また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2028921 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

電車とバスで行く男体山(二荒山神社中宮祠BS〜赤沼BS)

日程 2019年09月20日(金) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間51分
休憩
33分
合計
8時間24分
S二荒山神社中宮祠(バス停)08:5509:06二荒山神社中宮祠09:36三合目09:4310:00四合目10:0110:14五合目10:1510:53七合目10:5411:14八合目 瀧尾神社11:1611:51二荒山神社奥宮11:5212:01男体山12:06二荒山神社奥宮12:1812:20男体山12:2114:33志津避難小屋14:3414:38志津乗越14:3915:08太郎山・志津分岐15:0915:38梵字飯場跡(新駐車場)15:3916:00光徳三本松分岐16:11光徳入口バス停16:1216:29小田代橋16:3116:36泉門池16:47青木橋17:14赤沼分岐17:19赤沼バス停17:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
志津乗越の簡易トイレは閉鎖
その他周辺情報日光ステーションホテル 駅スパ 700円

写真

中禅寺湖に向けて開かれた中宮祠の八脚門
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖に向けて開かれた中宮祠の八脚門
1
登拝門をくぐり登山道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登拝門をくぐり登山道へ
生い茂る笹の間に伸びる登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生い茂る笹の間に伸びる登山道
三合目から四合目までは舗装林道を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目から四合目までは舗装林道を歩く
急な岩場の先にある八合目下の瀧尾神社
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な岩場の先にある八合目下の瀧尾神社
ガレ場まで来れば山頂まではもう僅か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場まで来れば山頂まではもう僅か
振り返れば雲海の向こうに富士の頭がちょこんと浮かぶ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば雲海の向こうに富士の頭がちょこんと浮かぶ
中禅寺湖を見下ろして最後の登りを行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖を見下ろして最後の登りを行く
山頂の二荒山大神像
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の二荒山大神像
近いうちには登ってみたい太郎山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近いうちには登ってみたい太郎山
山頂から少し北に下ったところに鎮座する太郎山神社
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し北に下ったところに鎮座する太郎山神社
湯ノ湖と戦場ヶ原を見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ湖と戦場ヶ原を見下ろす
九合目から望む日光連山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目から望む日光連山
1
ガレ場を慎重に通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場を慎重に通過
1
崩落地を間近に見ながら進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地を間近に見ながら進む
1
湿り気の多い志津への下山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿り気の多い志津への下山道
1
無残に抉れ切ったかつての登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無残に抉れ切ったかつての登山道
志津宮まで下り舗装林道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志津宮まで下り舗装林道へ
1
戦場ヶ原まで下り晴れ渡った男体山を見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原まで下り晴れ渡った男体山を見上げる
1

感想/記録

梅雨入り以降、全くと言っていいほど整わない週末の天気。この週末もまた台風の襲来があるという中、金曜日の休みを利用して、久しぶりに山へ。北の方が晴れやすい予報だったため、2度目となる男体山を選んだ。
予報に反して雲が空を覆っており、眺望への期待をしぼませながら登っていたので、山頂直下のガレ場で振り返ったときに見えた富士山の姿は嬉しかった。
前回は神社からのピストンだったが、今回は志津へと下山。林道まで、山頂からの高度差は僅かに700メートルだが、北面の湿り気のある森の中の登山道は全面にわたって大きく抉られていて足場が悪く、一歩たりとも安心して足を置くことができない、なかなかの難路。久しぶりで筋力が落ちていると、上りよりも下りの方がきつく感じた。
志津乗越から1時間半ほどで戦場ヶ原へ。振り返ると、晴れ渡った男体山が大きく見えた。
JR日光駅前のステーションホテルで入浴し、夜割で安く乗れたスペーシアで東京へと戻った。
訪問者数:154人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ