また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2036939 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

三頭山:ムロクボ尾根↑ヌカザス尾根↓

日程 2019年09月26日(木) [日帰り]
メンバー
天候くもり時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
深山橋駐車場を利用(無料)
少し先の川野駐車場でもよい
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特にない
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

三頭橋を渡る。対岸にサルがいた
2019年09月26日 09:51撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭橋を渡る。対岸にサルがいた
3
尾根に取り付くとサルの大群の中。ずっと見張られていた
2019年09月26日 10:17撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に取り付くとサルの大群の中。ずっと見張られていた
4
このあたりが本ルート中最高の美林
2019年09月26日 11:36撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりが本ルート中最高の美林
5
急斜面を登り切るとヌカザス尾根に合する
2019年09月26日 11:40撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を登り切るとヌカザス尾根に合する
この急斜面がきつい
2019年09月26日 11:52撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急斜面がきつい
2
でも中央峰の方が高い
2019年09月26日 13:01撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも中央峰の方が高い
6
いつもの東峰テラスで昼食。霧が出て展望は皆無
2019年09月26日 13:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの東峰テラスで昼食。霧が出て展望は皆無
1
3歳になり凛々しさが増してきました
2019年09月26日 13:30撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3歳になり凛々しさが増してきました
9
立派な根張りのブナ
2019年09月26日 14:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な根張りのブナ
4
ヌカザス山
2019年09月26日 14:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌカザス山
2
ここにもサルが!
2019年09月26日 14:48撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもサルが!
三頭橋から本日歩いた峰々
2019年09月26日 15:59撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭橋から本日歩いた峰々
1
撮影機材:

感想/記録

天気が良さそうなので、登り応えのあるルートを選んでみました。柴犬のはなにとっては二度目の三頭山です。

三頭橋にはサルが数頭たむろしていて、ムロクボ尾根の方に登ってゆきます。登山道に入るとサルが奥多摩湖側から次から次へと現れ、登山道を横切り反対斜面へ降りてゆきます。サルはよく見かけますが、これだけ沢山のサルを一度に見たのは初めて。はなが興奮して大変でしたが、サルにとっても犬は要注意なのでしょう、警戒の鳴き声がしばらく止みませんでした。

急斜面の連続に汗をかき、ようやく山頂に立ちました。好天の予報でしたが残念ながら展望はありませんでした。

標高差1000mを一気に登り一気に降るきついコースでしたが、はなは終始快調、全く疲れを見せませんでした。
訪問者数:156人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

サル ブナ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ