また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1925311 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

御座石鉱泉〜観音ヶ岳〜地蔵ヶ岳

日程 2019年07月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口までの林道は一部未舗装。
たぬきが数回、道路を横断します。狸注意。
御座石手前1kmからは注意しないと車体の底を擦ります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間42分
休憩
46分
合計
9時間28分
S御座石鉱泉04:3006:17旭嶽06:41燕頭山07:52鳳凰小屋07:5408:41鳳凰小屋分岐09:06鳳凰山09:1609:30鳳凰小屋分岐09:3110:04アカヌケ沢の頭10:0610:18地蔵ヶ岳10:2811:02鳳凰小屋11:2012:19燕頭山12:33旭嶽13:54御座石鉱泉13:5713:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(御座石鉱泉〜燕頭山)
まず1000m登ります。
樹林帯の急登。展望はほぼありません。
足の筋肉と相談しながら、なるべく省エネで登ります。
(燕頭山〜鳳凰小屋)
なだらかに登ります。
展望もあり、木道もあり、ハイキングらしくなります。
(鳳凰小屋〜観音ヶ岳)
小屋の水場脇を入り梯子を登ります。
尾根道までは急登です。1300m登った後なのでかなりバテます。
酸素も少なくなっていますので呼吸を整えながら登ります。
(観音ヶ岳〜地蔵ヶ岳)
屈指の展望。南に富士山。西に北岳。東に八ヶ岳。北に甲斐駒。
(地蔵ヶ岳〜鳳凰小屋)
序盤はサラサラの砂場を一気に下ります。一歩で2m進むイメージです。
その後樹林帯となります。
(鳳凰小屋〜御座石鉱泉)
1300m下ります。長いです。そのうち必ず着きます。耐えましょう。
(全体)
危険な箇所はありません。赤リボンも要所にあります。
水場とトイレは鳳凰小屋のみです。
その他周辺情報みどりや食堂のチャーシューメンは有名です。
道の駅白州駐車場のかき氷は天然氷。行列必至。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 携帯 タオル ストック

写真

御座石鉱泉の登山口から登ります。
4:24でも暗いですね。湿度たっぷり。
2019年07月13日 04:24撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座石鉱泉の登山口から登ります。
4:24でも暗いですね。湿度たっぷり。
ここから森に入ります。
暗いのでヘッデンつけました。
右にトイレあります。
2019年07月13日 04:24撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから森に入ります。
暗いのでヘッデンつけました。
右にトイレあります。
これがよく見る護岸ブロック。巨大すぎる。
間違ってここ歩いた人いたみたいだけど。
正解は右手を巻きます。
2019年07月13日 04:53撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがよく見る護岸ブロック。巨大すぎる。
間違ってここ歩いた人いたみたいだけど。
正解は右手を巻きます。
西ノ平。林道からのショートカット。
車が奥に1台。小屋関係者かな?
2019年07月13日 05:03撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ノ平。林道からのショートカット。
車が奥に1台。小屋関係者かな?
ここから一気に急登です。
2019年07月13日 05:04撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから一気に急登です。
折れそうになる心を花で癒されます。
2019年07月13日 05:35撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折れそうになる心を花で癒されます。
めったにない展望で
富士山見えた!
2019年07月13日 06:09撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めったにない展望で
富士山見えた!
旭嶽到着。というか通過。
2019年07月13日 06:16撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭嶽到着。というか通過。
めったにない展望で
八ヶ岳見えた!
2019年07月13日 06:36撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めったにない展望で
八ヶ岳見えた!
急登の樹林帯を抜け
景色が一変。そろそろか?
2019年07月13日 06:39撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の樹林帯を抜け
景色が一変。そろそろか?
燕頭山(つばくろやま)着いた!
2019年07月13日 06:41撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕頭山(つばくろやま)着いた!
ベンチで一息。
2019年07月13日 06:41撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチで一息。
メンチカツパンで体力回復!
ちっちゃい虫が頭の周りを・・・邪魔。
2019年07月13日 06:44撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メンチカツパンで体力回復!
ちっちゃい虫が頭の周りを・・・邪魔。
地蔵ヶ岳見えてきました。
本日は鳳凰小屋でヘリの荷物運びの日。
ヘリが数回往復していました。
2019年07月13日 06:53撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵ヶ岳見えてきました。
本日は鳳凰小屋でヘリの荷物運びの日。
ヘリが数回往復していました。
燕頭山からの登山道は楽しい!
急登もなく、変化に富んでいます。
2019年07月13日 06:54撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕頭山からの登山道は楽しい!
急登もなく、変化に富んでいます。
登山道も明るいし
2019年07月13日 06:56撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道も明るいし
振り返ると燕頭山
2019年07月13日 06:58撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると燕頭山
さすがに今日は見えてません
2019年07月13日 07:11撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに今日は見えてません
橋もいいですね
2019年07月13日 07:34撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋もいいですね
さっきまでと大違い。楽しい!
2019年07月13日 07:35撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまでと大違い。楽しい!
写真中央の沢沿いに青木鉱泉から登山者が見えます。
2019年07月13日 07:46撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真中央の沢沿いに青木鉱泉から登山者が見えます。
鳳凰小屋見えた!
すぐ横を走って逃げるシカも見えた!
ビックリ。
2019年07月13日 07:51撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋見えた!
すぐ横を走って逃げるシカも見えた!
ビックリ。
燕頭山コースって名前でした。
知らなかったあ。
2019年07月13日 07:51撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕頭山コースって名前でした。
知らなかったあ。
ベンチに座って一息。
水場を左に進むと観音ヶ岳への登山道
水が冷たーい
2019年07月13日 07:58撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチに座って一息。
水場を左に進むと観音ヶ岳への登山道
水が冷たーい
南アルプスの天然水。
2019年07月13日 07:59撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの天然水。
右のはしごを登ります。
2019年07月13日 08:00撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のはしごを登ります。
かなりの急登。下を見てみました。
2019年07月13日 08:19撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの急登。下を見てみました。
尾根道手前で景色が変わり明るくなります。
徐々に砂がでてきて・・・
2019年07月13日 08:26撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道手前で景色が変わり明るくなります。
徐々に砂がでてきて・・・
ようやく尾根道と合流。
長かった。
2019年07月13日 08:40撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく尾根道と合流。
長かった。
あと少し。
2019年07月13日 08:41撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し。
疲労でなかなか足が前に出ません。
2019年07月13日 08:44撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲労でなかなか足が前に出ません。
振り返ると地蔵ヶ岳。
2019年07月13日 08:45撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると地蔵ヶ岳。
今日初めての北岳。
2019年07月13日 08:52撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日初めての北岳。
1
右が甲斐駒ヶ岳。左が仙丈ヶ岳。中央が高嶺。
2019年07月13日 08:52撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が甲斐駒ヶ岳。左が仙丈ヶ岳。中央が高嶺。
右が地蔵ヶ岳。左が赤抜沢ノ頭。
2019年07月13日 08:53撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が地蔵ヶ岳。左が赤抜沢ノ頭。
1
観音ヶ岳まであと少し。
2019年07月13日 08:53撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音ヶ岳まであと少し。
すぐこそ。
2019年07月13日 09:02撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐこそ。
薬師ヶ岳も見えた!
夜叉神コースも長いんだよね。
2019年07月13日 09:04撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師ヶ岳も見えた!
夜叉神コースも長いんだよね。
観音ヶ岳直下に到着。
登山者は他に1人。静かな山頂です。
2019年07月13日 09:07撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音ヶ岳直下に到着。
登山者は他に1人。静かな山頂です。
昨年登った時は夜叉神コースでたいだい4時間半。
今回御座石鉱泉から登ったコースでだいたい4時間半。
同じなんだ。疲労感は今日の方があります。
2019年07月13日 09:07撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年登った時は夜叉神コースでたいだい4時間半。
今回御座石鉱泉から登ったコースでだいたい4時間半。
同じなんだ。疲労感は今日の方があります。
曇りにしては展望ありました。
2019年07月13日 09:08撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇りにしては展望ありました。
甲府盆地方面。
街も見えました。
2019年07月13日 09:09撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府盆地方面。
街も見えました。
北岳。いつかは。
2019年07月13日 09:10撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳。いつかは。
1
薬師ヶ岳越しの富士山はいいですね。
この尾根道は歩きたいですね。
今回は戻るので行けませんが。
2019年07月13日 09:10撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師ヶ岳越しの富士山はいいですね。
この尾根道は歩きたいですね。
今回は戻るので行けませんが。
山頂からの地蔵ヶ岳。
2019年07月13日 09:11撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの地蔵ヶ岳。
観音ヶ岳の山頂はこんな感じ。
大きな岩場なので広くありません。
2019年07月13日 09:11撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音ヶ岳の山頂はこんな感じ。
大きな岩場なので広くありません。
山頂からの八ヶ岳
2019年07月13日 09:12撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの八ヶ岳
さて中央の赤抜沢ノ頭に向かいます。
2019年07月13日 09:25撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて中央の赤抜沢ノ頭に向かいます。
今年も健在。
2019年07月13日 09:29撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年も健在。
や。ガスが沸いてきました!
急がねば!
2019年07月13日 09:32撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
や。ガスが沸いてきました!
急がねば!
今年も健在。
2019年07月13日 09:35撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年も健在。
みるみるガスに覆われてる
2019年07月13日 09:40撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みるみるガスに覆われてる
急登を終えて一息。
2019年07月13日 10:00撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を終えて一息。
地蔵ヶ岳がすぐそこに。
2019年07月13日 10:01撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵ヶ岳がすぐそこに。
少しだけ白鳳峠に向かうと・・・
2019年07月13日 10:04撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ白鳳峠に向かうと・・・
赤抜沢ノ頭に到着。
2019年07月13日 10:05撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭に到着。
これが頭かな?
2019年07月13日 10:06撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが頭かな?
振り返るといました。
2019年07月13日 10:06撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るといました。
少し下っての撮影
2019年07月13日 10:11撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下っての撮影
お地蔵さんも健在。
2019年07月13日 10:12撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さんも健在。
数人チャレンジ中でした。
2019年07月13日 10:15撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数人チャレンジ中でした。
1
直下で休憩。
2019年07月13日 10:16撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下で休憩。
まぜ御飯。燕頭山以来の本日2食目。
2019年07月13日 10:18撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まぜ御飯。燕頭山以来の本日2食目。
帰りはガスの中かな。
2019年07月13日 10:30撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはガスの中かな。
有名な砂下り。滑るように下ります。
登りだときつそうだ。
2019年07月13日 10:36撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な砂下り。滑るように下ります。
登りだときつそうだ。
木陰に入ると締まった砂道。
2019年07月13日 10:43撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木陰に入ると締まった砂道。
鳳凰小屋に戻ってきました。
登山者で賑わっています。
水場は誘惑でいっぱい。
2019年07月13日 10:59撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋に戻ってきました。
登山者で賑わっています。
水場は誘惑でいっぱい。
誘惑に
負けたぜ・・・
2019年07月13日 11:03撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誘惑に
負けたぜ・・・
テン場を横目にして帰ります。
2019年07月13日 11:20撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場を横目にして帰ります。
予想通りの湿気たっぷりの樹林帯。
2019年07月13日 11:34撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想通りの湿気たっぷりの樹林帯。
ここまで以外に多くの登山者とすれ違いました。
2019年07月13日 12:10撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで以外に多くの登山者とすれ違いました。
どら焼き最高。本日3食目。
目の前をトレランの方が元気よく下って行きました。
羨ましい・・・
2019年07月13日 12:14撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どら焼き最高。本日3食目。
目の前をトレランの方が元気よく下って行きました。
羨ましい・・・
よーーーーやくここまで下ってきました。
ながい!これに尽きます。
あと少し!雨降ってきたし・・・
2019年07月13日 13:21撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よーーーーやくここまで下ってきました。
ながい!これに尽きます。
あと少し!雨降ってきたし・・・
登山口到着!
無事に戻ってこられて良かったです。
今までで一番疲れました。
2019年07月13日 13:58撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口到着!
無事に戻ってこられて良かったです。
今までで一番疲れました。

感想/記録

今回、初めてのコースで鳳凰2座。
御座石鉱泉(標高1080m)から観音ヶ岳(標高2840m)までの標高差は1760m
昨年登った夜叉神登山口(1380m)からだと標高差は1460m
その差は300mです。
距離は圧倒的に夜叉神コースが長いですが急登はあまりありません。
実際に登ってみると・・・
今回の御座石鉱泉からのコースの方がきつかったです。
息は上がるし、体力も使い、特に下りの急坂はやられます。
ただ途中で八ヶ岳や富士山が見えるのは魅力です。
どちらにしても地蔵ヶ岳のオベリスク(巨岩)は一見の価値ありですね。
訪問者数:250人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ