また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1932410 全員に公開 ハイキング北陸

白山 ハライ谷より加賀禅定道 日帰り

日程 2019年07月17日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間50分
休憩
0分
合計
13時間50分
Sスタート地点02:5016:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
数か所に残雪あり。登山には影響ありません。

写真

深夜3時登山開始。しばらくでご来光。
2019年07月17日 04:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深夜3時登山開始。しばらくでご来光。
3
美女坂の上り。
2019年07月17日 05:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美女坂の上り。
1
このあたりに熊野う〇こらしきものが複数。お互いに出会わないようにと祈りながらの登山。
2019年07月17日 06:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりに熊野う〇こらしきものが複数。お互いに出会わないようにと祈りながらの登山。
ゴゼンタチバナ
2019年07月17日 06:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
さぁ幻の滝へ。
2019年07月17日 06:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ幻の滝へ。
百四丈の滝、感動です。時間帯によってはガスで見えない時も。昨日は上りも下りも見られました。
2019年07月17日 06:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百四丈の滝、感動です。時間帯によってはガスで見えない時も。昨日は上りも下りも見られました。
4
美女坂を登るとしばらくで木道が出て来ます。木道脇のお花が綺麗でした。
2019年07月17日 06:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美女坂を登るとしばらくで木道が出て来ます。木道脇のお花が綺麗でした。
2
所々に残雪がありますが登山には影響ありません。雪を頭に気持ちいいです。
2019年07月17日 07:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に残雪がありますが登山には影響ありません。雪を頭に気持ちいいです。
1
登山道わきにもお花畑。
2019年07月17日 07:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道わきにもお花畑。
2
天地跡の説明看板。
2019年07月17日 07:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天地跡の説明看板。
天地跡。まだまだ先は長いです。
2019年07月17日 07:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天地跡。まだまだ先は長いです。
ニッコウキスゲの群生。
2019年07月17日 07:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの群生。
コバイケイソウがあちこちに。
2019年07月17日 07:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウがあちこちに。
2
ここの水場はほんとにチョロチョロです。行くのが大変です。出来るなら利用しなくてよいような装備で。
2019年07月17日 07:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの水場はほんとにチョロチョロです。行くのが大変です。出来るなら利用しなくてよいような装備で。
2
大部登って来ました。ここからが本番です。
2019年07月17日 08:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大部登って来ました。ここからが本番です。
山頂に複数のケルンがある四塚山山頂。
2019年07月17日 08:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に複数のケルンがある四塚山山頂。
2
四塚山の道標。
2019年07月17日 08:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四塚山の道標。
ここを過ぎるとクロユリが少し見つけられます。
2019年07月17日 08:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを過ぎるとクロユリが少し見つけられます。
2
ハクサンフウロと?
2019年07月17日 09:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロと?
2
御手水鉢。ここから大汝峰への登りです。
2019年07月17日 09:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御手水鉢。ここから大汝峰への登りです。
2
大汝峰までやって来ました!
2019年07月17日 09:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰までやって来ました!
2
剣ヶ峰。
2019年07月17日 10:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰。
1
頂上ロックオン。
2019年07月17日 10:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上ロックオン。
1
やっと来ました白山山頂!ここまで7時間半です。
2019年07月17日 10:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと来ました白山山頂!ここまで7時間半です。
7
写真を数枚摂って、さぁ帰りますか!
2019年07月17日 10:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を数枚摂って、さぁ帰りますか!
1
帰りの道もアップダウンの繰り返し。やっと奥長倉避難小屋まで来ました。まだまだ先は長いです。
2019年07月17日 14:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの道もアップダウンの繰り返し。やっと奥長倉避難小屋まで来ました。まだまだ先は長いです。
2
しかり場分岐、さぁあと少しです。
2019年07月17日 15:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかり場分岐、さぁあと少しです。
2
夜中に参った檜の新宮にもう一度お参り。
2019年07月17日 15:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜中に参った檜の新宮にもう一度お参り。
1
檜の新宮の説明。
2019年07月17日 15:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜の新宮の説明。
この鉄塔まで来たら残り標高100mです。
2019年07月17日 16:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鉄塔まで来たら残り標高100mです。
1
やっと帰って来ました。ハライ谷登山口。お疲れ様です。
2019年07月17日 16:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと帰って来ました。ハライ谷登山口。お疲れ様です。
4
撮影機材:

感想/記録
by D3310

白山加賀禅定道ハライ谷口から日帰りの挑戦。どうなる事かと思いました何とか行って来ました。とにかくアップダウンの連続です。登山口から頂上までの標高差は2000mでこれだけでも結構大変ですが途中のアップダウンを入れると累計の標高差は3000mになります。下りも3000m下りますので大変です。別当出合から白山往復の2回分ですね。恐竜の背中の凸凹一筆書きで行くような感じです。登りは元気ですが下りのアップダウンにはホントに泣かされますね。この日は平日という事もあり大汝峰より下で出会ったのは1名だけでした。
訪問者数:365人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ