また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2017633 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

矢筈ヶ山〜一向平 往復 (鳥取県)

日程 2019年09月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり 一時 はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一向平キャンプ場の駐車場に停めてスタート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
1時間4分
合計
7時間25分
S一向平駐車場07:3108:19大山滝08:2008:45大休口08:4810:15大休峠10:3011:37矢筈ヶ山12:0812:52大休峠12:5613:48大休口13:4914:10大山滝(観瀑台)14:1914:56一向平駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◼ 一向平〜大休峠:
中国自然歩道というだけあって、十分に整備されている。

◼ 大休峠〜矢筈ヶ山:
稜線に出るまでは、ササの海原、急登などに難儀する。ストックなしで、手を使ったほうがよい箇所があります。

※ 9月2日、一向平キャンプ場から大山滝方向300mのあたりでクマの目撃があったそうです。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

一向平(いっこうがなる)キャンプ場から出発です。
2019年09月14日 07:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一向平(いっこうがなる)キャンプ場から出発です。
1
このあたりで、クマがうろついていたそうです。
2019年09月14日 07:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりで、クマがうろついていたそうです。
2
グリーンシャワーを浴びて進む。
2019年09月14日 07:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンシャワーを浴びて進む。
2
下りの急階段が始まります。
2019年09月14日 07:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの急階段が始まります。
1
大山滝吊橋、昭和52年12月竣工、高さ30m、長さ45m
2019年09月14日 07:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山滝吊橋、昭和52年12月竣工、高さ30m、長さ45m
3
大山滝、ここまでは何度も来ています。滝は帰りに寄りましょう。
2019年09月14日 08:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山滝、ここまでは何度も来ています。滝は帰りに寄りましょう。
1
大休口、地獄谷へと大休峠への分岐。今回で二回目、ここから先は初めて。
2019年09月14日 08:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大休口、地獄谷へと大休峠への分岐。今回で二回目、ここから先は初めて。
1
グリーンシャワー
2019年09月14日 09:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンシャワー
4
階段はありがたいような、疲れるような。
2019年09月14日 09:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段はありがたいような、疲れるような。
本日初めての遠望、でも一瞬。
2019年09月14日 10:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日初めての遠望、でも一瞬。
2
これは夜中には光るかも?
2019年09月14日 10:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは夜中には光るかも?
3
大休峠の避難小屋。ここまで5.1km ということですが、かなり遠く感じた。
2019年09月14日 10:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大休峠の避難小屋。ここまで5.1km ということですが、かなり遠く感じた。
3
矢筈に向かって進むと、まずは胸までのササ海原。道はしっかりしているけれど、倒木が転んでいるので躓かないように注意。
2019年09月14日 12:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢筈に向かって進むと、まずは胸までのササ海原。道はしっかりしているけれど、倒木が転んでいるので躓かないように注意。
3
登りにくいことはないけれど、傾斜は急。
2019年09月14日 10:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りにくいことはないけれど、傾斜は急。
稜線の西端が見えてきた。そこまでがまたまた急斜面。
2019年09月14日 10:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の西端が見えてきた。そこまでがまたまた急斜面。
疲れます。
2019年09月14日 11:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れます。
やっと頂上、眺望良好。隠れているけど一等三角点。
2019年09月14日 11:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと頂上、眺望良好。隠れているけど一等三角点。
3
東南方面、出発地点が見えそうで見えない。右端の崩壊場所の手前に大山滝がある。
2019年09月14日 11:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東南方面、出発地点が見えそうで見えない。右端の崩壊場所の手前に大山滝がある。
2
甲ヶ山と小矢筈、奥に日本海
2019年09月14日 11:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲ヶ山と小矢筈、奥に日本海
3
小矢筈、その奥は琴浦町・北栄町
2019年09月14日 11:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小矢筈、その奥は琴浦町・北栄町
4
南西には翼を広げた黒いカラス、烏ヶ山。この右の剣ヶ峰方面はガスの中。
2019年09月14日 11:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西には翼を広げた黒いカラス、烏ヶ山。この右の剣ヶ峰方面はガスの中。
4
アゲハがたくさん飛んでいました。
2019年09月14日 12:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アゲハがたくさん飛んでいました。
3
奥にカラスを見ながら、帰途につきます。
2019年09月14日 12:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥にカラスを見ながら、帰途につきます。
大休峠まで降りてきました。
2019年09月14日 12:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大休峠まで降りてきました。
大山滝の観瀑台、滝壷まで降りる気にはならなかった。
2019年09月14日 14:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山滝の観瀑台、滝壷まで降りる気にはならなかった。
大山滝、右側からの崩落で滝つぼが埋まってしまいました。
2019年09月14日 14:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山滝、右側からの崩落で滝つぼが埋まってしまいました。
4
戻ってきました。
2019年09月14日 14:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました。
1
地蔵峠より、左から矢筈ヶ山・小矢筈、大きな鞍部があって右に甲ヶ山。
2019年09月14日 15:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠より、左から矢筈ヶ山・小矢筈、大きな鞍部があって右に甲ヶ山。
4
地蔵峠より。
2019年09月14日 15:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠より。

感想/記録

かねてより計画していた一向平〜矢筈ヶ山のピストンコース、決して甘く見ていたわけではありませんが、思ったよりきつかった。道中は眺望が得られない森の中の道で開放感に乏しく、また、大休口から先は初めてということもありましょうが、大山弥山のほうが楽です。
そのうち、「三鈷峰〜親指ピーク〜野田ヶ山〜大休峠〜川床」ルートを予定していますが、距離といい、標高差といい、今回と同じかそれ以上と思うと少々腰が引けてきます。


前回地獄谷に行った時は音しか聞こえなかった「不動滝」の横っ面を見る事ができたのは収穫だった。
訪問者数:245人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ