また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2070827 全員に公開 ハイキング 道南

紅葉の臼別岳⇄遊楽部岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年10月22日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☀️時々曇り☁️
アクセス
利用交通機関
車・バイク
札幌から片道235キロ。登山口までのアクセスは砂利道の林道が1キロ少しあり。
札幌方面から来たら高速使っても使わなくても八雲インターの横を通過すると思うがその手前のローソンで何か食料を調達しないとそこから先は自販機くらいしかない。
八雲市街地から登山口まで30キロくらいある。
夜だと登山口探すのは大変。完全なる暗闇…
登山口は軽めの峠道を降りきったところの川にかかった橋を渡ってすぐに左手に入る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
19分
合計
5時間24分
Sスタート地点06:1406:14遊楽部岳登山口06:1608:30臼別頭08:3109:14遊楽部岳09:2910:10臼別頭10:1211:37遊楽部岳登山口11:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ドロドロしているところもなく岩岩しているところも少ない。しかし急登は何箇所かある。
特徴的なのは登ったり降りたりの繰り返しがありなかなか標高が上がらなくて辛いこと…。
そのため帰路も結構登りがあるので意外に大変。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

この看板の横からスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板の横からスタート。
2
こちらにも林道が続くがこちらに行くのは間違い…私は間違えて少し行ってしまった…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらにも林道が続くがこちらに行くのは間違い…私は間違えて少し行ってしまった…
1
私の出発時点ではクルマはわたしのだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私の出発時点ではクルマはわたしのだけ。
4
最初の頃はこんな感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の頃はこんな感じ
6
紅葉🍁しているが曇り☁️が残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉🍁しているが曇り☁️が残念
4
奥には雲海も発生
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥には雲海も発生
4
標高が上がると噴火湾まで見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がると噴火湾まで見える。
4
臼別頭。ここが一番眺望の良い場所らしい!
標高も山頂とほぼ同じ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼別頭。ここが一番眺望の良い場所らしい!
標高も山頂とほぼ同じ…
6
これが今から向かう遊楽部岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが今から向かう遊楽部岳
7
少しだけ太陽☀️。写真ではなぜか暗目に映る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ太陽☀️。写真ではなぜか暗目に映る
6
1277m山頂。しかしここは単なる登山道の途中。
看板が何故ここなのか分からない…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1277m山頂。しかしここは単なる登山道の途中。
看板が何故ここなのか分からない…
6
旧山頂がこっちにあるので向かう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧山頂がこっちにあるので向かう!
3
10分程度の藪漕ぎの末旧の山頂に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分程度の藪漕ぎの末旧の山頂に
20
旧の山頂からの雲海
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧の山頂からの雲海
5
ここを通って帰路に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを通って帰路に。
5
晴れると色づきが引き立つ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れると色づきが引き立つ
7
行きより帰りの方がキレイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きより帰りの方がキレイ
5
標高下がると色づきがいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高下がると色づきがいい
4
明るいと綺麗に見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るいと綺麗に見える
3
到着。この入山届ボックスは使われていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。この入山届ボックスは使われていない。
1
帰りの遊楽部川での鮭の遡上の様子。傷だらけで遡上する様子は見ていて切なくなった…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの遊楽部川での鮭の遡上の様子。傷だらけで遡上する様子は見ていて切なくなった…
9
橋には鮭のオブジェ…。この川は鮭で有名?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋には鮭のオブジェ…。この川は鮭で有名?
2
帰り道の羊蹄山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道の羊蹄山。
4
帰ってココに会うと癒されます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ってココに会うと癒されます!
6

感想/記録

今年最後の遠征と決めて往復470キロのドライブで八雲町からさらに奥に入る遊楽部岳に初挑戦。
夏山ガイドにはオススメの山として掲載されておりその本の引用画像が10月だったのでいいタイミングかなと思いここに決めた。
前日の22時に登山口近くに駐車して車中泊。
なんの気配もない真っ暗闇で正直なところ少し怖いくらいだったので速攻で寝た…。
朝は気温6度(5時半過ぎ)とまだそこまで寒くない。結局は下山まで丸1日長袖Tシャツ1枚で問題なかった。
山の印象は標高が低い割にアップダウン多くなかなか疲れるし何より距離も長い。
紅葉🍁はいいタイミングだと思った。雲海も発生しておりキレイだった。快晴ではなかったが雲はかかってなかったので紅葉の向こうに噴火湾(内浦湾)まで見渡すことが出来た!
すれ違った方は2組(3名)だけ。クマ🐻のふんは気が付いたもので4箇所あった。
5時間以内で行けたらダブルヘッダーで雄鉾岳も考えたがとてもじゃないが移動時間も考えたら無理だった。(日も短いし)
帰りに橋の周りに駐車車両が多くあり何かと思い私も駐車。川を覗くとサケの遡上だった。サケは産卵を終えるとこのように生まれた川で一生を終えるというのは知っているが現実に傷だらけでフラフラでも流れに逆らって泳ぐ様子は見ていてとても切なく感じた。
帰りに定山渓を通って帰ったがここでは経験したことのない大渋滞で無意根山登山口あたりから定山渓温泉♨️を抜けるのに30分以上要した。
しかし周りの紅葉は最盛期を迎えており渋滞でも景色を楽しみながらイライラするどころかむしろ景色をゆっくり走って楽しめた。急いでいる人は大変だったと思うが…。
帰ったら昨晩私が家を空けたからか愛犬ココが飛びついて来た。やっぱり愛犬はかわいい💕。
もうすぐ北海道は平地でも初雪の季節である。
ギリギリで道南の遊楽部岳を踏破できて良かったと思った。
あとは降雪までの短い期間、道央エリアで少しずつ楽しもう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:831人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/28
投稿数: 411
2019/10/23 7:43
 はじめまして!
途中でスライドした2人組の者です。いつもレコを拝見させて頂いております。ogakokoさんと分かっていたらお話ししたかったです。
本当に紅葉が綺麗でしたね。山行タイムにビックリ!
登録日: 2018/3/16
投稿数: 0
2019/10/23 9:19
 はじめまして
お疲れさまです!情報ではクマ🐻の痕跡の多い山だということだったので誰か会わないかなあと思いながら進んでました。あそこでmakkoさん達にお会いしてこれで安心して進めると思いました。
挨拶だけでなくお声掛けすればよかったですね。
あの時は本気で雄鉾岳にも行く気だったので少し急いでました…。
お疲れさまでした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 急登 林道 藪漕ぎ 紅葉 車中泊 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ