホソバウルップソウがたくさん咲いてました。
2019年06月23日 12:33撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバウルップソウがたくさん咲いてました。
10
三笠新道分岐はまだ開いてます。
2019年06月23日 12:47撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三笠新道分岐はまだ開いてます。
2
小屋番さんが今シーズンの準備中のため、本日無料で利用出来るということで、小屋泊に変更。
2019年06月23日 14:36撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋番さんが今シーズンの準備中のため、本日無料で利用出来るということで、小屋泊に変更。
4
テント場は雪解けが終わりました。
2019年06月23日 14:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は雪解けが終わりました。
4
避難小屋の2階。
女性用の更衣室もあります。
2019年06月23日 14:48撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の2階。
女性用の更衣室もあります。
3
小屋から高根ヶ原方向
2019年06月24日 00:44撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から高根ヶ原方向
白雲岳避難小屋から高根ヶ原の朝焼け。
2019年06月24日 03:54撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳避難小屋から高根ヶ原の朝焼け。
1
壮大な風景。
2019年06月24日 03:58撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壮大な風景。
6
水場利用可能です。
2019年06月24日 06:02撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場利用可能です。
3
白雲岳からのゼブラ模様が綺麗でした。
2019年06月24日 07:33撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳からのゼブラ模様が綺麗でした。
10
標高年の緑岳から高根ヶ原。
2019年06月24日 09:58撮影 by COOLPIX P300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高年の緑岳から高根ヶ原。
3
エイコの沢の危険箇所は整備されてます。
2019年06月24日 11:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイコの沢の危険箇所は整備されてます。
第一お花畑付近の雪渓。
2019年06月24日 11:57撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一お花畑付近の雪渓。
無事下山しました。
2019年06月24日 12:53撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山しました。
1
沼巡りコースは今年は山守隊が管理しているようです。
2019年06月24日 12:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼巡りコースは今年は山守隊が管理しているようです。
4
下山後のお楽しみの温泉に入って帰りました。
2019年06月24日 13:47撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後のお楽しみの温泉に入って帰りました。
2

感想/記録

沼巡りコースはまだ雪解け時期なので時期尚早という感じでした。
三笠新道は6名様ほど諦めて引き返して行きました。
10本アイゼンが無いと厳しい感じがしました。
登った先の高根ヶ原はお花が咲き乱れて足のふみ場に困るほど咲いて最高です。
白雲岳避難小屋は今小屋番さんが準備真っ最中今日は無料で利用出来るとの事なので
テント装備一式持ったまま小屋泊して行きます。
深夜は周辺雲ひとつ無い空で星がきれいでした。
朝方に雲が出てきましたが日の出と共に快晴に。
準備をして白雲岳からのゼブラ雪渓を見に行きます。
小泉岳のホソバウルップソウはこれから開花の様です。
緑岳は標高2019mなので今年は標高年です。
沢山の登山客が来ると見込まれている様です。
今年から高原温泉側の登山道維持管理に山守隊が行っている様です。
細かな登山道維持が以前より良いと感じました。
緑岳は軽アイゼンは必要無く登ることが出来ます。
三笠新道は山守隊の方も言ってましたが、気軽に登れるルートでは無いそうです。
滑落したら停止するような斜度ではないので
夏靴に装着出来る10本アイゼンが安全に登るための最低条件なのかな。
ピッケルがあれば3点支持が出来るので余裕になると思います。
危ないルートですが、高根ヶ原に登ると足の踏み場がない程のお花畑が待ってます!!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:705人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ