また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1937597 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

赤岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年07月20日(土) ~ 2019年07月21日(日)
メンバー
天候雨・曇り・晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘に駐車。1000円/1日×2=2000円。美濃戸口からの林道は普通乗用車にはなかなかの悪路。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

ルートは手書き、コースタイムはだいたいです。
コース状況/
危険箇所等
美濃戸山荘への林道は帰り道ではアブに悩まされた。ちなみに雨のせいか行く時にはそれほどいなかった。
過去天気図(気象庁) 2019年07月の天気図 [pdf]

写真

雨の登山口を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の登山口を出発。
銀竜草はあちこちで見られた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀竜草はあちこちで見られた。
1
登山道。八ヶ岳らしい苔の森。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道。八ヶ岳らしい苔の森。
1
行者小屋テンバから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋テンバから。
1
行者小屋テント場。本日の行動はここまで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋テント場。本日の行動はここまで。
翌日、赤岳へ向かう途中。
文三郎尾根、赤岳・阿弥陀岳分岐、阿弥陀岳方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、赤岳へ向かう途中。
文三郎尾根、赤岳・阿弥陀岳分岐、阿弥陀岳方面。
2
赤岳方面へと向かう岩場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳方面へと向かう岩場。
2
尾根上に咲く花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上に咲く花。
1
赤岳展望荘方面へ降る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘方面へ降る。
地蔵尾根を降り行者小屋へ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根を降り行者小屋へ、
1

感想/記録

夏山シーズン入りましたがすっきりしない天気が続きなかなか山に足が向かない、今週末末も雨絡みの予報でしたが、どうにか持ちそうな八ヶ岳に行ってみた。初日は赤岳山荘から南沢登山道で行者小屋まで、翌日に文三郎尾根から赤岳に登り、地蔵尾根から行者小屋に降りた。南沢ではホテイランの案内がありましたが案内板の日付は5月、今回は終わっている様子だったのでそのうち5月ごろに行ってみたくなる。下山後にヤマレコを徘徊しているとウルップソウの情報を目にした。今回のコース上でも咲いていたのか、それとも横岳方面向かうのか?こちらもそのうち見に行ってみたくなる。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:261人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 林道 テン 地蔵 ウルップソウ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ