また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2030709 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走比良山系

武奈ヶ岳 北比良コース

日程 2019年09月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
イン谷口 登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間50分
休憩
30分
合計
8時間20分
Sイン谷口09:0010:00北比良峠10:30八雲ヶ原11:00イブルキノコバ12:00コヤマノ分岐12:30武奈ヶ岳13:00ワサビ峠13:3013:30中峠15:30金糞峠16:30青ガレ17:20大山口17:20イン谷口17:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前回は曇りのち小雨で、葛川坊村からのコースで、ガスで景色が見えずに直ぐに下山して撤退。
今回は晴天で帰り際に小雨模様、イン谷口登山道から、北比良峠を経由して登頂しました。
9:00スタートの、最終が17:30で往復で約8時間30分の行程です。
台風の影響か、倒木多しでマーカーも見えずらい様子、コースも多彩なので途中で方向性を見失い、険しい痩せ尾根の行者道に入ってしまう。
あとで聞いた話ですが、死亡事故が後を絶たない場所のようです。
そこを抜けて、北比良峠に到着して程なく、八雲ヶ原に向かいます。
登頂をしたのが12:30分で、迷い道を考慮をしても3時間30分のコースタイムでした。
おそらく迷った行者道は、険しい分だけショートカットをする効果があったのだろうと思います。
頂上で1時間ほど休憩の後に、下山を開始。
金糞峠経由で、イン谷口にまで戻ります。
中峠を上り返して、そこからまたアップダウンの繰り返しで、疲労困憊の様子。
金糞峠までの長道には、とても体力が要りますし疲れ果てます。
最後の関門が、通称、青ガレという岩の塊だらけのガレ場を下ります。
落石事故が絶えずに、死傷者が多数出ている危険な箇所になります。
最初の下りは、花崗岩の砂岩地帯で浮石も多く落石が頻繁にあることがよくわかります。
下に行くにつれて、大きな岩の塊が多数ある個所に出ますが、他人の手ではびくともしない地帯に入ります。
傾斜も急で、この大きな岩の塊が落石などしようものなら、人間など一溜まりもないと思います。
登りよりも下山に手間取ってしまい、予想以上に危険個所に時間を取られてしまいました。
特に、青ガレは慎重に下りないと、本当に危険極まりない地帯です。
これが登りだと思うと、更に体力も要りますし危険度も増します。
このイン谷口登山道は、アクセスも良く、湖西道路が無料なのでとても行きやすくなりました。
駐車場も無料で開放されていますし、近年では登山客が増すばかりだそうです。
ただ、道迷いや事故が多発していますので、低山といえどもとても体力の要るコースが多いので、それなりの準備と覚悟が要ります。
初心者や、体力に自信の無い方などは、比較的に道迷いも無い葛川坊村コースからアクセスするのが、一番良い方法論です。
坊村にも無料駐車場や京都バスの運行がありますので、入念に下調べをしてから山行に出かけましょう。

感想/記録

前回は曇りのち小雨で、葛川坊村からのコースで、ガスで景色が見えずに直ぐに下山して撤退。
今回は晴天で帰り際に小雨模様、イン谷口登山道から、北比良峠を経由して登頂しました。
9:00スタートの、最終が17:30で往復で約8時間30分の行程です。
台風の影響か、倒木多しでマーカーも見えずらい様子、コースも多彩なので途中で方向性を見失い、険しい痩せ尾根の行者道に入ってしまう。
あとで聞いた話ですが、死亡事故が後を絶たない場所のようです。
そこを抜けて、北比良峠に到着して程なく、八雲ヶ原に向かいます。
登頂をしたのが12:30分で、迷い道を考慮をしても3時間30分のコースタイムでした。
おそらく迷った行者道は、険しい分だけショートカットをする効果があったのだろうと思います。
頂上で1時間ほど休憩の後に、下山を開始。
金糞峠経由で、イン谷口にまで戻ります。
中峠を上り返して、そこからまたアップダウンの繰り返しで、疲労困憊の様子。
金糞峠までの長道には、とても体力が要りますし疲れ果てます。
最後の関門が、通称、青ガレという岩の塊だらけのガレ場を下ります。
落石事故が絶えずに、死傷者が多数出ている危険な箇所になります。
最初の下りは、花崗岩の砂岩地帯で浮石も多く落石が頻繁にあることがよくわかります。
下に行くにつれて、大きな岩の塊が多数ある個所に出ますが、他人の手ではびくともしない地帯に入ります。
傾斜も急で、この大きな岩の塊が落石などしようものなら、人間など一溜まりもないと思います。
登りよりも下山に手間取ってしまい、予想以上に危険個所に時間を取られてしまいました。
特に、青ガレは慎重に下りないと、本当に危険極まりない地帯です。
これが登りだと思うと、更に体力も要りますし危険度も増します。
このイン谷口登山道は、アクセスも良く、湖西道路が無料なのでとても行きやすくなりました。
駐車場も無料で開放されていますし、近年では登山客が増すばかりだそうです。
ただ、道迷いや事故が多発していますので、低山といえどもとても体力の要るコースが多いので、それなりの準備と覚悟が要ります。
初心者や、体力に自信の無い方などは、比較的に道迷いも無い葛川坊村コースからアクセスするのが、一番良い方法論です。
坊村にも無料駐車場や京都バスの運行がありますので、入念に下調べをしてから山行に出かけましょう。
訪問者数:228人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ