また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2013898 全員に公開 ハイキング比良山系

白滝山ー思ったよりハードでした

日程 2019年09月11日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間13分
休憩
21分
合計
3時間34分
S坊村(明王谷林道駐車スペース)10:4811:03三ノ滝11:08伊藤新道出合11:34わさび大滝11:3511:43わさび天井滝11:4812:17白滝山12:3012:38オトワ池12:3912:59夫婦滝13:0013:12白髭渕13:21スベリ石13:55牛コバ13:58口ノ深谷 入口14:02伊藤新道出合14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:49 坊村(明王谷林道駐車スペース)
11:03 三ノ滝
11:05 伊藤新道出合
11:33 わさび大滝
11:42 わさび天井滝
12:30 白滝山
12:38 オトワ池
12:59 夫婦滝
13:12 白髭渕
13:21 スベリ石
13:55 牛コバ
13:58 口ノ深谷 入口
コース状況/
危険箇所等
道は解りにくいところがあり

写真

ここから伊藤新道へ  初めてです
2019年09月11日 11:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから伊藤新道へ  初めてです
立派な滝、見ごたえ充分のわさび大滝
2019年09月11日 11:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な滝、見ごたえ充分のわさび大滝
1
この滝も見ごたえあり
2019年09月11日 11:56撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝も見ごたえあり
1
着きました。今日唯一会った登山者がいらっしゃいました
2019年09月11日 12:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました。今日唯一会った登山者がいらっしゃいました
1
ここから分岐でルートは解りにくい
2019年09月11日 12:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから分岐でルートは解りにくい
1
こけのような?緑一色
2019年09月11日 12:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こけのような?緑一色
1
凄まじい台風の爪痕
2019年09月11日 13:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄まじい台風の爪痕
夫婦滝には寄らずに沢沿いを下山、ルート不明瞭な所が何ヵ所かあり
2019年09月11日 13:33撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦滝には寄らずに沢沿いを下山、ルート不明瞭な所が何ヵ所かあり
意外でした。梯子もあるでよー
2019年09月11日 13:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外でした。梯子もあるでよー
1
いつものところに戻って来ました。後は林道をジョグ
2019年09月11日 14:09撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものところに戻って来ました。後は林道をジョグ

感想/記録

 今日は午後から雨模様、んで今まで行ったことの無い伊藤新道としました。ここらは遭難や道迷いの多いところだそーでー沢沿いをあがっていくと立派な滝、ここを巻きますが確かにルートは解りにくい。何ヵ所かしばらくよーく見てから登ります。尾根に乗るとすぐに頂上かと思いましたが、意外に着かない。頂上と思ったらもうひとつ向こう側でした。白滝山は一応双耳峰なのですね。

 頂上では今日唯一会った登山者がおられました。よくこの辺りは来ておられるようー遭難の話をすると、やはり有るようで滑落や道迷いが多いみたいです。情報を頂いて降りていきます。小雨模様で雷も鳴り出しました。打見山への計画でしたが。帰りは沢沿いのため増水が怖い。っと言うわけで夫婦滝方面にショートカットとしました。

 基本的に沢沿いを降りていきますが、所々不明瞭な所があり。初めてということもありますが、何度も立ち止まってルートを確認します。あまりみない地図とスマホもみます。夫婦滝はカットして沢沿いを牛コバへ降りて行きますが、へつりやルートとも案外難しい。古いルートで梯子も幾つかあります。雨は強くないけど、森の中は暗いので更に解りにくい。こりゃ慣れてないなくて、体力不足に夕暮れ間近だと遭難の可能性も高まるよーでー やはり山はなめてはいけませんね。

 林道へ出ると消化試合、今日はジョグって最後は林道カットで急坂を降りました。こっちのほうが早いので次回からもそうします。  
訪問者数:69人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 双耳峰 道迷い 滑落 へつり 遭難
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ