また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2064424 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

以東岳

日程 2019年10月17日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
泡滝ダム駐車場まで自動車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間12分
休憩
1時間12分
合計
9時間24分
S大鳥登山口05:5006:32冷水沢橋06:3206:52七ツ滝沢橋06:5207:06七ツ滝沢水場07:0607:20七曲水場07:2307:42大鳥小屋(タキタロウ山荘)07:4808:11東沢渡渉点08:1410:03以東小屋10:4310:53以東岳10:5411:41オツボ峰 (御坪峰)11:4212:00三角峰下水場12:0012:58大鳥小屋(タキタロウ山荘)13:1113:37七曲水場13:4313:54七ツ滝沢水場13:5414:07七ツ滝沢橋14:1014:31冷水沢橋14:3215:15大鳥登山口15:1615:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道に水が流れているところがあって通行注意。
それ以外は、問題無く整備されています。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

駐車場から少し山方面に行った左手に登山道入口があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から少し山方面に行った左手に登山道入口があります
この滝の下を通ります。
滑らないように注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この滝の下を通ります。
滑らないように注意。
吊り橋は、2つあり両方とも結構揺れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋は、2つあり両方とも結構揺れます
吊り橋渡ったあと左手が登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋渡ったあと左手が登山道
タキタロウ山荘の入り口に色んな情報掲示されてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タキタロウ山荘の入り口に色んな情報掲示されてました
タキタロウ山荘の分岐
左が以東岳、右が三角池
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タキタロウ山荘の分岐
左が以東岳、右が三角池
午前中は、天気が良く水面が鏡のように見えた瞬間があった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中は、天気が良く水面が鏡のように見えた瞬間があった
4
紅葉が中腹で綺麗に見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が中腹で綺麗に見えた
日中の気温は4度だったので、朝晩は、氷点下と思われ、霜がおりていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日中の気温は4度だったので、朝晩は、氷点下と思われ、霜がおりていた。
直登コースを登ると開ける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登コースを登ると開ける
以東小屋は、凄く綺麗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以東小屋は、凄く綺麗
3
カップ麺を食べる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カップ麺を食べる
頂上付近は紅葉終わり、中腹が綺麗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上付近は紅葉終わり、中腹が綺麗
三角峰の脇を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角峰の脇を通過
オツボコースから見た大鳥池
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オツボコースから見た大鳥池
4

感想/記録

紅葉を見に以東岳へ
駐車場までの林道は、長く凹凸ありスピード出しすぎると跳ねたときにバンパーを壊してしまうのでユックリと走りましょう。
平日ということもあり、ピストンですれ違ったのは1人だけ、その他、降りてくるときに登ってきた方が10人4組。小屋泊だと思われます。
登山道は、整備されて迷う心配はほぼありません。
水が登山道に流れているところがあるので靴は濡れます。
上にある石や木の上を踏んでいましたが、逆に滑って怖いので、水中の砂地を踏みしめていった方が安全です。
山頂付近は、寒く手袋が無いと厳しいほどでした。
霜もおりてました。
直登コースを登り、下山は、オツボコースにしましたがこれが正解でした。オツボコースは、稜線の景色を、眺めながら緩やかに下るので足の負担も少なくて済みます。
下山は、大鳥池の手前まで紅葉のトンネルを通るようになり綺麗でした。
訪問者数:373人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ