また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2025442 全員に公開 ハイキング飯豊山

飯豊北股岳(丸森尾根〜門内小屋〜北股岳往復〜梶川尾根)

日程 2019年09月14日(土) 〜 2019年09月15日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候9/14 晴れ
9/15 晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間31分
休憩
47分
合計
7時間18分
S飯豊山荘上駐車場06:3110:37丸森峰11:38地神北峰12:2012:40地神山12:4113:14扇ノ地神13:1813:49門内小屋
2日目
山行
6時間5分
休憩
2時間21分
合計
8時間26分
門内小屋06:0606:08門内岳06:1007:00北股岳07:1708:02門内岳08:1908:21門内小屋08:5209:13扇ノ地神09:1410:17梶川峰10:59五郎清水11:5812:56湯沢峰13:1014:32飯豊山荘上駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
丸森尾根:危険個所はありません。
梶川尾根:土砂崩れ個所がありますが、笹(根曲がり竹?)を掴んで通過すれば、問題ありません。

写真

9/14
久しぶりに丸森尾根を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9/14
久しぶりに丸森尾根を登ります。
2
いきなり急登です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり急登です。
3
直ぐに強い日差し、暑くなりそうな予感が(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに強い日差し、暑くなりそうな予感が(^^;
2
ミヤマママコナ
標高の低い所に、たくさん咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマママコナ
標高の低い所に、たくさん咲いていました。
2
ホツツジ
なかなか複雑な形です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホツツジ
なかなか複雑な形です。
2
日差しを防いでくれますが、風も通らないので、暑いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しを防いでくれますが、風も通らないので、暑いです。
1
飯豊本山とダイグラ尾根が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊本山とダイグラ尾根が見えました。
2
夫婦清水に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦清水に着きました。
水量は多くありませんでしたが、まだ冷たかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量は多くありませんでしたが、まだ冷たかったです。
1
梶川尾根と比較すると、展望は悪いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梶川尾根と比較すると、展望は悪いです。
1
少し開けた小さなピークがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し開けた小さなピークがあります。
1
玉川の集落と遠くに朝日連峰が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉川の集落と遠くに朝日連峰が見えました。
2
トリカブトでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトでしょうか?
2
潅木帯が明るくなると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
潅木帯が明るくなると、
丸森峰に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸森峰に到着しました。
正面は地神北峰です。ここから日差しを遮るものはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は地神北峰です。ここから日差しを遮るものはありません。
2
なだらかな梶川尾根の上部です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな梶川尾根の上部です。
2
丸森尾根は急登が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸森尾根は急登が続きます。
1
地神北峰への最後の登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地神北峰への最後の登りです。
3
地神北峰でお昼休憩を終えて、地神山へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地神北峰でお昼休憩を終えて、地神山へ向かいます。
2
どっしりした地神山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっしりした地神山。
2
ハクサンフウロでしょうか。まだ残っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロでしょうか。まだ残っていました。
2
頼母木山、頼母木小屋、鉾立峰、朳差小屋、朳差岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頼母木山、頼母木小屋、鉾立峰、朳差小屋、朳差岳
4
扇ノ地紙〜門内岳の稜線の先に、北股岳の頭が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ノ地紙〜門内岳の稜線の先に、北股岳の頭が見えます。
3
これも沢山ありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも沢山ありました。
2
扇ノ地紙への登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ノ地紙への登りです。
2
扇ノ地紙に着きました。ここは門内岳より高いのですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ノ地紙に着きました。ここは門内岳より高いのですね。
2
梶川尾根から登って来る人もいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梶川尾根から登って来る人もいました。
2
胎内山です。ここも門内岳より高いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内山です。ここも門内岳より高いです。
2
扇ノ地紙〜地神山を振り返ります。ガスが上がって来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ノ地紙〜地神山を振り返ります。ガスが上がって来ました。
2
門内小屋はもうすぐです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内小屋はもうすぐです。
2
小屋にザックを置いて、水汲みに行きました。パートナーのいる写真中央が門内清水です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋にザックを置いて、水汲みに行きました。パートナーのいる写真中央が門内清水です。
2
とても冷たい水で、水量も十分です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても冷たい水で、水量も十分です。
1
北股岳、梅花皮岳、駒形山、ちょっとガスがかかっていますが飯豊本山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北股岳、梅花皮岳、駒形山、ちょっとガスがかかっていますが飯豊本山です。
3
門内小屋の少し下に咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内小屋の少し下に咲いていました。
1
夕日に染まった北股岳と梅花皮岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日に染まった北股岳と梅花皮岳。
2
駒形山と飯豊本山もきれいに見えました。ダイグラ尾根も見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒形山と飯豊本山もきれいに見えました。ダイグラ尾根も見えています。
2
9/15
新潟市方面の灯りが見えました。手前のシルエットは二王子岳です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9/15
新潟市方面の灯りが見えました。手前のシルエットは二王子岳です。
2
雲が多かったですが、日の出がきれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多かったですが、日の出がきれいでした。
3
日の出直後の北股岳と梅花皮岳。駒形山と飯豊本山も見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出直後の北股岳と梅花皮岳。駒形山と飯豊本山も見えました。
3
北股岳まで往復します。まずは門内小屋から直ぐの門内岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北股岳まで往復します。まずは門内小屋から直ぐの門内岳。
2
サブザックで稜線漫歩です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サブザックで稜線漫歩です。
3
ツリガネニンジン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン
2
ミヤマクルマバナ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマクルマバナ
2
北股岳山頂に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北股岳山頂に着きました。
3
主脈稜線から外れている飯豊最高峰大日岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈稜線から外れている飯豊最高峰大日岳。
2
梅花皮岳、烏帽子岳、御西岳、駒形山、飯豊本山と続く主脈稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅花皮岳、烏帽子岳、御西岳、駒形山、飯豊本山と続く主脈稜線。
4
おういんの尾根は、ロープが張られていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おういんの尾根は、ロープが張られていました。
2
二王子岳と新潟市方面。手前のピークは二ツ峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二王子岳と新潟市方面。手前のピークは二ツ峰。
2
五頭連峰とその手前に焼峰山や赤津山が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五頭連峰とその手前に焼峰山や赤津山が見えています。
2
門内岳、扇ノ地紙、地神山、鉾立峰、朳差岳と続く主脈稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内岳、扇ノ地紙、地神山、鉾立峰、朳差岳と続く主脈稜線。
3
雲海の向こうに朝日連峰も見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の向こうに朝日連峰も見えます。
1
見下ろすと石転ビ沢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見下ろすと石転ビ沢。
2
これから下る梶川尾根。梶川峰から急降下ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下る梶川尾根。梶川峰から急降下ですね。
2
門内小屋に戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内小屋に戻ります。
1
門内岳の祠が青空に映えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内岳の祠が青空に映えます。
2
ザックを回収し扇ノ地紙へ向かいます。右は門内清水への道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックを回収し扇ノ地紙へ向かいます。右は門内清水への道です。
1
門内小屋を振り返ります。右の女性二人は、弥平四郎から大石ダムまで三泊で完全縦走とのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内小屋を振り返ります。右の女性二人は、弥平四郎から大石ダムまで三泊で完全縦走とのこと。
1
扇ノ地紙から地神山と朳差岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ノ地紙から地神山と朳差岳。
1
梶川尾根を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梶川尾根を下ります。
1
池塘と北股岳、梅花皮岳、烏帽子岳。鞍部に梅花皮小屋が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘と北股岳、梅花皮岳、烏帽子岳。鞍部に梅花皮小屋が見えます。
2
8/31〜9/01に「飯豊連峰合同保全作業」が行われたようです。ありがとうございますm(_ _)m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8/31〜9/01に「飯豊連峰合同保全作業」が行われたようです。ありがとうございますm(_ _)m
2
振り返って見ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って見ます。
3
大きなケルンがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなケルンがあります。
1
梶川峰が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梶川峰が見えました。
1
梶川峰から振り返ります。ここまではなだらかです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梶川峰から振り返ります。ここまではなだらかです。
1
北股岳、梅花皮岳と鞍部の梅花皮小屋。かなり雲が降りて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北股岳、梅花皮岳と鞍部の梅花皮小屋。かなり雲が降りて来ました。
2
梶川峰すぐ下のヒメサユリロードです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梶川峰すぐ下のヒメサユリロードです。
1
昨年6月下旬にヒメサユリの群落を見たところです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年6月下旬にヒメサユリの群落を見たところです。
2
「飯豊朝日連峰の登山者情報」に記載されていた土砂崩れ個所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「飯豊朝日連峰の登山者情報」に記載されていた土砂崩れ個所です。
2
滝見場より、滝がきれいに見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見場より、滝がきれいに見えます。
2
三本カンバの一本が倒れて、二本カンバになっています(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本カンバの一本が倒れて、二本カンバになっています(^^;
2
五郎清水。冷たい水が取れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五郎清水。冷たい水が取れます。
2
滝見場の標識から三(二)本カンバを見上げます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見場の標識から三(二)本カンバを見上げます。
石転ビ沢。雲が更に下がって来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石転ビ沢。雲が更に下がって来ました。
2
滝は見にくくなっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝は見にくくなっています。
1
昨年歩いたダイグラ尾根。手前の尾根を登り切ってカーブするところが休場ノ峰です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年歩いたダイグラ尾根。手前の尾根を登り切ってカーブするところが休場ノ峰です。
2
ひたすら下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら下ります。
1
昨日登った丸森尾根。こちらも急傾斜です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日登った丸森尾根。こちらも急傾斜です。
1
こんな岩場もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩場もあります。
1
梶川尾根登山口に着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梶川尾根登山口に着きました。
1
飯豊山荘上の駐車場には、かなりの車がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊山荘上の駐車場には、かなりの車がありました。
2

感想/記録
by phk55

9月中旬の三連休あたりは、天気が良さそうだったので、大日杉から登って切合小屋泊を計画しました。パートナーがメールで問い合わせすると、ツアーが入っているようで、9/14は大混雑とのこと。
仕方なく9/15以降にするつもりでしたが、9/16は雨模様に天気予報が変わってしまいました。

北股岳あたりまでの北部は、毎年のように登っているのですが、天気予報では南部は悪くても、北部は比較的良さそうなので、北部に変更しました。

丸森尾根は登りでは久しく使っていないので、ここを登って門内小屋に二泊し、二日目は朳差方面への稜線漫歩を考えました。ところが、北部も9/16は雨の可能性が出てきました。雨の中を歩く気はしないので一泊に変更し、朝のうちに北股岳まで往復後、梶川尾根を下ることにしました。

9/16は新潟市でも雨が降りましたし、雨雲の動きを見ると飯豊でも弱い雨が降ったようですので、一泊にして正解だったと思います。
昨年のこの時期に、梶川尾根〜梅花皮小屋〜本山小屋〜ダイグラ尾根を歩いているので、雨の中を歩く気は全くありませんでした(^^ゞ

年齢とともに、暑さへの対応力の低下を痛感しています。熱中症の大半が高齢者というのも納得です。
越後駒(8/01)では暑さでバテましたが、駒の小屋で冷たい水をたっぷり飲んで回復しました。妙高(8/11)でもバテましたが、山頂で休憩しても回復せず。鎖場を下った辺りから、風がやや強くなり楽になりました。今回も丸森峰を過ぎて、風に当たったら楽になりました。

冷たい水を飲んで体温を下げる、少しでも冷たい風に当たって体温を下げる、などは効果がありますが、単なる水分補給では、あまり効果がありませんでした。汗の蒸発による体温調節機能が弱くなっているのでしょうね(^^;

梅雨明け十日の好天と猛暑が重なった頃は、立山室堂、栂池自然園、志賀高原など、標高が高く涼しい所しか行けないような気がします(^^ゞ
訪問者数:117人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/6
投稿数: 2201
2019/9/17 20:42
 流石です(^^)v
2泊予定だったんですね!
天気が続かない連休で、残念でしたが
素晴らしい展望を楽しんだようで何よりでした

年齢の事を言われてましたが
phkさん御夫婦は全くそんな感じがしない、お若いです!
お世辞ではありませんよ

またお会い出来ると嬉しいで〜す(^^)/
登録日: 2014/2/20
投稿数: 165
2019/9/18 14:04
 Re: 流石です(^^)v
重い荷物を持ち上げるので、一泊ではもったいないです。
飯豊は、二泊か日帰りが多いですね(^^)

大日杉から登ったことが無いので、切合小屋に二泊し
稜線漫歩を計画したのですが、三連休初日の混雑と天候で断念

本山方面は人が多いですね
9/14は門内で14人、梅花皮、頼母木でも10数人と余裕があったようです。

年々、歩けなくなっています(^^;
2009年以降のGPSログが残っていますが、比較すると愕然としますよ(^^ゞ
登録日: 2014/5/1
投稿数: 329
2019/9/18 17:09
 相変わらず健脚ですねぇ
お天気もよさそうで、懐かしく(ちょっと生意気?)飯豊の写真拝見しました。
特に丸森尾根は、地神山北峰直下の雪渓が今でも忘れられません。
下を覗くと下まで一直線の雪渓でした。
今考えると…初心者で滑り止めもなく、よく歩いたと思っています。

それはそうと、何でも詳しい phk55 さんも 知らないお花あるんですね。
なにやら親近感わいてきました。
これからもよろしくお願いします。!(^^)!
登録日: 2014/2/20
投稿数: 165
2019/9/18 20:12
 Re: 相変わらず健脚ですねぇ
丸森尾根上部の雪渓は、よく覚えています
私達が登ったのは、7月上旬でしたので、キックで大丈夫でした。

oniccoさんのレコを拝見したら、なんと約1ヵ月前!
この残雪をアイゼン、ピッケルなしとは、怖いもの知らず、それとも無謀

花はパートナーの担当なのです(^^ゞ
秋の花は苦手で、それに調べる時間が無かったようです。
わかったものだけ修正しました。

もう健脚の部類には入りませんよ(^^;
15年ほど前なら、このルートは日帰りでしたが・・・

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ